アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

肩こり、頭痛が酷い。眼精疲労にならないための対策・予防法

      2017/01/18

肩こり、頭痛が酷い。眼精疲労にならないための対策・予防法

最近はパソコンやスマホの画面をずっと見続ける生活になっていますね。確かに便利で楽しいアイテムですし、無いと困りまるものです。また、仕事柄パソコンを長時間使用するという方もいるでしょう。

しかし、長い時間パソコンやスマホを見続けていると目を酷使しすぎて、悪い影響が出てくることもあります。

眼精疲労について予防法を知ることで自分の目を大事にしてあげましょう。

眼精疲労にならないための対策・予防法

いわゆる疲れ目のうちでも休息をとっているのに目の痛みや頭痛、めまい、肩こりなどの症状が治らないタイプのものを眼精疲労と言います。

眼精疲労の原因には、目の病気の恐れもありますし、精神的なストレスが関与していることもあります。

日常生活で予防するには、やはり酷使しがちな眼をいたわってあげることです。

パソコンなどで作業するときには1時間ごとに10分くらいの休憩をはさんで、画面を見ないようにすること。休憩中にまばたきをしたり、目をくるくる回してストレッチをしたり、目元のツボ押しをしたりするのもいいでしょう。

また、パソコンを使う際には正しい姿勢を保ち、画面と目の間を40cmくらいに保つようにしましょう。

さらに、室内の照明や外の光がパソコンの画面に映りこむと、画面が明るすぎて見え難くなりその分目を疲れさせてしまいます。

パソコンでの作業が終わったら蒸しタオルなどで目を温めて血行を良くしてコリをほぐすようにしましょう。そして、十分な睡眠をとることも大切です。眼球や目元の筋肉をリラックスさせてあげてください。

食事については目に良いと言われる「ビタミンA」や抗酸化作用が強い「ビタミンC」を積極的に取りましょう。

ビタミンAの成分が豊富な食材は「人参、小松菜、かぼちゃ、ニラ、モロヘイヤ、春菊、レバー、うなぎ」などです。

ビタミンCの成分が豊富な食材は「レモン、キウイ、イチゴ、柿、みかん、グレープフルーツ」などです。

ブルーベリーって本当に目に良いの?

ブルーベリーに含まれているアントシアニンが目にいいということは有名ですね。

網膜の上にはロドプシンと言われるたんぱく質があります。このロドプシンが目に入ってきた光を電気信号にして脳に伝えてくれているから、私たちは「見る」ことができるのです。

目に光が入ることでロドプシンは分解され、また再合成されるということを繰り返します。

ただ、パソコンやスマホの画面を見続けると、ロドプシンの再合成が追いつかずにどんどん減ってしまいます。

そこでブルーベリーに含まれている成分「アントシアニン」を摂取することによって、減ってしまったロドプシンを再合成してくれるのです。また、アントシアニンには血行を促す効果もあります。

アントシアニンの1日あたりの適切な摂取量は120mgと言われており、ブルーベリーなら20粒から30粒程度です。ジャムなら大さじで2杯くらいとなります。

ブルーベリーが眼精疲労に効果を発揮するのは摂取してから4時間後くらいで、さらに効果が持続するのは1日だけですので、ブルーベリーを毎日食べると非常に効果的です。

 - 目の病気・怪我