アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

涙が止まらないのは「なみだ目(鼻涙管閉塞)」の可能性が…

      2017/01/18

涙が止まらないのは「なみだ目(鼻涙管閉塞)」の可能性が…

なみだ目ってどんな病気? 症状は?

涙がしっかりと分泌されていれば、目が乾燥してしまうのを防ぐことができるため、良好だと言えます。

しかし、涙の量が多すぎる状態が続いてしまうことは、なみだ目という疾患の可能性があります。

なみだ目というのは、涙の通り道が詰まったりした場合に起こる症状で、涙が必要以上に分泌されてしまいます。

正常な状態であれば分泌された涙は鼻へと流れていくのですが、鼻に流れていく涙の管が詰まってしまうと涙が鼻の方に流れることができなくなり、涙が目から溢れ出ることになるのです。

なみだ目になると目ヤニが溜まりやすくなったり、過剰な涙でものがぼやけて見えたりする症状が出てきます。

なみだ目の原因

なみだ目になってしまうのには、いくつかの原因が考えられます。

特に多い原因としては、鼻涙管という管が詰まってしまうことです。

鼻涙管が詰まってしまうと涙が正常に流れることができなくなり、なみだ目の症状が出てきます。

また、加齢が原因となっている場合もあることに注意しなければなりません。年齢が上がると身体のさまざまな部分に老化が見られるようになりますが、老化してしまうのは皮膚に限られていないのです。

目が老化してしまうことで白目の部分にシワができて、涙が溢れやすくなる場合があります。

また、白内障やアレルギー、ドライアイといった別の症状が原因となっていることも少なくありません。この場合、原因となっている症状の治療をすることが必要です。

なみだ目の治療法

なみだ目の治療を行う際は、きちんと原因を突き止めることが大切です。

鼻涙管が詰まっている場合は、詰まってしまった部分を広げる治療を行います。例えば、涙道ブジーという金属の棒で涙道を広げる涙道プロービング、シリコンチューブを挿入する涙管チューブ挿入などの方法が挙げられます。

また、涙の通り道に影響がない場合は、原因となっている病気・症状に合わせた治療を行うことが必要です。

なみだ目がドライアイによって引き起こされている場合には、人工涙液を点眼したり、涙点閉鎖を行ったりします。

手術を行わなければならないケースもあるため、しっかりと検査をすることが大切です。

 - 目の病気・怪我