アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

角膜ヘルペスは片目だけになるのが特徴!

      2017/01/18

角膜ヘルペスは片目だけになるのが特徴!

目に不調を感じるとき、様々な目の病気が思い浮かぶかと思います。場合によっては角膜ヘルペスの症状かもしれません。

しかし、角膜ヘルペスという病名を聞いたことがある人は、そうは居ないのではないでしょうか。

そんな角膜ヘルペスとはどのような病気なのか簡単に解説させていただきます。

角膜ヘルペスの原因

ヘルペスという言葉を聞いたことがある人は多いことと思います。ヘルペスウイルスによって、水ぶくれのような症状を発症する病名のことを言います。

代表的なヘルペスウイルスの1つが水ぼうそう(水痘症)ウイルスですが、ヘルペスは一度完治しても神経の付近などに潜伏し、抵抗(免疫)力が衰えると再発するという特徴があります。

そして、そのヘルペスが文字通り角膜に発症するのが、角膜ヘルペスということになります。

普段は三叉神経と呼ばれる、頭部にある脳神経の中で最大の神経に潜んでいる単純ヘルペスウイルス(口唇などにヘルペスを発症させるタイプのウイルス)が、抵抗力が弱まったところで角膜にヘルペスの症状を発症させるわけです。

角膜ヘルペスの症状

角膜ヘルペスの症状としてはいくつか代表的なものが挙げられます。

1)目がゴロゴロする・目に痛みがある
2)充血する
3)視力が落ちる、視界がぼやける
4)涙が止まらない
5)やけにまぶしい

このような症状が目に出たときには、眼精疲労や花粉症などいくつかの病気が考えられますが、角膜ヘルペスの特徴として、基本的に「片目」にしか発症しないという特徴が挙げられます(例外もありますが、ほぼ片方の目だけです)。

角膜ヘルペスの種類

さらに角膜ヘルペスには2つの種類があることにも注意が必要です。「上皮型」と「実質型」と呼ばれるモノです。

●上皮型
上皮型は、角膜の最も外側である上皮でウイルスが増殖してヘルペスの症状が出ることで、幹線部分が樹の枝のように見えることから、「樹枝状角膜炎」とも呼ばれています。

●実質型
実質型は、角膜の内部である実質層と呼ばれる部分で発症します。

注意しなくてはならないのは、この症状はウイルスが直接引き起こすものではなく、単純ヘルペスウイルスに対する過剰な免疫反応として、角膜の実質層に炎症が起きるということです。

炎症部分の実質層の角膜が丸く腫れ、濁ってくることから「円板状角膜炎」とも呼ばれます。

実質型の場合、ウイルスを減少させると同時に免疫反応を弱める必要があります。また、角膜が白く濁ってしまった場合には視力低下や角膜移植の必要性などが生じることもあり、注意がより必要となります。

角膜ヘルペスは侮っていると失明などの結果を生じることがありますので、特に片目に異常を感じたらすぐに眼科へ行くことをオススメいたします。

 - 目の病気・怪我