アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

飛蚊症の症状は目の前に黒い点やゴミがあるように感じます

      2017/02/08

飛蚊症

何かを見ているときに、本来無いのですが白い糸や黒い虫のようなものが見える場合があります。

このような症状は、まるで蚊が飛んでいるように見えることから飛蚊症と呼ばれています。

飛蚊症は特に問題がないケースも多く、特に気にせずに放置してしまう人もいるのですが、実際には飛蚊症ではなかったり、別の病気の症状が出ていたりする場合もあるため、気をつけなければいけません。

飛蚊症の原因

飛蚊症というのは、目の中にある硝子体に何らかの問題が生じている場合に起きる症状です。

硝子体は正常な状態であれば無色透明になっているのですが、年齢が上がってきたり、過剰なストレスを感じたりした場合には、変化してしまうことがあります。

飛蚊症の原因として最も多いのは加齢によるものが挙げられます。

老化現象の1つとして、硝子体の水分と組織の繊維とが分離してしまう硝子体剥離という現象が起こるのです。

ここで発生した固まりがどのような形であるかによって、虫のようなものや糸、黒っぽい点など、見えるものが変わります。

飛蚊症の症状

飛蚊症の症状としては、目の前に何かが飛んでいるように見えることが挙げられます。

目の前にチラつくことで邪魔だと感じ、視線を変えたり、目をこすったりしても、飛んでいるものが見えなくなることはありません。

飛蚊症の症状は明るいところで見られることが多く、見え方は人によって異なります。

黒い線・点が見える人もいれば白い線・点が見える人もおり、さまざまです。

また、飛蚊症は加齢が原因となっていることも多いですが、20代という若さで症状が出てくる人もいることに注意が必要です。

網膜剥離や糖尿病網膜症といった重大な疾患の症状として、飛蚊症が現れることもあるからです。

飛蚊症には2種類あるのです

飛蚊症と一口に言っても、2つの種類があることに注意しなければなりません。

大きく分けると、生理的なものと病的なものとがあります。

このうち、生理的なものが飛蚊症の最も多い原因となっているのです。

生活環境が変化したことで、硝子体の組織が酸化してしまうのを抑える酵素の分泌が減少してしまい、飛蚊症につながります。

生理的な飛蚊症であればそれほど重い症状にはならないため、大きな心配は必要ありません。

しかし、病的なものに関しては眼科医による専門的な診察を受けることが大切です。

前述したように「網膜剥離」や「眼底出血」のような重大な病気につながる可能性があります。

飛蚊症の検査

飛蚊症の症状が見られるようになった場合、眼科で検査を受けることが大切です。

ここで行われる検査は精密眼底検査と呼ばれており、網膜に裂け目などができていないかを確認する検査となります。この検査は、目薬によって瞳孔を開いて行うことに注意が必要です。

したがって、勤務先などで健康診断を受けている人も安心することはできません。なぜなら、一般的な健康診断では瞳孔を開く検査は行っていないためです。

検査中には目に光を当てることになりますので眩しいと感じることが多いですが、痛みを感じることはありません。

病気だった場合の注意点

検査を行った際に病気だということが分かった場合は、しっかりとした治療を受ける必要があります。

網膜剥離などの症状になってしまうと、視力が低下してしまう可能性があるからです。

網膜剥離の症状は痛みなどの自覚症状を伴わないため気づきにくいのが特徴ですが、飛蚊症が前兆となって現れることで気づくことができます。

日常生活への支障が小さいからといって放置しておくと、重大な疾患に気づくのが遅れてしまうため気をつけなければいけません。

網膜剥離や網膜裂孔が認められた場合は、速やかに手術を行うことになります。

飛蚊症の治療法

生理的な飛蚊症や老化が原因となって起きる飛蚊症については、特別な治療法が存在していません。

そのため、これらの飛蚊症に関しては食生活・生活習慣を改善させたり、サプリメントを使用したりすることで対処します。また、抗酸化性物質を摂取することも大切です。

規則正しい食生活をしながら、目の前に見えている不純物を取り除くようにしていきます。じっくりと取り組まなければなりません。

病気が原因の飛蚊症は、適切な治療をする必要があります。

網膜に裂け目ができていれば光凝固法という方法で裂け目を塞ぎ、網膜剥離の症状が出ていれば硝子体手術などの手術を行わなければなりません。

 - 目の病気・怪我