アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

「食欲がない、体がだるい」それって夏バテかも!?

      2017/01/18

「食欲がない、体がだるい」それって夏バテかも
夏には体に気をつけなければいけないことが沢山あります。

紫外線や、体型のことも気になりますが、一番気をつけなければいけないのが「夏バテ」と呼ばれるものです。

毎年食欲がなくなるんだよね……。なんだか体がだるい……。と、思う方はとても多いはずです。

では、夏バテしてしまう原因やなってしまったときの対処法はあるのでしょうか。夏バテについて細かく見ていきたいと思います。

夏バテになってしまう原因とは?

「夏バテ」と、よく聞きますが夏バテとはなんなのでしょうか。

私たち人間の体には体温調整の機能が備わっています。例えば、寒いときに体が勝手に震えるのも体温を上げようとしているからです。それと同じで人間が暑いと思うと勝手に汗が流れてきます。これは体温調整の機能が働いているからです。

夏の場合、日本は高温多湿な日が約3ヶ月ほど続きます。知らず知らずのうちに、体は一定の体温を保とうとエネルギーをかなり消費しています。そのせいもあり、体には相当な負担がかかってしまうということです。

個人差はありますが、毎日のように暑い日が続くと体が回復せず一方的にエネルギーの消費ばかりしてしまいます。すると体は少しずつ弱っていき、体に溜まってきた熱を放出することができなくなり、体に不調が出始めるのです。

特に、小さい子どもやご年配の方は体が弱いため注意しなければなりません。

夏バテの症状とは?

代表的なのが食欲の減退です。

夏は食欲がわかない、食べられなくて困っている。という方も多いと思います。それこそ夏バテなのです。暑さで正常に機能しなくなった体のせいで、胃腸も上手く働かなくなってしまうからなのです。

暑いからといってアイスやかき氷などといった冷たいものを食べると、なおさら胃腸の働きを悪くしてお腹を下してしまうといった悪循環もおきてしまいます。

次に自律神経の乱れです。

外は暑いのに建物の中はクーラーでとても寒い、といった急激な温度変化も夏バテの症状につながります。自律神経の乱れは、体は暑いのに手足だけ冷える冷え性や、頭痛、吐き気など体の不調となる原因です。

暑いので夜眠れなくなってしまい、それがまた自律神経の乱れを引き起こす可能性もありますので注意が必要だと言われています。

夏バテの対処法

まずは寒すぎず暑すぎず自分がちょうど良いと思える気温の場所で休むことを心がけましょう。そして夏バテになると大体食欲がなくなりますので「そうめん」や「そば」など、食べやすくてあっさりしたものを摂取してみてください。

食べるまではツラかったけど、食べてから少し元気が出たという方が多いです。何も食べないでいると体力もなかなかつきませんので、しっかりと食べれる物を探してみて下さい。

また、自律神経がなるべく乱れないように、クーラーの効いた部屋では上に一枚羽織ったり、睡眠がよく取れるように寝室の温度調整をしてたりしましょう。ちょっとしたことで体に優しい対応ができると思います。なるべく外との気温差がないように心がけてみてください。

水分も一気に取るのではなく、のどが渇く前にこまめに摂取することを心がけてましょう。一気に飲むとお腹を壊してしまう可能性がありますので注意です。

例えば500mlのペットボトルを持ち歩き、少しずつ飲むだけでも体の調子はだいぶ変わると思います。

夏バテしないための予防策

夏バテしない予防策とは一体何かと言いますと、しっかりと朝・昼・晩と3食食べてしっかりと睡眠を取ることです。

暑くて食べたくないという気持ちになってもご飯を食べないというのは絶対にNGです。そこから徐々に悪循環が始まってしまいますので注意してください。

食べれそうなあっさりとしたものを食べることを心がけましょう。

睡眠に関しては、寝室の温度をぐっすりと眠れる温度に調整し、体を休ませてあげましょう。

この2つを守るだけで、夏バテを防ぐことができると思います。

 - 夏に多い病気・怪我