アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

体を冷やすことが大事「夏の魔物」熱中症の原因と対策応急処置

      2017/01/18

体を冷ますことが大事、「夏の魔物」熱中症の原因と対策応急処置

さてみなさんは熱中症対策はされていますでしょうか。

夏と言えば熱中症というくらいに毎年何人もの方が熱中症にかかり、ひどい場合には命を落としています。テレビなどでも熱中症に関しては強く注意するように呼びかけられていますからそれを知らないという人はまずいないでしょう。

しかし問題なのはそんな熱中症が周知されている状態でも熱中症になってしまう人が多いということです。それを防ぐためにはやはり熱中症に対して深く知識を身に着け、その対策をしっかりと行う必要があります。

これを機会にぜひその知識を身につけてください。

熱中症になる原因、メカニズム

では、そもそも熱中症とは何が原因でありどういったメカニズムで起こるものなのでしょうか。

まずその原因として真っ先に思い浮かぶのが暑さでしょう。夏場は気温が非常に高く日差しも強いので冷房などが使われていない限りどんな場所でも強い暑さにさらされます。それによって体温が大きく上昇してしまうのが熱中症の大きな要因です。

では体温が上がるとなぜ熱中症になるのでしょうか。

そもそも人には必要以上に体温が上がるとそれを体外へと放出しようとする働きがあります。自律神経の働きで末梢神経を広げ皮膚に多くの血液を流すことで外に熱を放出したり、汗をかくことでそれが蒸発するときの気化熱によって体を冷ましたりするのです。

しかし、あまりに長い間高温の場所にいるとこれらの機能が狂ってしまい正常な働きをしなくなります。そのせいで体の中に熱がこもったり、大量の汗によって塩分や水分が急激に失われることで体内のバランスがさらに崩れその症状が引きこされます。

熱中症の症状は4種類

熱中症の症状は大きく4つに分けることができ、それぞれ「熱失神」、「熱けいれん」、「熱疲労」、「熱射病」です。

▼熱失神
熱失神は暑さで血管が広がることが原因による、血圧の低下によって脳に血が回らなくなって起こる症状です。これによって眩暈(めまい)、顔面蒼白、脈拍の変調、一時的な失神などが起こります。

▼熱けいれん
熱けいれんは汗を大量にかいたときに水分補給だけを行い、塩分が足りない時に起こる症状です。これによって血中の塩分濃度が下がり、電解質のバランスが崩れて、足・腹部・腕の筋肉に痛みを伴うけいれんが起こります。

▼熱疲労
熱疲労は大量の汗をかいた際に、水分も塩分も補給しなかった場合に起こる症状です。いわゆる脱水症状と呼ばれるもので、暑さのせいで血管が広がり脱水によって血流が減るために低血圧になります。

これによって全身の倦怠感、悪心・嘔吐、頭痛、集中力・判断力の低下などを引き起こします。しかし、このときはまだ体の発汗は機能しています。

▼熱射病
最後に熱射病です。これは熱疲労がさらに悪化した状態であり完全に体温の調節が聞かなくなり発汗もしなくなります。

体温も上がり続け40℃を超えてしまい、それがさらに上がり続けると中枢神経や重要な臓器に致命的な障害が起こり、最悪の場合死に至ります。

熱中症になったときの対処法

熱中症は大変危険な病気ですが、初期段階で適切な対処を行えば回復は可能です。

初期症状として軽い立ちくらみや眩暈(めまい)、吐き気などが起こります。それが炎天下などの熱い場所で起こった場合はまず熱中症を疑いましょう。悪化する前に即座に対処すべきです。

熱中症だと気付いたら、まずは木陰やエアコンの効いた涼しい場所に移動しましょう。とにかく体に入る熱を遮断しなくてはいけません。そうしたら衣服をゆるめ、体を冷たいもので拭くなど体温を下げる行動をしましょう。

首や脇の下などには大きな動脈が通っているので、そこを保冷材などで冷やすとより効果的です。

最後に忘れてはならないのが水分補給です。症状のところでも紹介しましたが塩分も補給しないと、熱けいれんが起こる可能性があります。スポーツドリンクなどで水分と塩分の両方を摂取できるものを飲むようにしましょう。

これらの対処を行っても症状が改善しない場合は、早期に救急車を呼ぶなどした方がよいです。

熱中症にならないための予防策

熱中症にならないための対策で一番効果的なのは、暑い場所に行かないことです。やむを得ずにそういった場所に行く場合は、こまめな水分補給と適度な塩分補給を心がけましょう。

さらに付け加えるなら、体調不良で体が弱っていたり炎天下での労働は熱中症のリスクが高まります。体温調節の機能が未熟な赤ん坊や幼児なども同様です。

それらのことを踏まえつつ日頃の体調管理もしっかりと行っておくのが、熱中症にならないための一番の予防でしょう。

 - 夏に多い病気・怪我