アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

夏にかかりやすい冷房病(クーラー病)は放っておくと大変です。

      2017/01/18

夏にかかりやすい冷房病(クーラー病)は放っておくと大変です。
皆さんは冷房病とかクーラー病と呼ばれる病気をご存知でしょうか。

なんだか気が抜ける病名ですが、安易に考えていると慢性化してしまうこともある面倒な病気です。そんなことになってしまわないように、原因や対処法をしっかりと学んでおいた方がよいでしょう。

今日はそれらをわかりやすく紹介していきたいと思います。

冷房病(クーラー病)になってしまう原因

冷房病の原因となるのは当然ですがエアコンなどの冷房です。

しかし、冷房病というのはただ冷たい風を浴び続けているのが原因となって起こるわけではありません。その原因となるのはクーラーで冷えた部屋と暑い外との移動によって起こる急激な外気の温度差です。

つまりは、簡単に例えるのなら急激な温度変化に対応できず体が悲鳴を上げているのが冷房病なのです。

人の体温は自律神経によって調整されています。しかし、急激な温度変化を繰り返すことで自律神経が正常ではなくなりそれに対応できなくなってしまうのです。

冷えた場所では自律神経は体温を上げようと働きかけ、そこから急に暑い場所に移動すると今度は体温を下げるように働きかけねばなりません。それが繰り返されれば自律神経への大きな負担となるのは考えるまでもありません。

冷房病(クーラー病)による症状

冷房病の主な症状としては頭痛・肩こり・腰痛・腹痛・疲労感・食欲不振・不眠症・むくみなどがあげられます。

症状自体は冷え性で起こるものに似ていますが、冷房病がひどくなるとこれらの症状が慢性的となってしまい、冷房の効いた部屋に入るだけで症状が現れてしまう場合もあります。

さらにひどくなると、吐き気を催して実際に吐いてしまうことすらあるようです。

そうなってしまうと職場や家などだけではなく、冷房の効いたスーパーや飲食店などでも症状が現れるようになり、日常生活も非常に困難になってしまいます。

冷房病(クーラー病)にならないための予防法

先のも紹介したとおりに、冷房病の原因となるのは温度差の大きい場所を頻繁に行き来することです。

よって、温度差のある場所を頻繁に移動するようなことを控えれば、冷房病にかかるリスクを減らすことができます。しかし、冷房病にかかる大抵の人は仕事の都合で移動を繰り返す人も多く、それを無くすことは難しいでしょう。

その場合は、できる限り職場と外の温度差を抑えるしかありません。簡単にできることと言えばエアコンの温度を高めに設定するか、そもそも冷房を使わずに扇風機などで部屋の温度を下げないもので対応するかです。

しかし、扇風機の場合は職場だと他の方もいますので、現実的ではないかもしれません。

個人的に行える対策としてはカーディガンやブランケットなどの暖かいもので身を包むことです。冷房の配置場所によっては熱いところ、寒いところがあると思いますので、職場で簡単に羽織ることができるようなものを用意しておくとよいでしょう。

冷房病(クーラー病)になってしまったときの対処法

どれだけ気を付けていても冷房病にかかってしまう時はあります。そうなったら治療しなくては生活しにくくなってしまいますので何とか対処する必要があります。

さて、冷房病に対する最も有効な対処法は体を温めることです。冷え切った体を温めることで正常ではなくなってしまった自律神経を元の状態に戻すことができます。

中でも一番有効なのが入浴です。夏場は面倒だとシャワーで済ませがちですが、しっかりと湯船につかるようにしましょう。そうすることによって全身が温められ、血行が促進されることで自律神経が正常な働きを取り戻していきます。

冷房病によって現れた症状のほとんどもこれによって改善されていくでしょう。あまり熱すぎないぬるめのお湯で長時間入浴することが、より症状を改善させるコツになります。

冷房は熱中症を防ぐためにも重要なものです。しかし、それによって体を壊してしまっては本末転倒ですので、冷房病には注意しましょう。

 - 夏に多い病気・怪我