アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

アレグラの効能・副作用について

      2017/01/27

アレグラの効能・副作用について

作用

アレルギー性鼻炎を引き起こすとされる作用には、H1受容体のヒスタミンとの結合が存在しますが、アレグラはこの結合を阻害する作用があります。その作用からアレグラは抗ヒスタミン薬とも呼ばれており、アレルギー反応を抑制します。

特徴

抗ヒスタミン薬の第二世代であるので、副作用としての眠気や口の渇きなどが改善されているのが大きな特徴です。即効性が高く飲んだ直後から効果が現れて持続時間も長いのが優れています。小児での使用も可能であることも確認されています。

注意点

医師の診断の元に使用するのが望ましいです。抗生物質のエリスロマイシンはアレグラの作用を強めてしまうのでこれも医師の相談を受けましょう。効果については即効性がありますが、人によって作用がでるまで時間がかかることがあるので続けて飲むのが望ましいです。

効能

アレルギー性鼻炎におけるくしゃみや鼻水にとても効果がある他にも、蕁麻疹や湿疹・皮膚炎・アトピー性皮膚炎におこる痒みに対してもにも効能があるとされています。

用法・用量

通常成人においては錠剤ならば一回60mgを一日二回服用します。小児においては錠剤を一回30mgで一日二回の服用になります。症状により増減をすることができますが、医師の診断をしっかりと受けるのが望ましいです。

副作用

従来の抗ヒスタミン薬としては眠気の副作用がありましたが、アレグラに関してはほとんど出なくなりましたが、実際に出た場合には車などの運転は控えるようにしましょう。また頭痛や吐き気などの副作用が出る場合がありますがさほど頻度は高くないです。重度のものとしては体調変化の他にも肝臓への重い症状が出る場合場合があるので、念の為に医者での診断を受けるのが一番いいでしょう。

 - Ⅰ型, アレルギーの種類, アレルギー性鼻炎, アレルギー性鼻炎に効く薬