アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

すぐ血が出る、前より口臭が気になる。知らなきゃ怖い歯周病

      2017/01/18

すぐ血が出る、前より口臭が気になる。知らなきゃ怖い歯周病

歯を失う原因は虫歯などがすぐに思い浮かぶかも知れませんが、実は日本人が歯を失う原因の第一位となるのが歯周病という症状です。

特に中高年以降になると歯周病のリスクも増大し、若い頃と同じような感覚で何らケアを行わなければ、気付いた時には取り返しのつかないことになっている場合もあります。

ここでは本当は怖い歯周病についてその原因や対策について見ていきましょう。

歯周病の原因

歯周病は口内の細菌によって引き起こされますが、これらは主にプラークの中に存在します。

日々咀嚼(そしゃく)を繰り返すと必ず口内は汚れてしまいますが、不十分なケアでこれらを放置してしまうとプラークとして口内に堆積し、さらに長時間放置すると歯石となって強固に歯の表面にへばりついてしまいます。

こうしたプラークや歯石から生じる様々な細菌が歯肉に炎症を引き起こし、歯周病の原因となってしまうのです。

歯周病の症状

歯周病は初期段階では極めて自覚症状が少ない病気ですが、ごく初期の段階では歯肉炎と呼ばれる歯茎の軽度な炎症が起こった状態になります。

この段階では多少の違和感はあるものの、虫歯のような強烈な痛みも無いため中々症状に気が付きにくいものになります。

さらに症状が進むと細菌感染が広がり、ブラッシングやフロスなどを使用した際に出血が見られる事があります。

しかし、この段階でも痛みなど自覚症状は少ないので、クリニックなどでの定期検診以外では中々気付くことは難しいと言えます。

そして症状が中期に差し掛かると、見た目にも赤みが分かるほど炎症が進み、また腫れたような症状を見せます。こうした自覚症状に加え、歯周組織の内部では骨の破壊が進んでいるので、歯周ポケットが深くなっていきます。

そしてより歯周病が重症化すると、歯肉の炎症がさらに進み赤く腫れ上がったような状態になります。この時点でかなり歯茎が退縮してしまうことも多く、また歯を支える骨の減少も著しいので、重症度も高くなります。

またここまで歯周病が悪化すると、口臭なども酷くなっていることが多いので、自覚症状も徐々に深刻化してしまいます。

そしてこれらの症状をさらに放置すると歯茎が痩せ衰え一般に歯槽膿漏症と呼ばれる状態になりますが、咀嚼力の低下などや歯のグラつきなどからやがて抜け落ちてしまうことがあります。

歯周病が及ぼす体への影響

歯周病は単純に歯を失うリスクだけでなく、健康面でも大きなリスクを有しています。

歯周病を引き起こす歯周病菌は歯や歯茎に対してのみ有害なものではなく、血管を通って全身に行き渡り、全身に様々な疾患を引き起こすリスクを持っています。

血管内では血栓を作りやすいという性質から狭心症や脳梗塞などのリスクを高め、また肺に入り込むと肺炎などのリスクも増大してしまいます。

また歯周病の毒素がインスリンの生成を阻害する可能性も指摘されており、糖尿病の方はさらに症状が悪化する危険性があります。

この他にも心筋梗塞など全身疾患のリスクを加速度的に強めてしまう危険性が指摘されているので、早期の治療が求められます。

歯周病の治療法

歯周病の治療にはそれぞれの段階によって大きく異なります。

ごく初期段階の炎症ならば日々のブラッシングで予防と対策を行うことが出来ますが、自分では落とせない歯石などはクリニックでスケーラーなどを使い治療します。

症状が進み歯周ポケットの広がりを見せている場合には歯周ポケット内の歯石を取り除くためにキュレットと呼ばれる特殊な器具を用いて治療を行います。

さらに歯石やプラークの状態が酷い場合には、歯肉を切開し歯周ポケット内にこびりついた汚れを取り除き、感染組織を根こそぎ綺麗にするという方法も取られます。

そして歯槽膿漏症と呼ばれるような重症化した歯周病の場合にはGTR法と呼ばれる治療が行われることがあります。GTR法は再生療法に分類される高度な治療ですが、歯周病によってやせ細ってしまった顎の骨を再生し、再び歯を支える強固な歯茎を取り戻すことを目指します。

歯周病の予防法

歯周病を日々のセルフケアで予防するには何よりも歯磨きやフロスなどの基本的なプラークコントロールが大切です。

食べ物や呼吸によって口の中が汚れる事は仕方の無いことですが、食後にしっかりと食べかすと汚れを除去することにより、歯周病のリスクに十分対処することが出来ます。

また、統計的に喫煙習慣のある方や間食の多い方は歯周病のリスクが高くなることも知られていますが、それぞれタバコは有害物質により免疫力が低下する、また間食で常に口内に食べ物がある状態が続くと適切なプラークコントロールが出来ないという理由が指摘されています。

こうした歯周病を引き起こす生活習慣を改めることも、歯周病予防には大切なこととなっています。

歯周病チェック

あなたはこんな症状が気になっていませんか。チェックして見てください。

1.歯を磨くと数回に一度は血が出る。
2.すぐに歯の間に食べ物が詰まってしまう。
3.虫歯はないのに、冷たいものが歯に染みて困る。
4.歯茎の色が黒っぽい。
5.歯茎がブヨブヨして腫れている。
6.固いものを食べると歯が痛くなる。
7.人から最近口臭がきつくなったとよく言われる。
8.触るとグラグラする歯がある。
9.糖尿病と言われたことがある。
10.口の中がいつも粘っている。

これらの項目に複数当てはまる人は、気がつかないうちに歯周病が進行しているのかも知れません。

 - 口・歯の病気