アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

アレルギー性鼻炎の治療薬「ディレグラ」の効能・副作用について

      2017/01/27

アレルギー性鼻炎の治療薬「ディレグラ」の効能・副作用について

ディレグラの作用

アレルギー性鼻炎の治療薬であるディレグラは、鼻づまりの症状にとてもよく効く薬とされています。

フェキソフェナジン塩酸塩と塩酸プソイドエフェドリンという有効成分2種類が組み合わさった薬です。

アレグラという薬は鼻水とくしゃみには効果がありますが、鼻づまりには効果がないとされていて、ディレグラが選択肢として選ばれることが増えています。

ディレグラの特徴

鼻づまりに特によく効きますが、有効成分が2種類配合されていることから、くしゃみや鼻水にも効果を発揮します。

年間を通してアレルギー症状のひどい人の場合、継続して飲む人もいます。

しかし、症状がひどい時期を過ぎたら、他のアレルギー薬に切り替えることが推奨されている薬です。

ディレグラの注意点

高血圧の人、心臓病の人はこの薬を使えない可能性があります。

また使う際に注意が必要なのは糖尿病の人や腎臓病の人です。

高血圧の薬や抗生物質、気管支拡張剤と一緒に服用すると副作用が起こる可能性があります。

ディレグラの効能

鼻水、鼻づまり、くしゃみ(ただしひどい鼻づまりの症状が発生している間のみの使用にとどめること)

ディレグラの用法・用量

成人の場合は、通常1回2錠を朝晩の空腹時に服用します。

食事の1時間前、2時間後など食事の時間とはずらして飲みましょう。

多めの水で服用してください。

ディレグラの副作用

副作用は少ないとされています。

まれにある重度な副作用としては、アナフィラキシーショック、めまい、吐き気、血圧低下、ふらつき、しびれ、けいれん、息苦しい、発疹、かゆみ、発熱、体がだるい、食欲が無くなる、頭痛、動悸、というものがあげられます。

 - Ⅰ型, アレルギーの種類, アレルギー性鼻炎, アレルギー性鼻炎に効く薬