アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

それ黄斑円孔かも…視界に違和感を感じたら放置せずにすぐ治療

      2017/01/18

それ黄斑円孔かも…視界に違和感を感じたら放置せずにすぐ治療

目の瞳孔から入った光は網膜というスクリーンに像を結んでいます。網膜は眼球の奥に広がっていますが、特に物を見るときに中心になる部分黄斑と言われています。

黄斑円孔とは、この重要な視覚の中心部である黄斑に孔が開いてしまう病気です。

結果として視力の低下物が見えにくくなる症状が出てきます。

どんな人に多いのか、治療方法はあるのか、気になりますね。

黄斑円孔の原因

人間の眼球のなかには硝子体という透明なゼリー状の構造物があります。瞳孔から入った光は硝子体を通って網膜に映し出されます。硝子体が網膜と接していることがポイントです。

硝子体は加齢によって水分にかわり段々と縮小していきます。この時に硝子体を覆っている膜である硝子体皮質が網膜からはがれていきます

この現象を後部硝子体剥離といいますが、50代以降に起こる自然な現象です。

ところが硝子体皮質がうまくはがれてくれないときに網膜が一緒に引っ張られて孔が開いてしまいます

黄斑円孔は硝子体が収縮するときに関連して起こるので、60代くらいの高齢者に多い病気です。硝子体の液化が進みやすい近視の方女性に多く発生しがちです。

また年齢に関係なく目の打撲などによって発生することもあります。

黄斑円孔の症状

症状としては視力の低下、さらに物の見え方の変化となって現れます。

視野の中心がすぼんでいるかのように物がゆがんで見えるようになります。物がつぶれて見える中心に向かって吸い込まれていくかのように見える、などが多い見え方です。

病気の進行につれてものが見えにくくなっていき、視力も0.1程度にまで低下してしまいます。

痛みはないのですが、物が見づらくなってしまいます。

黄斑円孔の治療

かつては治療できないといわれていた黄斑円孔ですが、今では手術によって孔をふさぐことができるようになっています。

手術の内容は、網膜を引っ張っていた硝子体を取り除き、かわりに特殊なガスで置き換えることで目の内側から網膜を押さえつけて円孔を塞ぐといった内容になります。

手術の方法としては、目の後部の硝子体を切除して取り除き、さらに網膜の一番内側の薄い膜をはがして術後の再発を防ぎます。

その後眼球の内部にガスを注入します。
ガスによって網膜が押さえられて開いてしまった孔が小さくなっていきます。周囲の細胞をつなぎ合わせてくれる働きによって、徐々に円孔がふさがれていきます。

手術時間はだいたい30分から1時間くらいです

術後しばらくの間はガスが円孔部分からずれないように、うつむきの姿勢になっておく必要があります。

3日から1週間を目安にうつむきの姿勢を取り続けることは大変ですが、手術成功のためには重要です

円孔がふさがると物の見え方が大幅に改善します。視力については徐々に回復していくケースが多いです。

黄斑円孔が起こってから早く手術するほうが、円孔は塞ぎやすく、視力の回復はよいといわれています。あまり時間がたちすぎると手術をしても視力回復にいたらないケースもあります。

 - 目の病気・怪我