アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

二枚爪が原因でネイルができないあなた。栄養補給でお悩み解消!

      2016/11/01

【151_2】二枚爪

爪は1日に0.1mmくらい伸びると言われています。

しかし、二枚爪になってしまうと爪が伸びてもすぐに割れてしまいます

二枚爪になってしまう原因は様々ですが、爪の変化は体の不調が原因とも言われています。

二枚爪の原因や対処方法についてご案内します。

二枚爪の症状について

爪は、外側から背爪、中爪、腹爪の3層から構成されています。層の間に空気が入りやすくなり、一番上の背爪がもろくなって、剥がれてしまったり、複数層になってしまうのが、二枚爪です

女性がかかりやすい爪の病気と言われています。

二枚爪は、爪切りで切っても切ったところから更に、二枚爪の症状を引き起こします。

痛みはありませんが、見栄えが悪く清潔感に欠けた印象になってしまいます。

また、爪の先端に症状が出るため、割れた爪が衣服に引っかかってしまったり、何かの拍子で更に爪が割れてしまうなど、不便な状態となります。

そして、二枚爪は症状が治まっても、繰り返し二枚爪になってしまう傾向があります。

二枚爪になる原因とは

二枚爪は、体の内側と外側に問題があると、二枚爪の症状が起こります。

爪は、皮膚と同様にたんぱく質で構成されています。例えば、無理な食事制限をしてダイエットを行うと、肌荒が荒れてしまうなどの症状が起こりますが、爪にも少なからず影響が出ています。

それから、運動不足冷え症などで、血行が悪くなっていると、栄養が体の隅々までしっかり行き渡らなくなるため、丈夫な爪が生えて来なくなることも原因の一つです。

また、ネイルリムーバーでネイルを落とす行為は、爪の水分を奪って乾燥させて二枚爪になりやすくさせてしまいます

他にも水仕事で洗剤を使用する機会が多いと、爪が乾燥して割れやすくなります。

二枚爪の治療について

二枚爪を治すためには、体の中から丈夫な爪を作るための栄養を摂ることがポイントとなります

爪の主成分となるたんぱく質、丈夫な爪を構成してくれるビタミンB群カルシウム、カルシウムの吸収をアップしてくれるビタミンD、血行不良を改善する鉄分、爪の成長を促進し丈夫な爪にしてくれる亜鉛などを普段の食事からバランスよく摂取することが大切です。

それから、指先の血行を良くするために、普段からハンドマッサージを行ったり、ハンドクリームを使用した時に爪のケアも行いましょう。

また、二枚爪になっている時は極力ネイルは控えめにするか、爪を休ませる日を設けるようにしましょう。

二枚爪にならないための予防法

二枚爪になっている時は、爪切りではなく、爪やすりを使って爪を整えましょう

ガラス製の爪やすりは、早く削れる上に、仕上がりが滑らかで爪の先がギザギザになりにくいので二枚爪のケアにお勧めです。

それから、爪が柔らかくなっているお風呂上りに、ハンドクリームを塗って爪をケアしてあげましょう。

また、面倒でも水仕事の際には、ゴム手袋を使用することで、洗剤の成分が爪に浸透してしまうのを防ぐことができます。

血行を良くするために、ウォーキングなどの有酸素運動を定期的に行うことで、冷え症だけでなく心臓への負担も軽減して体全体に栄養を届けることができるようになります。

 - 手・腕の病気 , ,