アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

パブロンの効能・副作用について

      2017/01/27

パブロンの効能・副作用について

作用

パブロンに含まれる抗ヒスタミン作用のある有効成分が、鼻詰まりや鼻水、くしゃみなどのアレルギー症状を引き起こす原因となるヒスタミンと神経や血管のレセプターとが結合することをブロックして、アレルギー症状の出現を抑える作用をします。
また、抗炎症作用により鼻の粘膜の炎症を抑え、鼻詰まりを緩和する作用もあります。

特徴

塩酸プソイドエフェドリン、マレイン酸カルビノキサミン、無水カフェイン、リゾチーム塩酸塩、ベラドンナ総アルカロイドの5つの抗ヒスタミン作用や血管収縮作用のある有効成分により、アレルギー症状によって既に出ている症状に対して、症状を緩和する働きを行います。

注意点

抗ヒスタミン剤の成分でアレルギー症状が出たことのある人、前立腺肥大のある人、糖尿病や高血圧、心臓病、腎臓病などの既往のある人、他の抗ヒスタミン薬や風邪薬などを服用している人は医師、薬剤師に確認して服用する必要があります。
服用によって眠気が起こることがあるので、自動車の運転は避ける必要があります。

効能

アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などの症状によるくしゃみ、鼻詰まり、鼻水、またそれに伴う涙目、喉の痛み、頭が重い感じなどを緩和する働きがあります。

用法・用量

薬の種類によって1日2回~3回、薬を服用するタイミングは4時間以上あけて服用します。
7歳~14歳は1回1錠、15歳以上は1回2錠服用します。7~14歳の小児には小児専用のものもあります。
各種類によって服用の仕方が異なるので明記されている用法・用量に従って服用します。

副作用

服用することで眠気、口の渇き、目のかすみが起こることがあります。長期間続く場合は服用を中止し医師の診察を受ける必要があります。また、めまい、吐き気、排尿困難、発疹、けいれんなどの症状が出た場合はすぐに服用を中止し、医師の診察、薬剤師への相談を行う必要があります。

 - Ⅰ型, アレルギーの種類, アレルギー性鼻炎, アレルギー性鼻炎に効く薬