アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

アレルギー治療薬「ザイザル」は副作用が出にくいって本当?

      2017/01/27

アレルギー治療薬「ザイザル」は副作用が出にくいって本当?

アレルギー治療薬「ザイザル」の作用

ザイザルの主成分は抗ヒスタミン薬のレボセチリジン塩酸塩であり、アレルギー症状を引き起こす原因となるヒスタミンとH1受容体が結合するのを防ぐ作用をします。

アレルギー症状によって引き起こされるアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎の症状を改善します。

アレルギー治療薬「ザイザル」の特徴

第二世代の抗ヒスタミン薬であり、第一世代の抗ヒスタミン薬でよく見られる眠気、口の渇き、排尿障害などの副作用が出にくいと言われています。

また、1回の用量が従来の薬と比べると少なくて済み、即効性が比較的あること、薬の効果の持続時間が長いことが挙げられます。

アレルギー治療薬「ザイザル」の注意点

腎臓、肝臓に障害のある方、薬に対してアレルギー症状のある方、他の薬を服用されている方、てんかんやけいれんなどの既往のある方は服用に注意が必要です。

体質によって、服用すると眠気が強く出る方もいるので車の運転などは服用後避ける必要があります。

アレルギー治療薬「ザイザル」の効能

アレルギー性鼻炎によって起こるくしゃみ、鼻水、鼻詰まりなどの症状、アトピー性皮膚炎によって起こる皮膚のかゆみや湿疹、蕁麻疹などの症状を改善します。

アレルギー治療薬「ザイザル」の用法・用量

15歳以上の人は、1日1回寝る前に1錠5mgを服用します。

成人の場合は最高でも1日2錠10mgまでの服用が限度となります。

7歳~15歳未満の小児は1日2回、朝と寝る前に半錠2.5mgを服用します。

高齢者や症状によって服用量はこればかりではありません。医師の指示に従って服用します。

アレルギー治療薬「ザイザル」の副作用

眠気や頭痛、倦怠感、口の渇き、吐き気などの副作用がみられることがあります。

いずれも症状が増す場合や長期間治まらない場合には医師に相談しましょう。

重篤な副作用として呼吸困難、血圧低下、肝機能障害、出血傾向などが見られた場合にはすぐに服用を中止して医師の診察を受ける必要があります。

 - Ⅰ型, アレルギーの種類, アレルギー性鼻炎, アレルギー性鼻炎に効く薬