アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

乾燥肌を掻きすぎるのは危険!猛烈なかゆみを伴う乾皮症とは

      2017/01/18

乾燥肌を掻きすぎるのは危険!猛烈なかゆみを伴う乾皮症とは

お肌の乾燥は美容の大敵。乾燥が進んでしまうと、肌がボロボロになってしまいます。多少肌が乾燥するなら大丈夫なのですが、耐えられないほどのかゆみに襲われるようになってしまったら、乾皮症(かんぴしょう)の可能性があります。

乾皮症の症状について

乾皮症になると、肘や二の腕、背中、太もも、膝、脛、腰など皮脂の分泌が少ない部位が特に強い症状を引き起こします。衣類が常に皮膚に触れる状態だとかゆみを起こしやすいです。

我慢できずに掻いてしまうと、肌は常に粉を吹いたような状態になります。掻きむしりすぎてしまうと、肌もボロボロになってしまいます。

乾皮症の原因について

この症状は高齢になるほど起こりやすいのが特徴です。高齢になると体の代謝機能が低下して細胞間脂質、天然保湿因子、皮脂の分泌が減少していくからです。

加えて、肌のターンオーバー(新陳代謝による入れ替わり)の時間が長くなるため、乾燥した角質層が皮脂表面を厚く覆ってしまいます。

乾皮症の治療法について

治療法には、弱いステロイドの塗り薬やかゆみを抑える抗ヒスタミン薬が処方されます。炎症を起こしている場合は、弱いステロイドの薬が非常に有効です。

治療法は主に塗り薬で対処するので、根本的に治るわけではありません。根本的に治すためにはやはり、日常生活を工夫していくことを念頭に置くべきでしょう。

乾皮症の予防と対策

乾皮症にならないためには、入浴した時に体をゴシゴシ洗いすぎないこと。入浴の温度も重要で、浴槽のお湯が熱すぎるとかゆみを生じます。42℃以上のお風呂は控えましょう。

食事もとても重要で、栄養バランスのいい食事を心がけることが大切です。ファストフードなど栄養が偏っているものばかり食べるのは禁物です。

温かい飲み物で積極的に水分をとるのも予防になります。温かいお茶、汁物を積極的にとってください。

適度な運動で体を動かすことも予防に一役買います。血流をよくし、汗をかくとお肌が潤うのです。

衣類にも工夫が必要で、チクチクするものやかゆみが出るものは着るのを控えましょう。肌が反応して余計に悪化してしまいます。

これらの工夫することで、ある程度改善するので心がけましょう。

 - 肌トラブル・皮膚の病気