アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

物がゆがんで見える…目の奥の病気、黄斑前膜とは?

      2017/01/18

物がゆがんで見える…目の奥の病気、黄斑前膜とは?

目の病気というのは命に関わることが少なく、見落とされがちです。しかし、症状が悪化すると手術が必要な場合があるので、早期発見が必要になってきます。

また、病気によっては失明につながる場合もあるので、異常を感じた時はしっかりと対処することが大切です。目はとても大事で代わるものがないので、不安があれば眼科を受診しましょう。

目の病気は枚挙にいとまがないほどあるのですが、今回は黄斑前膜という病気について紹介いたします。

黄斑前膜の症状

初期段階では自覚症状はありません。眼球後部の網膜の手前に膜が張ってしまいますが、膜は透明のために視力などの異常が出ないからです。

軽いうちは無症状ですが、進行すると網膜がむくんだり、しわができることで視力が悪くなったり、物がゆがんで見えてしまいます。特に50~60代の女性に多いのが特徴です。

加齢で起きることがほとんどなので、ちょっとでも目に異変があればすぐにでも医療機関に行って相談することが大切です。

黄斑前膜の原因

様々な理由がありますが、最も多い理由が40~60歳になると眼球の大部分を占める硝子体に変性が起こるというもの。これが原因となり、硝子体が網膜から離れていきます。

しかしこの時に黄斑の一部が残ってしまうことがあり、これが分厚くなっていき黄斑前膜になります。

黄斑前膜の治療

この病気の厄介なところは、目の一番奥で起こっている病気であるため、目薬や飲み薬では改善できないということ。つまり、手術が必要になるのです。

視力低下、視界のゆがみなどの自覚症状が強くなったときに症状の改善のために手術を行います。

手術は、硝子体手術で眼球内の硝子体を除去した後に黄斑前膜を除去します。また、手術を受けるタイミングは、一般的には矯正視力が0.6~0.7くらいに低下した時点が多いようです。

矯正視力が0.1まで低下している場合は、手術をしても効果が期待できない可能性があります。もし症状が気になる人は一度医療機関を受診することをおすすめいたします。

 - 目の病気・怪我