アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

手足の水ぶくれとかゆみ…水虫に似た汗疱という病気

      2017/01/18

手足の水ぶくれとかゆみ…水虫に似た汗疱という病気

汗疱(かんぽう)は皮膚の病気の一つで、手足にできるのが特徴です。

主な症状は水ぶくれとかゆみなので、水虫と間違えやすいのですが、汗疱と水虫とは原因が大きく異なることに注意しましょう。適切に対処しないと症状を改善させられなくなってしまいます。

汗疱の原因

汗疱は、汗をかきやすい人に多く見られる病気です。汗がきちんと排出されないまま溜まってしまい、水ぶくれになってしまうと考えられています。

金属、食物に対するアレルギーも原因の一つです。

また、皮膚を形成する上で不可欠なビオチンというビタミンが不足することで代謝が悪くなり、その結果、皮膚に異常が起こるようになって汗疱が見られることもあります。

汗疱の症状

汗疱の症状として多く見られるのは、水ぶくれとかゆみです。手のひら、指の間、足の裏に水疱状の湿疹が見られるようになります。初期の段階で、強いかゆみを生じるのが特徴です。

最初は小さな水疱でも、徐々に結合して大きくなっていきます。時間が経つにつれて湿疹化すると赤くなってきて、痛みが生じる場合もあります。水疱の範囲が広がってしまうと、治りが遅くなります。

汗疱の治療法

汗疱は水虫と似たような症状が見られる皮膚の病気ですが、菌が原因となって生じる水虫とは異なります。

汗疱の原因は汗なので、感染してしまう心配はありません。汗疱の治療を行う際は、主にステロイドやサチル酸を使用します。かゆみを抑えるために抗ヒスタミン酸を使用することもあります。

汗疱は症状が悪化して湿疹化してから治療を開始する人も多く、長く症状に悩まされることもあるようです。

汗疱の予防法

汗疱は汗が大きな原因となっています。そのため、汗をかきにくい環境を作ることが予防につながるのです。

たとえば、高温多湿の環境を避けたり、部屋の除湿をしっかり行うことが有効です。

アレルギーが原因になっている場合は、何が原因なのかを突き止めなければなりません。専門医の診察を受け、アレルギー物質を避けるようにしましょう。

 - 肌トラブル・皮膚の病気