アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

角膜炎は完治まで1か月ほど…今からできる予防法

      2017/01/18

角膜炎は完治まで1か月ほど…今からできる予防法

角膜炎を患う人は増えています。なぜ増えてきているのでしょうか?

答えは、私たちの身近なライフスタイルの中にあります。放置すると視覚障害や失明の恐れもある病気です。ここでは、自分の目を守るためにも、その原因、症状、治し方、予防法などについて詳しくみていきましょう。

角膜炎の原因

角膜炎で最も多いとされるのが、感染性角膜炎です。

その名のとおり、黒目の表面を覆う角膜に菌が感染することによって引き起こされます。では、どこから感染するのでしょうか。

感染経路の一つは、コンタクトレンズです。

多くの現代人の必須アイテムともいえるコンタクトレンズですが、その使用方法が不適切であると角膜炎の原因になってしまいます。例えば、しっかりと洗浄をしないまま毎日使用していたり、定められた期間を超えて使い続けたりすることです。

別の感染経路は、不衛生な手で目をこするなどです。

風邪やストレスなどで身体の免疫力が低下している時は菌に侵食されやすいので、気をつけねばなりません。

また、元々の感染しやすい人もいるようです。アレルギー体質やドライアイを患っている人などです。

このようにそれぞれ原因は異なりますが、いずれにしても、菌やカビ、ウイルスによるものが原因となっているのです。

角膜炎の症状

角膜炎の症状は一つではありません。主な症状としては以下のものが挙げられます。

・目がかゆい
・目が痛い
・目が常にゴロゴロする
・目に違和感がある
・すぐに疲れる
・視力が低下してきた
・目の充血が続く

これらの症状がある=角膜炎、ということではありませんが、症状が続くようであれば疑うべきでしょう。また、かゆいだけ、少し痛むだけ、というように気づきにくいことも特徴の一つなので、要注意ポイントです。

角膜炎と結膜炎の違い

角膜炎と結膜炎は似た症状があり、素人では見極めるのは難しいです。結膜炎は角膜炎とは異なる病気で、どちらも病気になる部分に違いがあります。結膜は白目の部分、角膜は黒目の部分にある組織です。

角膜炎、結膜炎共にうつる可能性はあります。学校や職場など、多くの人が集まる場所では、感染の危険性は非常に高くなっています。免疫力の弱い人、赤ちゃんには特に注意が必要です。

また、他人にうつるだけでなく、自分の片方の目からもう片目への感染もあり得ます。早期の予防、治療が大切です。

角膜炎の治療

ウイルス、菌に感染してから症状が出るまでは2~4日程度といわれます。

症状が現れる以前に、なにか思い当たる原因があれば、早めに眼科を受診するようにしましょう。検査を受けて角膜炎であると診断されれば、原因となっている菌やウイルスの除去を目的とした治療が始まります。

点眼治療・、軟膏の塗布、飲み薬などが一般的ですが、原因によって治療方法は異なるようです。ケースによっては、まぶたの手術をすることもあります。

目の病気ですから常に違和感を抱え、いつ治るのか気になってしまうかもしれませんね。いずれの原因によるものであっても、角膜炎は治るまで1か月以上かかる病気です。

たとえ症状が数日で治まった場合でも、完治するためには点眼などの治療を続けなければなりません。加えて、次に述べるいくつかの予防法を、日ごろから実践することが求められます。

角膜炎の予防

・手を清潔に保つことを心がけましょう。
人は、自分の無意識の内に目を触っていることが多いので、汚い手は発症のリスクを高めてしまいます。

・コンタクトレンズの適切な管理の習慣化
コンタクトレンズを目に入れる時の洗浄はもちろんですが、使い捨てでないコンタクトレンズの場合はケースの衛生状態にもしっかりと気を配ることが大切です。

保存液を使い回したり、液を流しただけで繰り返し使用してはいませんか? 目に見えない菌がたくさん付着しているので、基本的な予防も忘れてはなりません。

一緒に生活をしている人に角膜炎を患っている人がいる場合は、タオルを共有してはいけません。感染源になってしまうからです。

繰り返しになりますが、角膜炎の予防は清潔が一番大事だということをぜひ覚えておいてください。

 - 目の病気・怪我