アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

その便秘、大きな病気が原因かも…器質性便秘について知ろう

      2017/01/18

その便秘、大きな病気が原因かも…器質性便秘について知ろう

便秘という言葉を耳にする機会は多く、経験したことや便秘で困っている人の話を聞いたことがあるでしょう。よく聞く言葉だからこそ、そこまで重大な症状だと捉えられづらいものかもしれません。

しかしながら、お通じがスムーズでないのは非常に不快でつらいものです。便が溜まるということは、有害物質を長時間体内に留めておくということ。やがて全身へなんらかの悪い影響を及ぼしかねません。

今回はその中でも器質性便秘に着目してまいります。

器質性便秘の症状

器質性便秘の代表的な症状は以下のようなものになります。

・お腹が張る
・腹痛
・嘔吐
・食欲不振
・発熱
・血便

生活習慣から発生する便秘とは異なり、具体的な疾患が要因となって引き起こされていますので、便秘と同時に体の異変を感じた場合は軽視せずに、医師の判断を仰ぐようにしましょう。

器質性便秘の原因

器質性便秘とは、胃や腸などに疾患があるために起こる二次的疾患の便秘を指します。基本的に専門医の診断を受けて適切な治療を行わなければ一般的に完治は難しいといわれています。

また、重大な病を患っている危険性もあるため、異変を感じたらすぐに専門医を受診することをおすすめします。

器質性便秘が引き起こす病気

直接大腸に疾患があるもの

・大腸がん
・大腸ポリープ
・腸閉塞
・潰瘍性大腸炎

大腸がんが原因である場合は、血便や残便感、下痢などの症状が見られますが、初期のがんの場合は自覚症状がなく気づきにくいため、定期的な検査を受けることが望ましいです。

女性の死因のトップに入る病気でもありますので、便のチェックは重要です。

大腸付近の器官に疾患があるもの

・後腹膜腫瘍
・子宮筋腫

子宮の筋腫が大きくなると骨盤内にある直腸を圧迫し、直腸自体が狭くなったり塞がれたりします。その状態から器質性便秘が引き起こされてしまいます。

器質性便秘の治療法

器質性便秘は、ある疾患が原因で引き起こされる便秘です。腸自体がなんらかの病気を患っていたり、炎症を起こしていたりするために現れる症状の一つなのです。

器質性便秘を治療するためには、単純に生活習慣を見直せばいいというわけではなく、原因となっている疾患を治療する必要があります。根本の原因を解決しなくては、二次的疾患を治癒することは難しいのです。

大腸やその周辺の器官が病に侵されないために、普段から健康管理に気を配り、定期的な健診を受けましょう。

 - デリケートゾーンの病気