アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

カラコンが失明のきっかけに…網膜剥離って?

      2016/10/25

3204070bfba3ac0a2e97b34ea9a42094_s

網膜剥離とは視力が低下していく目の病気。ボクシングなどのスポーツを通して耳にされた方もいるのではないでしょうか。

剥離と聞いてとても恐ろしい病気だと思われるかもしれませんが、初期段階で処置すれば完治する病気です。万が一なってしまっても、落ち着いて対処しましょう。

網膜剥離の症状

網膜剥離の初期症状には代表的なものがあります。

・視界に黒い点が見えたりゴミのようなものが映る(飛蚊症)
・点滅した光が見える(光視症)

やがて初期症状を経て、網膜が剥離し始めると、視野の一部が見えなくなって視野が狭くなっていきます。視界の下方や上方の視野が欠けてくる傾向にあります。

その後、網膜の剥離が黄班部に及ぶと視力が著しく低下していき、そのまま症状が進めば最悪の場合、失明してしまいます。

網膜剥離の原因

・加齢による網膜剥離
ガラス体が乳白化することによって網膜の一部が引きずられて、網膜に小さな裂孔が生じます。この裂孔をそのままにしておくと最終的に網膜は完全に眼球から剥がれてしまいます。

・直接眼球にショックが与えられることで起こる網膜剥離
眼球が物理的に変形して網膜に裂孔が生じることもあります。先述したボクシングなどのスポーツをする人に起きるのがこのタイプの網膜剥離です。

網膜に裂孔が生じるのは、視界に黒い点やゴミが映るような飛蚊症が生じる時です。飛蚊症は網膜の毛細血管が破れて出血することで発症するので、飛蚊症の症状が激しい場合は、それだけ網膜に裂孔が生じているサインなので要注意です。

網膜剥離かな? と思ったら

激しい飛蚊症や、視野の一部がかけて見えるようになったら、まずは専門的な病院で検査をしてもらいましょう。早期発見の場合、ほとんどが治療できる病気です。しかし、この症状は痛みを伴うものではないため、放置されてしまうことも多いようです。

症状が進めば視力を回復させることが難しくなってしまいますので、視界が変だと感じたら早めに医師の指示を仰いでください。

網膜剥離の治療法

・初期症状の場合
レーザー治療があり、比較的簡単に治療ができます。

・網膜剥離が進行して、ガラス体が出血したり、裂孔が大きくなった時
ガラス体手術という、網膜を引っ張っている原因を直接除去する治療法があります。網膜に起きた裂孔は手術によって埋められますが、しっかりと安定するには時間を要するためにしばらくの間はうつ伏せの状態で安静にしている必要があります。

他にも、網膜の外の組織を目の内側に凹ませて硝子体の引っ張りをゆるめることによって処置する強膜バックル手術という治療法もあります。

網膜剥離の予防法

網膜剥離には、起こりやすい体質とそうでないか体質があります。物理的な網膜剥離を起こさないためには、普段から目に衝撃を与えたりしないよう心がけましょう。

コンタクトレンズを装着する際には、眼球を傷つけたりしないよう注意が必要ですし、ファッションでカラーコンタクトをつける場合も、正しい知識をもとに着用するようにしましょう。普段から目を擦る癖がある人も強くこすりつけないなど、網膜剥離を未然に防ぐためにできることは多いです。

一度でも網膜剥離になった人は、再発しないように定期的な検診を心がけることが何よりの再発防止につながります。

 - 目の病気・怪我 , ,