アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

変な姿勢で生活していませんか?事前に対策、腰椎椎間板ヘルニア

      2016/10/19

腰椎椎間板ヘルニア2

若い頃に無理して腰を酷使してしまうと、歳をとったときに腰にかなりのダメージがあらわれるといいます。

そして、症状が酷くなると腰椎椎間板ヘルニアという病気になってしまいます。

これは、神経が圧迫されるのでしびれも同時に起こるという恐ろしい病気です。

時には手術も必要になる病気なので出来る限りならないように対策をすることをオススメします。

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎は腰を曲げたりねじったりしたときのサポートをしてくれたり、体にかかる衝撃を和らげる役目を果たしています。

腰椎椎間板ヘルニアは腰椎にある椎間板がヘルニアになっている事を言い、レントゲンを取ればすぐに分かります。

腰椎椎間板ヘルニアは腰から足にかけて電気が走ったような痛みが出るのが特徴です。

腰やお尻、股関節まわりに痛みが出るので腰だけが痛いというわけではありません。

また、その状況によって電気が走ったような痛みが出る場所が違うので必ずしも腰椎椎間板ヘルニアの痛みの場所が同じというわけではありません。

また、日常生活では顔を洗う、靴紐を結ぶなどの動作が、痛みでやりずらいと言われています。

腰椎椎間板ヘルニアの原因

主な原因は日常生活にあると言われています。

例えば、重たいものを急に持ち上げる動作をするとものすごく腰に負担がかかります。

また、姿勢の悪さも原因になります。

姿勢が悪いと背骨や骨盤が歪み、ズレが生じてしまいます。

骨盤がずれてしまうと、それを支えようと体が歪みやすくなり、さらに骨盤が歪むという悪循環にもなります。

ですので、足を組んだり、変な姿勢で座ったり骨盤がずれるような座り方をしないようにしましょう。

しかし、最近の研究では遺伝的要因もあると分かってきています

特に若い頃から椎間板ヘルニアになる人は原因が遺伝である可能性が高いです。

そして、加齢も原因の一つとなっています。

加齢になると体の柔軟性を失い、その結果、骨と骨の衝撃に耐えることが出来ず、隙間からはみ出してきてしまいます。

また、女性や高齢になると運動する事も少なくなり、筋肉の量が減るので椎間板が少しずつはみ出してくるようです。

腰椎椎間板ヘルニアかな? と思ったら

まず、一番大切なのは、痛みを緩和させて体を楽にすることです。

そのためには氷とタオル、ハンカチを購入して氷を袋の上からハンカチで覆い、痛めた腰に10分ほど当てて冷却します。

そうすれば痛みの感覚を和らげる事が出来るのでものすごく痛くて動けないという人はこのような対処法を取ると良いです。

また、もしあまりに痛いのなら医療機関にかかる必要がありますが、その場合は、整形外科に行くといいです。

そこで、痛み止めや湿布などの処置をしてもらえます。また、痛みがあまりにひどい場合は、腰痛ベルトなどのアドバイスを受ける事もあります。

腰椎椎間板ヘルニアの治療法

大きく分けて手術をしない方法と手術をする方法の2つがあります。

手術をしないのは、保存療法といい、いくつかのやり方があります。

まず、そこまで重大でなければ安静治療と言って腰を出来るだけ動かさないように、腰痛の原因となる病気の進行を止め、自然治癒をめざします。

そこまでひどくなければ安静にして放置すればある程度良くなることが出来ます。

次は痛い部分を温める温熱療法があります。筋肉のコリをほぐし、収縮した血管をゆるめて血液の循環を促す方法です。

マッサージと鍼治療もありますが、この二つは痛みを和らげるための処置なので、椎間板ヘルニアを根本的に治す事は出来ません。

そして、痛みを和らげるために投薬治療も行われます。

飲み薬の場合と注射をする方法がありますが、療法とも痛みを和らげるための治療なので根本的に治す事は出来ません。

そして、保存療法などでも改善が見られず痛みやしびれに絶えられなくなった場合は、ヘルニアの切開手術が行われます。

また、ぎっくり腰を何度も繰り返す場合にも手術が行われます。

手術になると1週間は安静にしていなければならかったり、その後も1ヶ月ほど、リハビリや通院が必要になります。

背中に大きな傷が残ってしまうので女性は嫌がる人も多いです。

また、手術は全身麻酔になるので体に負担がかかるなどリスクもあります。

どういう方法で治すのかは医師と相談する事が大切です。

腰椎椎間板ヘルニアの予防法

予防法は重たいものを持つ時の姿勢に気をつけたり、筋トレなどのトレーニングをしたり、ストレッチをしたりすることです。

そして座るときの姿勢も気をつけましょう。

そして意外と知られていないのですが、喫煙は椎間板の老化を早めてしまうと言われているので、喫煙もヘルニアには良くありません。

ヘルニアは完治する病気という事が分かっているので腰に痛みが出たら、出来るだけ早く治す事をオススメします。

 - 腰・背中の病気・怪我