アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

原因不明の頭痛と鼻づまり…鼻茸という病気を知っていますか?

      2017/01/18

原因不明の頭痛と鼻づまり…鼻茸という病気を知っていますか?

鼻茸(はなたけ)という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 名前だけならキノコの一種なのかと思ってしまうかもしれませんが、病気の名前なのです。

慢性的な鼻詰まりが進行すると、鼻の奥にある副鼻腔という空間に、白くてブヨブヨした塊ができることがあります。キノコのような見た目をしたこの良性のポリープが、鼻茸と呼ばれています。

あまり知られていませんが、大人はもちろん、鼻の詰まりやすい子どもでもかかることがあります。長い間鼻詰まりが治らなかったり、原因不明の頭痛が続いている、などの症状が見られたら、鼻茸ができているからかもしれません。

鼻茸の症状

初期の症状は鼻水です。鼻茸は悪性のポリープではないので、命に関わる病気ではありませんが、一度できてしまうと空気の通り道が塞がってしまうので、鼻詰まりが起こってしまいます。

この時点ではまだただの鼻風邪かと思い、気づかないことが多いですが、鼻茸が大きくなってくると、頭痛や顔面痛、嗅覚障害などが起きてしまうこともあります。

さらに、子どもの場合は副鼻腔にできた鼻茸が大きくなり、抗鼻孔(こうびこう)と呼ばれる場所に出てくることがあります。
こうなってしまうと呼吸がしにくくなったりするので、放置してはいけません。

鼻茸の原因

鼻茸ができる原因は、まだわかっていません。今のところ、アレルギーや細菌感染によるものだとする説が有力であるようです。

アレルギーの原因となる物質や細菌が鼻腔の粘膜を刺激することで、化学伝達物質のヒスタミンなどが放出され、粘膜の血管が拡張し、鼻の中にキノコのような異物ができてしまうのです。

こうしたことから、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の人や、アレルギー性鼻炎や気管支ぜんそくのある人がかかりやすい病気であるといえます。

鼻茸かな? と思ったら

長く続く鼻水や鼻詰まり、頭痛などの症状は本当につらいものです。病院に行く前に自分でできる応急処置は、蒸しタオルで鼻や頬の周囲を温めることです。血行が良くなり、鼻の通りがよくなるので、鼻詰まりの症状が軽減されます。

また、鼻うがいも効果的です。鼻から専用の洗浄剤や生理食塩水を注入して、ウィルスや膿を取り除く方法です。鼻の奥まで洗うことができるので、鼻をかむよりすっきりします。

鼻うがいをする時には真水で行わないでください。人間の体液と同じ0.9%の食塩水で行うか、市販の洗浄液を使用するようにしてください。

ぬるま湯で作った食塩水を片方の鼻から吸い込み、口から吐き出します。その後で軽く鼻をかむと、驚くほど鼻がスッキリし、頭痛などの症状も和らげることが期待できます。

鼻茸の治療法

鼻茸が小さい場合は、応急処置を続けながら自然治癒することもあります。しかし、様子を見ても症状が治まらない場合、耳鼻咽喉科を受診する必要があります。

軽度の鼻茸では、抗生剤や消炎酵素剤を服用します。その他に、ネプライザー療法と呼ばれる、抗生剤や血管収縮剤を含む薬液を霧状にして鼻から吸い込み、鼻腔や副鼻腔に送り込むという治療法もあります。

また、アレルギーが原因と考えられる場合には、内服薬だけでなく点鼻薬が処方されることもあります。いずれの場合も長期にわたって服用し、医師の指示に従って治療を続けることが大切です。

こうした保存療法でも効果が見られない場合、手術を行うこともあります。鼻茸を取り除くだけでは再発することが多いので、鼻内副鼻腔手術を内視鏡で行い、病巣そのものを切除します。

局所麻酔で日帰り手術のケースが多いようですが、場合によっては入院も必要となります。手術強い抵抗がある方には、漢方薬を服用するという方法もあります。

体質改善の漢方薬療法を続けるうちに鼻茸がしぼんでいき、くしゃみとともに取れてなくなってしまうということもあるようです。
ただし自己判断で使用せず、専門の漢方医の指示に従うことが大切です。

鼻茸の予防法

ここまで述べてきたように、鼻茸は蓄膿症やアレルギー性鼻炎などで鼻の粘膜に炎症が起こり、それが悪化したことでできてしまうものです。

つまり、鼻茸を予防するためには、風邪や鼻炎を悪化させないことが最も重要です。乾燥した季節や花粉の季節にはマスクをしてウィルスや花粉をブロックしましょう。

それでも鼻水、鼻詰まりの症状が出てしまったら、早めに耳鼻咽喉科を受診し、しっかりと治療するようにしましょう。鼻うがいは、予防にも効果的です。

鼻粘膜に付着した花粉を洗い流してくれる他、蓄膿症の改善、風邪の予防にもなります。製薬会社から簡単に鼻うがいができる製品も出ていますし、上手に利用して鼻茸にならないように心がけましょう。

 - 鼻の病気・怪我