アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

心がけ一つで腱鞘炎予防!繰り返しの動作は危険

      2017/01/18

腱鞘炎予防

腱鞘炎は本名を狭窄性腱鞘炎(きょうさくせいけんしょうえん)という事をご存知でしょうか?

そして、そんな、腱鞘炎を2つに分けるとドゥケルバン腱鞘炎と弾発指があり、ドゥケルバン腱鞘炎は、手首部分の炎症。弾発指は、指付近の炎症を指します。

腱鞘炎の症状

腱鞘炎の主な症状は、その痛みです、物を持ち上げた時に感じる手首の痛み。また、パソコンのキーボードを打っている時や楽器を演奏している時に感じる指の痛みは、主に腱鞘炎の症状になってきます。

とは言っても、これらの痛み全てが、腱鞘炎と言うわけではありません。例えば、そんな手首の痛みの中でも、親指を内側に入れて握りこぶしを作り、その握りこぶしのまま、手首を小指の方向へ傾けた場合、痛みを生じた際は、腱鞘炎の可能性が非常に高くなってきます。

その為、「もしかして、腱鞘炎かな?」と思うような痛みが生じた際は、このような簡単なテストを行い、実際、腱鞘炎なのか判断すると良いかと思います。

そして、この腱鞘炎の痛みにおいては、我慢する事ができないほどの痛みから、我慢する事はできるものの、物を持ったりする際に苦痛を感じる日常生活に支障を及ぼす程度まで、段階的な痛みになっています。

腱鞘炎の原因

腱鞘炎の主な原因は、同じ動作を繰り返す事で、指や手首に負担をかける事が原因になる場合が最も多く、ピアニストやデスクワークが主な仕事の人などにおいては、いわば、職業病だとも言える、そんな、痛みになっています。

同じ動作を繰り返す事で、指や手首の筋肉は、筋肉疲労を蓄積してしまいます。その後、疲労が溜まる事で、筋肉は硬直し、炎症を起こしてしまい、結果、腱鞘炎になってしまうのです。

その為、腱鞘炎にならないようにする為には、できるだけ、手首や指に負担をかけないようにすると言う事が大切です。

また、腱鞘炎の場合、男性に比べ、女性の方がなりやすいとも言われています。

その原因は、女性ホルモンにも大きな関わりがあるとも言われ、産後、赤ちゃんを抱っこする際に腱鞘炎になりやすい事も、そのホルモンが原因だとも言われているのです。

その他、もともと、筋肉が弱い人や糖尿病の人なども腱鞘炎になりやすいと言われています。

腱鞘炎を引き起こす可能性の高い動作

腱鞘炎の治療法は、治療法と言っても、一般的には、湿布を貼るといった程度しかありません。病院に行く事で、電気治療やマッサージと言った治療を受ける事も可能ですが、実際、効果がてき面と言った治療方法ではなく、あくまでも、痛みを緩和する事が目的の治療になってきます。

また、どうしても、痛みが治まらない場合は、テーピングを巻き、固定する事で、痛みを緩和させる事が可能になっています。

それでも、どうしても、腱鞘炎が治らず、苦痛に感じる事が多い場合は、手術をするといった方法も選択する事が可能になっています。

腱鞘炎の治療法

腱鞘炎の治療法は、治療法と言っても、一般的には、湿布を貼るといった程度しかありません。病院に行く事で、電気治療やマッサージと言った治療を受ける事も可能ですが、実際、効果がてき面と言った治療方法ではなく、あくまでも、痛みを緩和する事が目的の治療になってきます。

また、どうしても、痛みが治まらない場合は、テーピングを巻き、固定する事で、痛みを緩和させる事が可能になっています。

それでも、どうしても、腱鞘炎が治らず、苦痛に感じる事が多い場合は、手術をするといった方法も選択する事が可能になっています。

腱鞘炎の予防法

腱鞘炎の予防法は、とにかく、手首や指を酷使しないと言う事が第一になってきます。

腱鞘炎の場合、一度、なってしまうとそう簡単に完治する事が難しいとも言われています。
その為、日常生活の中で予防していく事が大切なのです。

楽器を弾く際や仕事で、手首や指を使い続ける際は、自分で時間を決め、適度にストレッチをし、手首や指の運動を行う事をお勧めします。ストレッチを行うだけでも、随分、腱鞘炎を予防する事ができるかと思います。

 - 手・腕の病気 , ,