アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

ビダール苔癬の原因とは?カサカサ肌の原因を知ろう

      2017/01/13

ビダール苔癬

ビダール苔癬は湿疹の一つです。

名前もあまり一般的には使われていないので、なにかしら近くの人と話をした時などに、世間話で話されたりしない限り、テレビやラジオの健康コーナーでもなかなか取り上げられることない症状です。

ビダール苔癬の症状

首の後ろの辺りに好発して、苔癬状の硬くて厚い盛り上がりのある発疹が特徴的な疾患です。

一般的に首の後ろ側や太もも、陰部などに良く現れます。

皮膚が肥厚した発疹が特徴的になります。時には色素沈着や色素脱失を起こしてしまい、皮膚の色が灰白色になるケースもあります。

最初は、均一の赤い丘疹が現れて、それを掻いてしまう事で複数の丘疹が徐々に集まってきて、平坦で厚くて乾燥した苔癬を形成します。

ビダール苔癬の原因

今のところは原因がはっきりしていない症状になります。

考えられるものとしては、ネックレスなどの金属によるアレルギーや毛染め剤・パーマ剤・ヘアケア剤など。

衣類やワイシャツの襟による刺激や掻き傷。ストレス。シャンプーやリンスのすすぎ不足。紫外線。

このような事から何らかの刺激を受けることでビダール苔癬が発症していると考えられています。

ビダール苔癬になってしまったら

対処方法は、掻きむしらないように注意が必要です。

後は、原因となっている物事を特定する必要があります。

原因がわからない限りいろいろと検査したりしなければいけませんので時間とストレスがかかります。

自分でできる事としては、ネックレスなどの貴金属と考えられたら極力避けて、毛染めなどが原因と考えられる時はその旨を医師に報告・相談しましょう。

肌にとって刺激となるようなものも極力さけるようにしましょう。

ビダール苔癬の治療法

皮膚科の病院へ受診すると、問診時に今までのいきさつを聞いたり、病状の観察など行い、原因を調べます。

薬物治療としては、外用薬のステロイド剤やプロトビック軟膏やテープ剤を処方されます。

漢方薬を処方される病院もあります。

病院によって処方される薬が異なる事があるので固定概念はもたないようにしましょう。

痒みがひどい時には、抗ヒスタミン剤の内服薬や抗アレルギーの内服薬も処方されます。

そして先生から注意事項として、患部を掻かないように指示が出ます。

ビダール苔癬の予防法

予防法としては、原因が発見できた時はその原因を除去する事が大切です。

原因がわからない場合は、日常生活にて痒みが出ない努力が必要になります。

病院で処方された処方薬はきちんと服用して、まずは患部に刺激を与えないようにしましょう。患部を掻かない事はまず第一です。

あわせて、爪をきれいにしておくことも必要です。爪の先端は丸く切って清潔にしておきましょう。

皮膚をきれいに保つために入浴を考えられると思いますが、入浴時に暑いお風呂や長時間の熱いシャワーを患部に当てる事はやめましょう。きれいにするつもりが刺激になり、痒みが発症する原因になる事もあります。

食事においても、辛い食べ物や香辛料の強い食べ物は控えましょう。飲酒も控えましょう。

血行促進に伴い、血管の拡張がおこり体全体が火照ってくると、痒みを誘発する事があるので気を付けましょう。

 - 肌トラブル・皮膚の病気