アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

虫歯の進行レベル別・症状と治療法まとめ

      2017/01/13

虫歯の進行レベル別・症状と治療法まとめ

歯の検診を受けた時に「斜線」や「C」などという言葉を聞いた覚えはないでしょうか?「C」は虫歯のこと。

虫歯は、その進行度合いに応じてCOからC5までの6段階に分類されます。数字が少ないほど症状は軽く、最も悪い状態であるC5は末期状態とも表現できるものです。

今回は虫歯の進行レベルに応じて症状と治療法について解説いたします。

C0 ~適切なケアを続ければ大丈夫!~

要観察歯といわれる状態で、虫歯としては最も軽く、適切なブラッシングなどを行うことによって、進行を食い止められる状況です。

虫歯の原因となるミュータンス菌によって歯のエナメル質が欠けている状態であり、穴が開いている状態には達していないため、痛みも伴わず、この段階では歯を削るなどといった特別な治療を受ける必要はありません。

歯科で専門的な処置を受けることでより安全で確実に虫歯への発展を抑制することができますが、基本的にはしっかりと歯磨きをすることによって、自然に治癒し、健康的な歯を取り戻すことができます。

C1 ~虫歯が進行しているので要注意!~

C1は虫歯が進行し、象牙質には達さず、エナメル質が侵されかけている状態です。この状態では歯が柔らかくなってしまっていたり、場合によっては穴が開いてしまうこともあります。

C1では自覚症状を覚えることはまずありません。そのため見逃してしまいがちですが、それだけにさらなる重症化を招いてしまうケースも少なくありません。

この段階での治療は、患部を削って詰め物をするといった、非常に軽度で痛みも伴わない治療法がとられます。また、症状が軽度である場合には経過観察といった処置が取られることもあります。

虫歯はこの段階までに治療することが理想的です。しかし、C1まででは自覚症状がないため、虫歯だと気づくこと自体が難しく、日頃から歯科医での定期的な検診を受けておくことが予防のために最も効果的であるといえます。

C2 ~自覚症状あり!~

C1よりも虫歯の進行が進み、虫歯がエナメル質だけでなく象牙質にまで達した状態です。見た目では健康的であっても、実は奥が蝕まれていることも多く、それまでの軽度な症状と異なり、冷たい物や水が患部に触れることでしみるといった自覚症状も現れることがあります。

C2に達した虫歯の治療法は、その部位や虫歯の大きさによって対処方法が変わります。基本的には削って詰めるといった作業になりますが、この範囲はC1までと比較して大きなものとなるため、麻酔が必要となる場合もあります。

C3 ~すぐに治療しましょう~

C3にまで達するとさらに症状が悪化し、一般的に想像される痛い虫歯という状況に陥ります。その理由は、虫歯が象牙質を超え、歯の神経にまで達している状態であるからです。

穴が開いたといった目に見える大きな症状がなかったとしても、C3の状態にまで達してしまっている虫歯は多く存在するため、見た目に変化がないからまだ大丈夫だろうなどと侮ることはできません。

痛みの症状としては、冷たいものがしみるというだけでなく、歩いたり走ったりすることでズキズキと痛んだり、ひどい場合では何もしていなかったとしても痛み出すケースもあります。

C3の治療方法には、麻酔を使用する場合が多くなります。歯の神経を除去する必要が出てくるため、その場合には麻酔を使用しなければ治療に激しい痛みを伴うこととなります。抜歯は免れられるケースがほとんどですが、セラミックを被せるなどの処置をとることとなります。

C4 ~かなりマズイ状態~

象牙質や神経といった問題を通り越し、虫歯が歯槽骨にまで達してしまった状態がC4です。こうなってしまうと歯そのものの問題だけでなく、歯茎にも悪影響を与えてしまい、炎症などの症状を引き起こしてしまうことがあります。

また、神経を突き抜けてしまっているため、痛みを感じないまでの状況にあるケースも多く見受けられます。これを改善されたと勘違いしてしまう方もおりますが、実際は重篤化しています。

C4にまで達してしまった歯は、従来まででは残念ながら抜歯という処置を取られてしまうことがほとんどでしたが、最近では極力抜かないという方針を持った歯科医が増えており、保存療法についても期待することができます。

C5 ~取り返しのつかない末期状態~

虫歯の中で最悪な状態といえますが、虫歯はC4までに分類されるケースがほとんどです。治療後に根尖病巣という歯の末期症状ともいえる状態を迎えると、C5の状態とされることがあります。

この場合では、再び患部を切除し、薬を詰め直すといった処置がとられます。

 - 口・歯の病気