アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

目がゴロゴロして違和感を感じたら翼状片かもしれません

      2017/01/13

翼状片
何だか目がゴロゴロし、ゴミが入ったような異物感を感じる、そんな経験はきっと誰もがあると思います。

それはもしかしたら病気かもしれません。あまり軽視せずにまずは鏡で違和感を感じた瞳をじっくりと見てみて下さい。

「翼状片」という目の病気をご存知でしょうか。あまり聞きなれない病名かもしれませんが、誰もがかかる可能性のある病であるため、未然に防ぐポイントをピックアップしながら翼状片についてまとめてみたいと思います。

翼状片の症状

翼状片とは、目頭付近の結膜組織が異常に増殖して黒目の上に伸びてかぶさるような状態になる病気です。良性の疾患のため命に関わる危険性はなくホクロなどと同じ部類に属しますが、悪化することで乱視や視力低下を引き起こす恐れがあります。

また、まぶたと眼球が癒着しやすくなるため、視線を動かしにくくなる症状もあらわれます。

自覚症状としては、目の表面に凹凸ができるため目がゴロゴロするような異物感や不快感を感じるでしょう。目が疲れやすくなったり充血したりして気づくこともあります。

なお、症状は目だけでなく、肩こりや頭痛を併発することもあります。

翼状片の原因

原因は、長い間紫外線を浴び続けることにより発症すると言われています。中高年に多くみられがちですが、50代頃に突然発症するというよりは、幼い頃からの長年の紫外線ダメージの蓄積から発症すると考えられています。

農作業者や漁師など、屋外で長い時間紫外線を浴びている方は注意が必要です。

また、コンタクトレンズを常に使用するなど、日頃から目の負担が大きい場合は目に対する刺激が強いと悪影響を受けやすいため、翼状片にかかりやすいと言われています。

翼状片の治療法

初期症状で異物感を感じる場合は点眼薬を使用しますが、異物感をなくすためのものであって治療のためのものではありません。なぜならば、今のところ進行を食い止める薬がないからです。

そのため、症状の進行具合を確認しながら黒目の上に侵入した結膜組織を、手術で取り除き治療する流れになります。

しかし、手術をしたからといって安易に安心することは禁物です。

翼状片は再発率が高いことで知られており、単に切除しただけでは数ヵ月の間に再発するとも言われていますので、再発を防止するための処置を織り交ぜながら治療をすることがカギとなってきます。

なお、再発防止策としては主に、「結膜移植」「放射線治療」「薬剤治療」の三点があげられます。

結膜移植とは、切除後に正常な結膜組織を移植する方法です。

放射線治療はその名の通り、翼状片を切除した後に結膜組織がまた異常に増殖することを防ぐ目的で、放射線を照射する方法です。

最後の薬剤治療は、抗がん剤の一つである薬を塗布して防ぐ方法です。翼状片の治療は、術後の経過を観察しながら再発を防ぐことが最も重要なのです。

翼状片の予防法

予防策としては一番の原因である紫外線から目を守ることが重要なポイントになるでしょう。

太陽が一番高く上がる10時~14時頃が最も多く紫外線が降り注ぐことで知られていますが、実は目に入ってくる紫外線の量は、早朝や夕方の方が多いとされているのです。

それは、目線の先に太陽が位置する時間帯だからです。そのため、早朝や夕方に外出する際には、帽子やサングラスなどで紫外線から目を守ることが大変効果的といえます。

そして、あまり目に負担がかからない生活を心がけてください。翼状片は目に対する長年のダメージの蓄積が原因ですから、日頃の注意ひとつで予防できる病なのです。

 - 目の病気・怪我