アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

体臭の原因は6つ!しっかりとニオイ対策しよう!

      2017/01/13

体臭の原因は6つ!しっかりとニオイ対策しよう!

人の体臭が気になることはあっても、自分の体臭はよく分からなかったりするものです。

一方で、自分には他人に気にされるような体臭がないにもかかわらず、体臭があるのではないかと気になってしまったり、話題に出すことははばかられ、なかなか扱いが難しいのが体臭という問題ではないでしょうか。

ここではその体臭の原因や対処方法を詳しく見ていきましょう。

体臭の原因

・汗臭さ
多くの人にありえる体です。人間には、エクリン腺とアポクリン腺と呼ばれる二つの汗腺があり、そこから汗が分泌されますが、これはエクリン腺から出る、普通の汗(暑い時に身体を冷やすための汗)が原因となって発生します。

普通の汗では、体内のミネラル分を失わないように、汗にはミネラル分はほとんど含まれていないのですが、汗のかき方が下手な人は、水分と共にミネラル分も放出してしまいます。これが皮脂などと混ざってニオイとなるのです。

足の裏の強烈なニオイが気になる人も多いかと思いますが、それは足の裏には多くのエクリン腺があることが関係しています。さらに皮膚の角質が剥がれやすいため、それを餌にしている常在菌にとっては好ましい環境なのです。

加えて、靴や靴下などで通気性が悪いため、多量の汗で蒸れてあのようなニオイになってしまいます。

・ワキガ
こちらも、汗臭さの一種ともいえますが、体臭の中でも、相当タチが悪いもので、強い異臭や刺激臭を放ちます。こちらは、人間に二つある汗腺の内の、脇などにあるアポクリン腺から出た汗が原因となります。

この汗は興奮や緊張などの際にかく汗で、その成分(タンパク質やアンモニア、糖分)に皮膚に常在している雑菌が繁殖することでニオイが発生します。日本人にはどちらかと言えば少ないとされていますが、だからこそ悩みが深い症状といえるでしょう。

・加齢臭
中年以降の年齢になると増えてくるニオイです。脂臭さや青臭さとも表現されます。中年以降に増える過酸化脂質や脂肪酸の分泌に、皮膚に常在する雑菌などが絡むと、脂肪酸がノネナールに変化し、それが加齢臭の原因となります。

特に食生活や喫煙、飲酒、ストレスなどが強く影響するといわれています。

・食事による体臭
食事が体臭の原因となることがあります。香辛料のたくさん入ったカレーや肉類を中心に摂取することなどでニオイが発生します。

・病気による体臭
皮膚炎や糖尿病、腎臓機能の低下、便秘などの症状が原因となって、ニオイが発生することがあります。

・自臭症
全く気にすべき体臭がないにもかかわらず、そのようなニオイがあって周囲に迷惑をかけていると思い込んでしまうもので、実際にはニオイはありません。

原因別・体臭の治療法

・汗臭さへの対策
汗をかくこと自体は病気ではありませんが、汗のかき方をコントロールする訓練で、ミネラルの少ない、いい汗をかくことができるようになります。これにより汗臭さが改善できます。

方法としては主に二つあり、半身浴による方法と運動による方法があります。半身浴は、高い温度のお湯とぬるいお湯に浸かります。また、日常的に運動をして汗をかくことで、いい汗をかけるようになります。

・ワキガへの対策、治療
ワキガの場合、病気という側面もありますので、根本的には治療することが理想的です。具体的には、塗り薬や飲み薬による治療や注射による治療、電気針による治療、手術による治療があります。

塗り薬や飲み薬は軽度のワキガに選択されます。いずれも制汗効果があり、飲み薬は、精神や自律神経に働きかけることで汗の分泌を抑えます。

注射は軽度から中度のワキガに使用されます。いわゆるボトックス注射と呼ばれるもので、汗の量を減らす作用があります。電気針も同様の状況で使用します。これはアポクリン腺と皮脂腺を同時に破壊して、ワキガを治療します。

重度のワキガには、手術形式でアポクリン腺を除去する必要があります。

・加齢臭への対策
生活習慣の改善が中心になります。禁煙や飲酒量を減らすこと、野菜を多く摂ることなどです。

・食事による体臭への対策
原因となる食事を減らすか、加齢臭同様、野菜などを多くとることで改善します。

・病気による体臭
各病気そのものを治療することで、体臭を改善します。

体臭の予防法

体臭の予防方法としては、身体の外部からの予防と、身体の内部からの予防の二つの方法があり、それぞれを組み合わせて行うこともあります。

・身体の外部からの予防
特に肌を清潔にしておくスキンケアが重要となります。入浴や汗拭きシートのようなもので、体臭の原因となりやすい汗を除去します。汗や細菌などの原因物質を洗い流したり殺菌して、ニオイも取り去る、体臭に効く石鹸やボディソープも市販されているので、利用するのもいいでしょう。

また、制汗成分などを皮膚に塗ったりつけたりすることで、汗自体を外部から減らすという方法もあります。

・身体の内部から予防する
肉類の摂取を減らし、野菜を多くし、刺激物を減らすなどの食生活の改善や、禁煙し、規則正しい生活を送るなどの生活習慣の改善が挙げられます。ニオイそのものの原因除去やいい汗をかく習慣をつけるという意味があります。

またストレスや緊張状態を緩和して、精神的な理由での発汗を減らすことも重要となります。特に、汗のニオイに効くサプリメントも多く出ていますので、それを服用するというのも手です。

体臭ケアで注意すべきこと

体臭ケアのやりすぎは逆に体臭を悪化させることがあります。というのも、清潔にしすぎることで皮膚の水分が失われ、皮脂がより分泌されるようになったり、皮膚のいい常在菌が洗い流され、悪い菌が繁殖して体臭の原因となったりするからです。

体臭をあまり気にしすぎることもまた、体臭悪化の原因になりかねませんので、ほどほどに気にするという感覚が重要です。

 - 体臭