アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

疲れ目、肩こりで悩むあなた、それ遠視が原因かもしれませんよ

      2017/01/13

疲れ目、肩こりで悩むあなた、それ遠視が原因かもしれませんよ

遠視というのは、目が屈折する力が弱くなり、網膜のピントが正しく合わなくなる症状のことを指します。

屈折した光の焦点がきちんと網膜に来てくれないと、カメラでいうピンボケ状態になってしまい、対象物をはっきりと見えなくなってしまうのです。

遠視の症状

「遠視」というと、多くの方々が遠くのものが見えて、近くのものが見えないといった誤解をしているケースが多いのですが、遠視は近い遠いには関係なく、単に焦点が合っていない症状のことを言います。

この遠視の状態がひどくなってしまうと、ピントを合わせようと目は必要以上に調節しようとするため負担が増えてしまい、疲れ目に陥ってしまいます。そして、さらにひどくなると、頭痛や肩こりといった症状を引き起こしてしまう場合もあるのです。

遠視の原因

では、遠視というのはどんなことが原因で起こるのでしょうか。

実は、太古の時代、広い草原や大きな海原で生活していた人間のほとんどが遠視だったという説があり、今でもこうした生活をする遊牧民や一部の民族たちには遠視の症状が見られます。

しかし、ほとんどの人間はこうした生活をしていないことから、現代人の遠視は遺伝によるものと考えられています。

その遺伝による原因である遠視ですが、実は子供に多く見られます。しかし、子供の遠視は目の成長不足によるものなので、大人に成長していく過程の中で治ってしまうのがほとんどです。

子供の遠視の場合、3歳児検診などで見つかることが大半ですが、弱い遠視というのは発見されない場合もあるため、視力低下を指摘された場合は精密検査を受診された方がよいでしょう。

遠視の治療法

前述したように、子供に多くみられる遠視ですが、子供に遠視が発見された場合、医師はメガネを処方するため、まず、メガネで矯正を行ない、ピントが合った光をきちんと網膜に取り入れて、視力回復を目指していきます。

遠視は近視とは違い、例えば細かな文字で書かれた本や漫画は読んではいけないなどの注意は特にありません。

メガネでしっかりと矯正されていれば、細かな文字で書かれた本や漫画など、子供が読んでみたくなるような本をあえて使うことで目を使ってゆき、多くのピントの合った光を網膜に送ってあげることで治療の効果をむしろ高めることができます。

ただし、これはその子供の症状によっても治療法は違うので、まずは医師に相談してみるのがよいでしょう。

遠視と老眼の関係

遠視というのは網膜の後ろの方でピントが合ってしまうといった屈折異常のことを指し、遠くについてはピントの調節力が足りているためまだ見えるのですが、近くについては調節力が弱まってしまうため見えづらくなります。

一方、老眼は加齢、つまり老化によってピント機能が低下してしまい、調節できる範囲が狭まってしまいます。

これによって、遠くが見える人は近くのものが見えなくなってしまい、近くが見える人は遠くのものが見えなくなってしまいます。

遠視は遠くの対象物も近くの対象物もピント調節が必要になることから疲れやすい目になってしまうのが特徴です。

一方、老眼は誰もがかかりうる目の老化現象で、40歳前後からはじまるのが特徴とされています。

 - 目の病気・怪我