アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

足組み、頬杖、癖になっていませんか? 椎間板ヘルニア予防法

      2017/01/13

足組み、頬杖、癖になっていませんか? 椎間板ヘルニア予防法

広い年代で症例が見られる椎間板ヘルニアですが、普段の生活習慣や日常的な動作が原因で引き起こされてしまいます。

今回は椎間板ヘルニアについて、様々な種類と原因、症状、さらに治療方法や予防方法について紹介いたします。

椎間板ヘルニアの症状

・腰椎椎間板ヘルニア

脊椎の腰椎の椎間板が潰れてしまうことで生じる椎間板ヘルニアです。

発症の引き金は、重い物を急に持ち上げたり、勢いのあるくしゃみです。特徴的な症状は、激しい腰痛と下肢への痛み、しびれが挙げられます。この痛みは神経の圧迫や刺激によって引き起こされるものです。

症例は20~40代が多く、女性より男性の発症例が数倍あるのが特徴の一つです。

・胸椎椎間板ヘルニア

頸椎と腰椎の間にある胸周辺の胸椎に生じる椎間板ヘルニアです。

原因は胸椎への過度な負担ですが、日常生活ではあまり負担のかからない部位であるため、発症例は極めて稀で、原因不明であることが多いです。

可能性として挙げられる原因は、加齢や交通事故です。はっきりとした症状がなく、腰椎椎間板ヘルニアなどと違い、腰痛が出たりといったことはありません。徐々に手足のしびれや麻痺といった症状が現れてきます。

・頸椎椎間板ヘルニア

7個ある頸椎の中でも、最も動きが大きい第4~6頸椎の椎間板に生じるケースが多いです。

首への過度な負担が原因となります。長時間のデスクワークや重労働、ラグビーなどのスポーツで生じることが多いです。具体的な症状としては、首の痛み、背中の痛み、肩こりを伴い、特に首を後ろに動かした際に激しい神経痛が走るのが特徴です。

さらに症状が酷くなってくると、手足の痺れや脱力、更には排泄障害まで生じることもあります。患者は40~50代に多いのも特徴です。

椎間板ヘルニアの原因

それでは椎間板ヘルニアは一体どのようにして発症するのでしょうか。

まずは椎間板の機能や構造について確認していきましょう。そもそも椎間板とは、脊椎を構成しているそれぞれの脊椎骨の間にある組織で、脊椎の安定性を保ったり、脊椎に加わる衝撃を吸収、緩和といった働きをしている組織です。

そしてこの脊椎は、合計24個の脊椎骨(頚椎7個、胸椎12個、腰椎5個)から構成されており、それぞれに椎間板が存在しています。この椎間板には、中心部にゼラチン状の髄核と呼ばれる組織があり、その回りを囲むように繊維輪という組織が並んでいます。

椎間板ヘルニアは、椎間板の一部分が膨隆したり、髄核が周囲の繊維輪に飛び出す症状のことをいいます。椎間板ヘルニアの症状が起こるのは、椎間板に過度な負担がかかり、椎間板が潰れてしまうことが原因なのです。

例えば、肥満や筋力の衰え、長時間同じ姿勢でいる、腰椎捻挫、前屈みの姿勢などです。また姿勢の悪さも脊椎に負担をかけてしまうので、椎間板ヘルニア発症の原因となります。

椎間板ヘルニアかな? と思ったら

椎間板ヘルニアと思われる症状がある場合は、安静第一です。これ以上負荷がかからないようにしましょう。激しい腰痛に見舞われてしまった場合は、膝を立てて横になりましょう。そうすることで背骨が反らずに丸くなるので、腰への負担が緩和されます。

さらに可能であれば、アイシングで患部を冷やしましょう。この時に使うのは冷湿布などではなく、氷がベストです。痛みがある間は患部が炎症を起こしているため、お風呂に入るなどして温めるのは逆効果になってしまうので注意が必要です。

2~3日様子を見て、それでも症状が改善されない場合は、整形外科での受診をおすすめします。

椎間板ヘルニアの治療法

椎間板ヘルニアは、必ずしも手術をしなければならないというわけではありません。治療には症状を悪化させないように状態を維持する保存療法と手術療法があります。

椎間板ヘルニアを完治させるためには、手術は有効な手段ですが、中には手術を受けずに放置をしておいても、数年のうちに自然治癒してしまうケースもあります。

治療の方針は症状の程度にもよりますが、基本的には、まずは保存療法で状態を見ることが優先されます。

椎間板ヘルニアの予防法

椎間板ヘルニアの発症を防ぐには、日頃からの心がけが非常に大切となってきます。特に正しい姿勢を保つことは非常に有効な予防法です。

普段から肘を突いたり足を組んだりしていると、身体の左右のバランスが崩れ、骨盤の歪みが生じてしまいます。そして、その歪みが間接的に椎間板ヘルニアを引き起こす要因となってしまうのです。

重い物を持つ時にも注意が必要です。必ず膝を曲げて腰を落とした状態で重い物を持ち上げるようにしましょう。腰を支点に上体だけで重い物を引き上げようとすると、脊椎に大きな負担がかかってしまい、ぎっくり腰の発症から腰椎椎間板ヘルニアへの発症へとつながってしまいます。

また、ストレッチを行うことで、脊椎への負担を分散させ、発症の予防につながります。

 - 骨・関節の病気・怪我