アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

緊張した筋肉が引き起こす怪我「シンスプリント」の症状と対策

      2017/01/13

緊張した筋肉が引き起こす怪我「シンスプリント」の症状と対策

シンスプリントという病気を知らない人もいると思います。人は知らないうちに無理をしてしまってそれを気がつかずにいる場合があります。そうすると体は悲鳴を上げ、重大な病気になってしまっている場合があります。シンスプリントもそんな病気の一つです。では、どんな病気なのか紹介します。

シンスプリントとは?

シンスプリントとはスネの内側が痛くなる症状の事です。人によっては外側に痛みが出る場合がありますが、内側が多いのが特徴です。

シンスプリントは部活を始めたばかりやスポーツ、ランニングを始めたばかりの人に起きるため、初心者病とも言われています。新しいスポーツなどを始めるなど環境が変わることで起こる病気です。

慣れていない筋肉を使うため、筋肉の使いすぎ、筋力がないなどが原因になります。

しかし、同じスポーツを始めてもすべての人がなるわけではありません。

トップレベルで活躍している選手でもシンスプリントで悩んでいる人もいるくらい、スポーツをしている人たちの中ではよくある病気の一つです。

シンスプリントの症状

シンスプリントは行っているスポーツも様々なため、症状も一つではありません。

その中でも最も多いのが、スネを中心とした激しい痛みです。

スネの周辺を押したり、歩いたり、走ったりするときに痛みが出る事がほとんどです。

強い痛みが出てしまうこともあるので、症状を放っておくと疲労骨折へと以降してしまう事があるので、油断は禁物です。

足がただ痛いだけだと我慢してしまう人も多く、あまりに放っておくと、骨の変形が起こる事があり、これは一生残ってしまいます。

特に女性は骨の形が悪くなると見た目も悪くなるので、少しでも症状が現れたら対処する事が大切です。

シンスプリントの原因

シンスプリントの原因は筋肉が硬くなり、骨を引っ張る事で起こります。では、痛みを引き起こす筋肉を硬くする原因を紹介します。

●筋肉を蹴るような走り方をするとふくらはぎの筋肉が硬くなりやすくなる
●練習後にアイシングをしていると筋肉が硬くなる
●痛みを我慢しながらストレッチを行っていると筋肉が硬くなる
●自分の足に合っていない靴を履くと筋肉が硬くなる
●プレッシャーを感じる人ほどなりやすくなる

このように、同じスポーツをしている人のでも筋肉を固くする要因を自分で作ってしまっている場合があります。

そのため、同じスポーツをしていてもなる人とならない人が存在します。

もし、自分がこれらに当てはまっていると感じたら、ちょっとずつ改善していきましょう。

シンスプリントの治療法

シンスプリントの治療の基本は安静にすることです。

シンスプリントは脛骨疲労性骨髄炎と呼ばれるように骨膜に炎症を生じる障害の一つです。

ですので、無理な運動はせずに、スポーツを中止してしばらく安静にしましょう。

そして、筋肉を柔軟にするために、マッサージやストレッチをするように言われます。そして、痛みがひどい場合は痛み止めを処方されます。

また、その時の痛みの具合によって、練習量を制限する場合があります。どのような治療をするかは、主治医と相談して休み期間、運動量を決めましょう。

シンスプリントの予防法

シンスプリントの予防法としては、運動前にマッサージやストレッチなどをして筋肉の状態を良くしておくことが大切です。

ストレッチなどをしないですぐに運動を始めると筋肉が固いままで筋肉を使うことになるので負担がかかります。

ですので、やわらかい筋肉を保つ事が一番の予防法になります。

一番簡単で効果的な予防法はアキレス腱伸ばしです。アキレス腱といってもたくさんのやり方によって伸びるところが違うので工夫をしてストレッチをしましょう。

そして、筋力が落ちている場合には、筋力トレーニングを行います。ヒラメ筋を主にトレーニングするためには、膝を軽く曲げた状態での爪先立ちを行いましょう。

シンスプリントを予防するストレッチ法やマッサージ法はたくさんあるので、行ってみてください。シンスプリントは陸上競技、バスケットボール、バレーボールで多く発病しているので、これらの球技を行う場合は特に気をつけましょう。

 - 足の病気・怪我