アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

パニック障害は太陽の光を浴びることでよくなる?!

      2017/01/13

パニック障害は太陽の光を浴びることでよくなる?!

パニック障害は、自律神経失調症の一種であり、誰にでも起こり得る神経の病気です。ストレスの多い生活をしている人ほどパニック障害になる可能性は高く、正しい知識と対処法を身につけておく必要があります。

パニック障害の症状

・動悸
突然心臓がドキドキと激しく動くようになり、中には不整脈が出ます。

・めまい
クラクラと目が回るようなめまいもあれば、脳貧血のように血の気が引くような症状もあります。

・呼吸困難
呼吸がしにくくなったり、ひどくなると過呼吸になります。

・不安感
このまま気が狂ってしまうのではないか、死んでしまうのではないか、という非常に強い恐怖と不安を感じます。不安感から睡眠障害になる人もいます。

上記の他にも手足の震えや冷や汗、寒気や胃腸不良など、人により様々な症状があります。

パニック障害の原因

パニック障害の原因は、脳の誤作動により自律神経が緊張してしまうことにあります。人の脳内にはセロトニンとノルアドレナリンという神経伝達物質があります。

セロトニンは脳からの様々な指令を身体に伝える役割があり、精神を安定させて副交感神経を優位にする働きがあります。ノルアドレナリンは、不安や恐怖心を伝える役割があり、副交感神経を優位にする働きがあります。

ストレスや体調不良などでセロトニンが分泌されなくなってしまうと、ノルアドレナリンが働きすぎてしまいます。身体が極度に緊張をすることで筋肉や血管が収縮してしまい、パニック発作が起きるのです。

一度症状が起きるとちょっとした身体の不調で脳が誤作動を起こしてしまい、パニック障害を誘発しやすくなります。発作があまりにもつらいことから、また不安を起こしたら…と不安に思うことで、精神的に緊張すると余計に発作を悪化させてしまうことになるのです。

パニック障害診断チェック

パニック障害になりやすい人にはいくつかの特徴があります。下記に挙げた項目に当てはまるかどうか、チェックしてみましょう。

  • 急に心臓がドキドキしたり、脈が飛ぶことがある
  • 呼吸がしにくい、息苦しいことがある
  • 胸の辺りが不快に感じたり、痛みを感じることがある
  • 吐き気や胃腸不良があり食欲が出ない
  • めまいやフラフラ感、血の気が引くような感じがすることがある
  • 急に汗が出て身体が熱くなる
  • 寒気がして手足が冷たくなり、身体が震える
  • 喉に物が詰まっているような感覚がある
  • わけの分からない不安感でいっぱいになり、怖くなる
  • 今の自分が夢の中にいるように感じる

上記の症状が複数同時に起こり、それが10分ほど続いて治まるようならば、パニック障害の可能性が高いといえます。

パニック障害の治療法

パニック障害の治療法は、現在のところでは確立されていません。医学的には薬による対症療法となり、あとは自己免疫能力を高めて自律神経の働きを正常に戻す努力をするしかないのです。

薬による対症療法には抗不安剤と抗うつ剤の2種類があります。どちらも精神を安定させて身体に正常な状態を覚えさせることで、脳の誤作動を正していくようにするものです。

抗不安剤は発作が起きた時に頓服として使用します。抗うつ剤は、脳内のセロトニンの状態をコントロールする効果があります。ただし、飲み始めてから効果が現れるまでに2週間~1か月かかるために、その間の対処法として抗不安剤を用いることが多くなります。

精神的な治療方法としては、認知行動療法があります。カウンセリングを受けながら行動をして一つ一つ不安要素を取り除き、自分は健康であるということを脳に認知させることで、脳の誤作動を改善していく方法です。

パニック障害の予防

パニック障害を予防するには、毎日の生活習慣を健全なものにしていくことが大切です。まずはストレスを溜めこまないこと。イライラした状態が続くと、脳から緊張感が伝わり、全身の筋肉が収縮して血流が悪くなってしまいます。

仕事やプライベートで悩みがある人は完璧を求めずに、適度にストレスを発散する方法を考えましょう。

毎日規則正しい生活をして、日中は太陽の光を浴びるようにします。太陽の光を浴びるとセロトニンの分泌が盛んになり、副交感神経が優位になりやすいのです。

パニック障害の人によく見られる症状として、睡眠障害があります。脳は眠ることで昼間のダメージを回復させています。よく眠れる人は脳が活性化するのでパニック障害にはなりにくいものです。

睡眠時間は十分にとり、眠る30分前にはパソコンやスマホなど電子機器は触らないようにしましょう。お風呂で半身浴をして身体を温めると血行がよくなり、質のいい睡眠がとれるようになります。

 - 脳・頭部の病気