アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

放置すれば戻らなくなる!指の関節に起こるマレット変形とは

      2017/01/13

放置すれば戻らなくなる!指の関節に起こるマレット変形とは

マレット変形は野球などのスポーツをしている人に起こりやすいスポーツ障害の一つで、指先の第一関節しか曲がらない症状です。伸筋腱が伸びたために生じるものと第1関節内の骨折が生じて起こるパターンがあります。

野球だけでなく、ソフトボールやバスケットボール、バレーボール、ハンドボールなどをやっていると発症しやすいマレット変形についてまとめてみました。

マレット変形の症状

マレット変形は突き指の一種です。

伸筋腱の損傷または伸筋腱付着部の骨折により起こります。マレット変形の症状は手指の第1関節しか曲がらない状態で、骨折などによって引き起こされた場合は、痛みを伴ったり腫れたりします。

関節は自分の意識で元に戻すことができず、他の指を使うなど外から力を与えることによって元に戻ります。マレット変形の症状には大きく分けて二つあり、指先の骨折などで発症する場合は爪の根元に内出血が生じ、圧痛がはっきりと表れます。

伸筋腱が損傷して引き起こしてしまうタイプだと指の伸展自体はできませんが、痛みが乏しくあまり感じないこともあります。また、内出血もあまりありません。そのため、指先が下がっていることに気がつかないとそのままにしてしまう可能性があるので注意が必要です。

早い段階で手術を施しておかないと、指が変形したままの状態でこれからの生活を送ることになってしまいます。

マレット変形の原因

マレット変形を引き起こす原因としてはスポーツの競技中、特に野球のボールやバスケットボールなどの硬いものが指先を強打する時によって起こります。

野球の中でも、とりわけピッチャーのスピードボールや変化球を受け止めるキャッチャーに好発する傾向があります。野球以外のスポーツでも大きく硬いバスケットボールやラグビーボール、ハンドボールなどを受け取る時に指先を強打することでマレット変形を引き起こすことがあります。

それ以外でも、新体操や空手などの競技の最中に発症するケースもあります。

ケースとしては少ないですが、日常の動作から稀にマレット変形を引き起こすこともあります。衣類を脱ぐ時に起きることが多く、スポーツをしていない主婦の方や社会人でもマレット変形を起こす可能性があるので注意が必要です。

マレット変形の治療法

指先の第1関節が折れ曲がった患部を器具などを使って元の位置に固定させることが一般的とされています。症状によってその固定の方法は様々ですが、指を反らせた状態に保持する装具を1か月半ぐらい装着する治療が代表的です。

ただ、指先の伸筋腱は扁平で癒合しづらいのが特徴で、器具を使って長い時間をかけて接着をしても、再び硬い物が指先に当たった場合には再発する可能性があります。

他には、ワイヤーを用いて指先の腱を骨にくっつけるという手術もあります。スポーツ選手などの場合は器具を装着するとその間プレーに支障が出てくるため、手術を選ぶケースも多いようです。

手術にはそこまで費用もかかならないため、手術を選ぶ方は増えているようです。マレット変形を起こしたら、そのまま放置せずに一度最寄りの病院に行って診断をすることが肝要です。

マレット変形の再発防止

マレット変形の再発を防止をするためには、まずはしっかりと病院に行って診断を受け、マレット変形を完治させることです。先述したように指先の腱はなかなか元に戻りにくいので、治療を施した後も適切なリハビリが必要です。

再発しないために指先を痛めないようにすることは当然ですが、スポーツをする際には、指先を痛めてもマレット変形を起こさないように指先の屈伸を十分に行なったり、直接強打してもダメージを少なくするようにゴムバンドなどを使って指先を鍛えて再発を防止する方法もあります。

また、指先などにテーピングを施して指先を守ることも再発防止につながります。バレーボールやバスケットボールの選手にとってテーピングは必需品といえるでしょう。

マレット変形は球技などのスポーツをやっている選手にとっていつでも起こりうるスポーツ障害ですが、自分の身体をしっかり管理することで未然に防ぐことのできる症状でもあります。

 - 手・腕の病気 ,