アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

切れるとブチッと音がする!?突然起こるアキレス腱断裂

      2017/01/13

切れるとブチッと音がする!?突然起こるアキレス腱断裂

近年は、健康ブームからスポーツやジョギングなどに精を出す人も増えているようです。また、部活やクラブなどで日常的に運動をする環境にある人も多いでしょう。

運動自体は大変いいことですが、運動には危険もつきものです。油断していると、予期しない思わぬ怪我につながることになります。

その1つが、アキレス腱断裂です。

ここでは、快適な運動生活を送るためにも、知っておくと便利なアキレス腱断裂についての知識をいくつかご紹介します。

アキレス腱断裂とは?

そもそも、アキレス腱とは何者なのでしょうか。
アキレス腱とは、ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)とかかとの骨(踵骨)を接着させている腱のことです。別名、踵骨腱とも呼ばれます。

身体の中でもこのアキレス腱はもっとも強靭な腱とされています。アキレス腱によって、人間の歩行やその他の運動機能を支えてくれているのです。

ですが、運動や何らかの衝撃で大きな力が加えられることによって、アキレス腱に負荷がかかりブチッと断裂してしまう恐れがあります。

これがアキレス腱断裂の正体です。老若男女関係なく、誰しもに起こり得ます。

アキレス腱断裂の症状

アキレス腱断裂の症状としては以下のようなものがあります。

・ふくらはぎ痛み
・かかとの痛み
・つま先立ちができない
・ふくらはぎを指で押すとへこんでいる感じがする
・内出血がある

特に受傷時の痛みは激しく、思わず大声を上げてしまう人も少なくありません。

また、受傷時は伸びきったゴムが切れるようなブチッという音が聞こえる場合もあるようです。アキレス腱はそれだけ、大きく強い腱だということですね。

痛みはありますが、実は骨折のように歩行ができない・足首がまったく動かせない、というような深刻な症状は比較的少ないようです。

なので、「そのうち治るだろう」安易に考えて、放置しがちなことも特徴の1つです。

ですが、実はアキレス腱断裂かそうでないかを、いくつかの症状から見分ける方法があるのです。

アキレス腱断裂かそうでないかを自分で確かめる方法は、実際に指で軽く押さえてみること、です。受傷時に切れるような音がして、押したときにへこみや痛みの症状がある場合は、ほぼアキレス腱断裂と考え良いでしょう。

また、歩行はできるけど、つま先立ちができない、というのも大きな特徴です。

アキレス腱断裂の原因

アキレス腱断裂は何の前触れもなしに起こる場合と、前兆があって起こる場合があります。

その違いは、主に年齢の違いによるものと言われています。若者の場合は、急な運動によるものが原因とされています。

たとえば、

・急に勢いよくダッシュした
・準備運動をしないままジャンプなどの強く踏み込む運動をした
・足をねじるような無理な体勢で急に動いた

というような場合です。これは、急に動くと、ふくらはぎの筋肉が一気に収縮することが原因です。

前述したように、アキレス腱はこの筋肉とつながっているため、その運動に耐え切れず断裂してしまうのです。

一方、中高年の場合は、こうした急な運動も原因になり得ますが、老化も1つの原因と言われています。

アキレス腱を組織するのは、主にコラーゲンなのですが、老化はこのコラーゲンの生成・働きを弱める大敵とも言えるものです。

コラーゲンが不足すると、アキレス腱が硬直しやすくなることに加えて、伸縮性も柔軟ではなくなってきます。

つまり、若い時よりも断裂しやすくなる、ということです。このことからも、老化はアキレス腱断裂に注意せねばならない、1つの前兆と言えるでしょう。

さらに、アキレス腱炎という症状も前兆としてあります。アキレス腱炎とは、アキレス腱がわずかですが、部分的に断裂してしまっている状態のことです。

少し前に激しい運動をした覚えがある、以前にアキレス腱を断裂した経験がある、という人はアキレス腱炎が生じやすい状態にあります。

さらに、老化もアキレス腱炎を生じさせる確立を高めます。

軽い痛みなどが生じていることを放置して、運動を続けてしまうと、このアキレス腱炎がきっかけでアキレス腱断裂につながってしまう恐れがあるのです。

アキレス腱断裂の多いスポーツとシチュエーション

アキレス腱断裂になる可能性が高いスポーツの特徴としては、ジャンプとダッシュが動作の中心となるスポーツです。

バスケットボール、テニス、サッカー、バドミントンなどがその例でしょう。

やはり、急な動作・素早い動作をするスポーツがなりやすい傾向にあるようです。

アキレス腱断裂が引きおこりやすいシチュエーションの1つとして、準備不足の状態があります。ストレッチや準備運動をしないままに、こうした急激な素早い動作をすることは危険です。

筋肉が十分にほぐれておらず、足に過度な負担がかかってしまうからです。激しい運動の前はしっかりと身体をほぐすことが大切です。

アキレス腱断裂の治療法

アキレス腱断裂は、受傷時には激しい痛みを生じますが、その痛みが長期に続くことはあまりありません。ただ、完治するためには時間がかかりますので、適切な治療方法が必要です。

治療の方法は大別して2つあります。
それは、保存療法と手術です。

保存療法としては、ギプスや装具で足を固定する方法です。アキレス腱の回復を自然治癒に任せて行われるので、いうまでもなく時間は当然かかります。

大体2~3か月が標準的な装着期間だそうです。装具を使うため、装具療法とも呼ばれます。

そして、手術による治療。細かく分けると手術の種類はいくつかあるようですが、共通しえいるのは「切れたアキレス腱を縫って接合する」という手法です。断裂がひどい場合は手術による治療が一般的ですが、治るまでの期間は保存療法よりもかなり早い場合もあるようです。

いずれの治療法で回復したとしても、痛みや再発の後遺症は十分にあり得るようなのでその後のケア・予防が大切になります。

アキレス腱断裂の予防法

予防法としてもっとも基本的で大切なことは、運動前のストレッチを怠らないことです。

足首を入念に回す、屈伸運動をゆっくり行う、アキレス腱を伸ばす、激しい運動に入る前に軽く走る、などの柔軟運動は欠かせません。自分でルーティンのような定まった運動を決めておくのも良いかもしれません。

こうした軽い運動は、老化予防にも役立ちますので、一石二鳥とも言えます。

また、自分に合った靴を選ぶこともポイントです。バランスがうまく取れなかったり、へんなところに力が入ってしまったりというような状態では、筋肉・アキレス腱に余分な負担がかかってしまいます。

ここで紹介した知識、予防法を日ごろから実践して、安全で楽しい運動習慣を送ってください。

 - 足の病気・怪我