アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

テレビで聞く、サッカー選手に多い怪我「半月板損傷」ってなに?

      2017/01/13

テレビで聞く、サッカー選手に多い怪我「半月板損傷」ってなに?

半月板損傷とはあまり聞き馴染みないかもしれませんが、スポーツをしたり、加齢によって膝を曲げたり伸ばしたりする際に痛みを覚えたり、引っかかりを感じたりする症状です。

膝は体の部位の中でも日常生活において大切な場所。膝を痛めてしまうと仕事や家事に大きな支障が生じてしまいます。

ここではそんな半月板損傷についてまとめてみました。

半月板損傷とは?

半月板損傷とは読んで字の如く、スポーツなどを通して膝の半月を痛めること。

半月とは膝関節の大腿骨と脛骨の間にあるC型の形状ををした軟骨状の板で内側と外側にそれぞれがあり、車で例えるなら車体に掛かる衝撃を吸収するサスペンションと、車の重心の安定を保つスタビライザーの役割をはたしているもの。

半月を損傷することによって膝の屈折や折り曲げに痛みを覚えたり、違和感を感じたりします。

この半月板損傷が深刻化すると、急に膝が動かなくなるロッキングという状態になって、日常生活に大きく差し支えることにもなり得えるため注意が必要です。

半月板損傷の症状

この半月板損傷の症状としては、初期段階において半月板に亀裂などが入っても、そこまでの痛みを伴うものではなく、また時間の経過によって痛みが収まっていきます。

ただそのまま放置してさらに損傷が進行したり、傷の範囲が広がっていくと膝の中でコリッというクリック音がしたり、半月板の断片が挟まって膝が伸びなくなるロッキング状態になり、場合によっては手術療養をしなくてはいけないケースもあります。

半月板損傷の原因

半月板損傷の原因となるのは主にスポーツをしている時。

特にサッカーやラグビーなどのスポーツ選手に多く見られます。直接的な原因としては上記のような競技中、激しい運動の結果おこりますが、根本的な原因は蓄積して行った疲労によるものと考えられています。

いわゆるオーバーアクトといった、限度を超えた運動や、競技前後の柔軟体操などの体のケアを怠ると疲労は蓄積していき、膝の半月板を痛めていくことになります。

半月板損傷になってしまったら?

半月板損傷になってしまった場合、病院にてしっかりと診断してもらい処置をしてもらうのが最善ですが、まだ進行が浅い場合には応急処置として膝の痛みを軽減するためのサポーターや専用のバンドを使うという応急処置もあります。

またもちろん患部を安静に保つことが肝心なので、激しいプレーを避けるよう意識しなくてはいけません。

最近、スポーツ業界の中では応急処置として取り入れられている「RICE処置」というものがあります。(R:Rest I:Ice C:Compression E:Elevation)このRICE処置を実践し、経過を見ることが適切だと思われます。

しかしそれでも症状が軽減されなかったり、さらに痛みがひどくなる場合には迷わずに病院で診断を受けて下さい。

半月板損傷の治療法

半月板損傷の治療法としては、まずは半月板の損傷がどのくらい進行しているのかきちんと診断してもらう必要があります。

診断方法としては超音波検査やMRI検査が有効とされています。それによって半月板に信号の変化や形態の異常が確認できます。

診断の結果、手術を行なわない場合だと大腿四頭筋の屈伸を行なうといったリハビリによるものが主流です。

このリハビリによって膝の伸展動作に関する筋肉を強化していきます。

しかし診断の結果、場合によっては手術の必要がある場合もあります。

手術療法では、内視鏡による関節鏡手術が主流とされていて、縫合手術や部分切除手術が行なわれる事となります。部分切除手術などを選んだ場合は、手術自体は短時間で終わりますが1週間~2週間程度の入院が必要となり、スポーツ選手の場合は競技に復帰するまでに数ヶ月のリハビリ期間を必要とするケースもあります。

半月板損傷の予防法

半月板損傷は主にサッカーやラグビーなどの激しい競技をする選手に多く見られます。

そのため半月板損傷にならないためには、日頃の自己管理が重要になります。

運動する前には適切で十分なストレッチを行なうことが必要です。特に膝はスポーツをやっている選手にとって重要な部位。膝やその周辺の筋肉や関節を十分にほぐすことで、膝にかかる負荷が軽減されます。

ストレッチだけでなく、衝撃を受けたときのダメージを極力減らすためのバランス訓練も効果的です。

また、ストレッチだけでなくサポーターやバンドなどを装着することで外からかかる衝撃を和らげることも予防につながります。

半月板損傷はケースによっては痛みを伴わないために放置されることもありますが、膝に違和感を感じたら病院で診断を受けることが肝要。

スポーツ以外でも膝は日常生活においてかなりウエイトを占めるため、自分の判断だけでなく、周りにも相談しながら自己管理を心がけることが予防に繋がります。

 - 足の病気・怪我