アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

プロアスリートも苦しんだ、スポーツマンの敵「膝靭帯損傷」

      2017/01/13

プロアスリートも苦しんだ、スポーツマンの敵「膝靭帯損傷」

スポーツをしているとケガをするリスクが高くなります。

それは、どんなスポーツをしていても同じなのですが、中には選手生命に関わるくらいのケガになってしまい、引退に追い込まれる事も少なくありません。

では、ケガの中でも比較的多い、膝靭帯損傷について紹介します。

膝靭帯損傷とは?

靭帯には4本の靭帯があります。

それぞれ前十字靭帯、後ろ十字靭帯、内側側副靭帯、外側側副靭帯があり、それぞれ重要な役割があります。

まず、前十字靭帯が損傷するとブチッやバチッなど断裂音が聞こえる場合があります。

そして、そのまま放っておくと時間と共に関節内に血液が溜まり、そうすると患部が腫れたり膝が曲げにくくなります。

そして、後ろ十字靭帯が損傷すると前十字靭帯と同じような症状になり、膝が不安定になり前後のぐらつきが見られケガから時間がたつと関節内に血が溜まり、膝が曲げにくくなります。

内側側副靭帯が損傷すると膝関節の内側に強い痛みが起こります。ケガの度合いがひどいほど痛みが強く、膝を内側にひねったときに不安定になったりします。

そして、外側側副靭帯は膝関節の外側に腫れが見られ患部を圧迫されたときに強い痛みを感じます。膝を内側にひねったときに不安感があります。

膝靭帯損傷の原因

靭帯損傷が起きる原因は大きく分けると2つあります。

まず、人や物とぶつかったときに起こる接触で起きる事があります。これは、サッカーやバスケットボール、ラグビーなどの試合中にタックルやスライディングで膝に直接衝撃を受け膝が損傷受けます。

このときにその衝撃によって膝が不自然な方向に曲がったり、膝が伸びきった状態からさらに伸ばされるような状態になり、膝靭帯が損傷してしまいます。また、転んだときに膝を打つと、後十字靭帯を損傷する事があります。

そして、もう一つは走った状態から急停止したり、急激な回転、方向転換をしたりすると膝に大きなひねりを与え損傷してしまう場合があります。特に膝が内側、つま先が外側を向いたときが危険です。

膝靭帯損傷になってしまったら?

もし、スポーツ中に靭帯を損傷してしまったと思ったら、まずは動かさないようにして休める事が一番大切です。

そのまま無理に試合を続けたりするとさらに悪くなってしまうので、すぐに試合やスポーツをやめましょう。

そして、冷やす事が大切です。そのときにあまり冷やしすぎるのも良くないのでタオルで氷を包み、15分冷やして少し休憩をするのを数回繰り返すのがオススメです。

そして、足を心臓より高い位置に上げる事も重要です。寝転がり脚の椅子などを使い、足をおいてください。これにより、腫れを最小限に抑えることが出来るので非常に重要です。

膝靭帯損傷の治療法

病院に行くと触診やX線などで診察を行います。

その状態により、損傷が軽かったり、人体が部分断裂の場合は、ギブスや膝用サポーターなどで治療します。

しかし、完全に靭帯が断裂している場合は、手術が必要な事もあるので、重篤になります。

そして、その後靭帯を少し痛めているだけなら安静にして1~2週間くらいあればスポーツ復帰が可能です。そして、靭帯を部分的に断裂していたり、痛みが強い場合は、低周波治療法で治療し、筋肉を直接マッサージして血行を促進し自然治癒をめざします。

この場合は1ヶ月くらいすれば軽いジョギングが出来るようになります。

そして、その後、筋トレやリハビリなどを行い2~3ヶ月でスポーツ復帰が可能です。そして、完全に断裂してしまった場合は、手術を行いその場合は、2~3ヶ月サポーターで固定して安静にする必要があります。その後低周波療法や再度ステップ、ダッシュ、筋トレといったリハビリを始めスポーツ復帰には半年くらいの時間が必要です。

膝靭帯損傷の予防法

靭帯損傷は基本的に急激に膝にダメージを受けたときに起こる事が多いので完全に防ぐ事は不可能です。

しかし、準備運動などをしっかり行ったり、スポーツ中の膝の負担を減らすように工夫をすることでケガの確率を防ぐ事が出来ます。

また、膝だけではなく、股関節を使った動きを習得したり、足だけでなく腹筋や背筋、体幹を強化することで膝の負担を減らす事が出来るので、スポーツを行っている人は、日ごろから体を鍛える事が重要です。

 - 足の病気・怪我