アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

日常生活から心がける。ゴルファーの悩み「ゴルフ肘」

      2017/04/13

日常生活から心がける。ゴルファーの悩み「ゴルフ肘」

ゴルフは以前、社会人紳士のスポーツと言われていましたが、最近はサラリーマンにだけでなく、女性からも人気のあるスポーツです。

また、若手のゴルファーが国内だけでなく海外でも活躍することで若者たちにも人気が出て来たゴルフですが、ゴルフ肘という言葉をご存知でしょうか。

ここではそのゴルフ肘についてお話しします。

ゴルフ肘とは?

ゴルフ肘は、テニス肘と同じようにゴルフの競技をしていることによって起きる肘の痛みです。

テニス肘とは痛みが生じる場所が違うため、ゴルフ肘と言われているスポーツ障害の一つとなります。

ただし、プロゴルファーにこのゴルフ肘の人が多いかというとそうではなく、正しいグリップの握りや力任せのスイングを続けることによって生じるため、プロではなく週末にゴルフを楽しんでいる方やゴルフを始めて間もない方、我流のスイングを振り続ける方に生じやすいと言われています。

ゴルフ肘の症状

ゴルフ肘の症状はゴルフの練習中や打ちっぱなしなどで、ボールを打った時に肘の内側に痛みが走ります。手首を手のひらの方向に強くスナップする動きの繰り返しによって痛みが生じるのです。

なお、ゴルフ肘は正式な名称ではなくてスポーツ障害の総称であるため、スポーツ以外でも発症することがあります。

ゴルフ肘の原因

ゴルフ肘になる原因として挙げられるのは、正しいグリップでプレーをしないことにあります。

ゴルフを始めたばかりの方は、どうしてもグリップに無駄な力をかけてしまうので上半身に大きな負荷を与えてしまいます。

また、グリップだけでなくスイングもゴルフ肘を発症する大きな要因の一つです。

肘に力を入れてスイングしたり、スイングの軌道が安定せずに地面にクラブを叩き付けたり、腰の回転を使わずに上半身の力だけでスイングをすることでも肘に大きな負担をかけてしまいます。

そのため、ゴルフ肘はプロゴルファーではなくアマチュアや週末にゴルフを行う人に起きやすい症状なのです。

この痛みはゴルフだけでなく、日常生活においても肘を酷使するような動きを続けているとゴルフ肘になる可能性があります。

特に毎日同じ作業を行っている主婦の方にも発症していたりします。

ゴルフ肘の治療法

治療法としてはまずは患部の安静が第一です。

つまり、ゴルフの場合で言えばゴルフやスイングの練習、打ちっぱなしなどをせずに肘を休ませることです。

また、ゴルフだけでなく日常生活においても肘に負担をかけないように意識をする必要があります。ただ、肘というのは暮らしの中でとてもよく使う部位なので、気をつけていないとさらに負荷をかけてしまうことになるため注意が必要です。

ゴルフ肘は筋肉の炎症のため、市販されている湿布薬を貼ることで痛みを緩和することができます。また、肘を安静にするためサポーターや専用のエルボーバンドを使うことも効果的とされています。

ただ、先述したようにゴルフ肘は筋肉の炎症ですので、上記の治療を試みても即効性はあまりないため、時間をかけ経過をみていく必要があります。

痛みがひどい場合や、日常生活に支障をきたすほど深刻になって来た場合には手術療法を施すことになります。

ゴルフ肘の予防法

ゴルフ肘の予防法としては、正しいグリップとスイングを身につけることです。

先述したように我流でゴルフを学んだり、練習を続けているとグリップを握る際やスイングの際に肘に大きな負担をかけてしまうことになります。

そのようなスイングを続けて行くとゴルフそのものの競技が上達しないままになりますので、まずは正しい知識、スキルを得てゴルフに臨むことが予防になります。

また、プレーをする前や終わった後にストレッチ運動をすることを心がける事も大切です。手首や肘の筋肉や関節をほぐすことで柔軟性が高まり、体にかかる負荷を軽減する事に繋がります。そして、サポーターやテーピングを使う事も予防に繋がるでしょう。

さらに日常生活においても出来るだけ肘に負担を掛けないことを心がける必要があります。毎回同じ動作でも使っている腕を交互に使うなど、ちょっとした工夫も予防に繋がります。

ゴルフ肘に効果的なマッサージ・ストレッチ

ゴルフ肘に効果的なストレッチは肘を使ったストレッチです。簡単なので何時でも何処でも出来ます。

ストレッチの方法としては、最初に手首をできるだけ下に曲げます。次に手首を先程を反対方向の上に反らします。その後、手首を外側に回してねじります。最後に手首を内側に回してねじり、手首を曲げた状態にします。これを毎日繰り返すことでゴルフ肘の症状が軽減し、予防にも繋がります。

お風呂に入って体が温まった後や運動前後、腕をよく使った後にストレッチをするとさらに効果的です。

 - 手・腕の病気 ,