アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

知らないうちに水虫や臭いの原因に…かかとに注意「角化症」

      2017/01/13

知らないうちに水虫や臭いの原因に…かかとに注意「角化症」

古い角質が残っていって厚く硬くなる角化症。

痛みはないので「このくらい大丈夫!」と放っておくとひび割れを起こして、そこから出血したり白癬菌(はくせんきん)をはじめとする細菌の温床となってしまうかもしれません。それに、足元の臭いも、悩みの種ですが、その原因は角化症にあるということも、案外知られていません。

今回は角化症の症状および、原因とその対策をご紹介します。

角化症の症状

足の肌トラブルの中でも、多くの女性を悩ませているものの一つにかかとの角化症があります。

症状は、かかとの角質が厚く硬くなり、厚くなった部分の乾燥が進みます。かかとの肌の一番外側にあるのは角質層ですが、これは角質細胞と細胞間脂質から成り立っています。

角化症は、角質層内のセラミドや保湿因子が不足して、細胞に水分がいきわたっていない状態をいいます。

肌の生まれ変わり(ターンオーバー)のサイクルも乱れていますから、角質層は、乾燥して荒れた状態になっています。かかとのガサガサや白く粉を拭いたような硬く乾燥し放置しておくと、「かかとのひび割れ」が発生する可能性があります。

ひび割れが角質層内にとどまらず、真皮にまで達してしまうとひび割れから血がにじんできて痛みもともなうことになります。そして、古い角質層が蓄積された状態は、白癬菌(はくせんきん)をはじめとする細菌の温床となり、においやかゆみの元ともなります。

角化型水虫の症状とは?

角化症になるとかかりやすくなる水虫角化型水虫という症状があります。

この水虫は、かゆくなりにくくカサカサしてひび割れてきます。また、硬くなって白っぽいのが特徴です。この角化型水虫が、一番発生するのが足のカカトです。

足の裏で一番硬い場所に感染しやすく、そこから足の裏全体に広がっていっていきます。

水虫だ気づきにくいのが厄介です。

角化症の原因

角化症の原因はいくつか考えられますが、一番の原因は「乾燥」と「外的刺激」です。

かかとは、歩行するたびに体重がかかったりするので、どうしても外の刺激を受けてしまいます。裸足に、サンダルやクッションの少ないはきものを長時間はいて歩行すると、外的刺激を受けやすくなります。

かかとは、こうした外的刺激からの自己防御機能として、角質を厚くさせようとします。

ここに、冬場などの乾燥などが加わると、角化症が益々進み、かかとは乾燥しきってガサガサの状態になってしまいます。

それともうひとつの原因に、加齢や疲れ、さらにはストレスによる肌の再生能力の衰えも、角化症の原因と言われます。

すなわち、皮膚のターンオーバーの遅れなどの原因などによって、古い角質が自然にはがれ落ちずに蓄積されることも、角化症の原因と考えられています。

その原因のほとんどが、ターンオーバーの乱れから来ているといってもいいでしょう。加齢はいたしかたないことですが、ストレスをためないこと、睡眠不足などの疲労を避けることもターンオーバーの正常化に必要なことです。

角化症と足の臭いのつながり

足の臭いの原因には汗だけでなく、古い角質が関係しています。

それは、肌の表面に存在する「皮膚常在菌」による汗や皮脂などの古い角質細胞が分解される時に出る分解臭です。

皮膚常在菌は湿気を好み、汗など蒸れた足の裏で活性化し、角質やアカを分解してにおいの原因となる「イソ吉草酸」という脂肪酸を発生させます。これが、独特のある臭いの正体なのです。

足は、実にこの臭いを発生させる条件が整っています。というのは、まず、足の裏には、汗腺がたくさんあるので汗をかきやすい場所です。さらに、かかとの角質層の厚さは、他の部分と比べても厚くなりやすく、そのため、古い角質や皮脂が皮膚常在菌の格好のエサとなるのです。

さらに、ここに靴下と靴をはきますから、足は密閉空間となり高温状態となりますから、靴の中は蒸れて皮膚常在菌が活性化するのに最適な状態となってしまうのです。

こうして、独特のあの臭いに悩まされることになります。爪が臭いの元になることもありますから、爪も短く清潔にカットしておきましょう。

角化症の治療法

かかとの角化症を改善するためには、まず古くなった角質を定期的に削ることです。

肌のターンオーバーの遅れによって角質が溜まってきているので、まず、角質を取ってターンオーバーを促してあげることが大切です。

♦軽石で優しくこする
古い角質を落とさないことが、角化症や角化水虫の原因になります。

まず、足のかかとの古い角質を取ってしまいましょう。表面の古い角質だけを取り除くよう軽石で優しくこすります。
けれど、余りこすりすぎても逆効果で、皮膚は、さらに分厚くなろうとしますから、あくまで表面の角質だけを取り除くようにしましょう。

古い角質を取り除いていくにはフットケア専用のやすりで削っていくと簡単です。

その後、クリームなどでしっかりと保湿をします。その効果が得られない場合は、医療機関に相談しましょう。症状に合わせた塗り薬を処方してもらえるでしょう。

♦医療用尿素塗り薬
角化症の治療のための塗り薬としては、尿素があります。

尿素には、皮膚の角質層の水分を保持する作用があります。角質層は皮膚の一番表面の部分ですが、尿素らは軽い角質を溶解する作用があり、この効能によって古い角質がはがされますから、皮膚はスベスベになります。

尿素は安全性が高く、連続して使用しても副作用がほとんどないので安心して使用できます。

♦角化型水虫については、医療機関での診療を

厄介なカビに、角化型水虫というのもありますが、水虫だと気づきにくいのが厄介なところです。か

かとにできて足全体に広がりますから、放置しておいて直るのでもないので皮膚科の医師に相談し、適正な治療を受けましょう。

自宅でできる角化症のスキンケア

♦市販の保湿クリームを塗る

尿素配合のクリームは、かかとを柔らかくし厚くなりすぎた角質を正常にします。

水分を引き寄せるので、皮膚にうるおいをもたらしてくれます。水分と油分を同時に補給する効果があります。

尿素クリームを毎日塗布することで、肌は除々に柔らかくなり細胞内に水分を保持することができるようになりますから、乾燥を引き起こすこともなくなり、硬くなったりカサカサした肌状態を防ぐことも可能です。

また、ビタミンEなどの配合のクリームは、血行を促進する効果も期待できます。血行を促し新陳代謝を活性化することで、乾燥しがちのかかとの乾燥も緩和してくれます。

♦ハイヒールなどのかかとの高い靴は避ける

角化症の原因となる外部からの刺激を減らすには、靴による刺激、圧迫などを減らすことは大切です。

ヒールの高い靴をはいて長時間歩くことは、足を圧迫しますから、かかとのひび割れなどの原因になります。それでなくとも、血行が行き届くにくい足にハイヒールは角化症を助長します。

かかとのケアのためにも、高いヒールの靴は控えたほうがいいでしょう。また、かかと専用の保湿ソックスもあります。靴下自体にも保湿効果があるソックスですが、クリームなどでケアした後に、このソックスをはくと、より角化症のスキンケア効果が期待できるでしょう。

♦日頃から血行を良くすること

足は、冷えを起こしやすく血液の流れも滞りがちなところです。

この血行不良により、ターンオーバーが上手くいかなくなってしまったり、乾燥化の原因にもなるところなので、極力素足は避けて、家でも靴下をはいているようにしましょう。

その場合も、蒸れにくいコットンのソックスなどが有効です。冷えないために、シャワーではなくお風呂に入って、日常的に血行を良くしていくことに気を配りましょう。

こうしたケアも、角化症予防のスキンケア対策となります。

 - 足の病気・怪我