アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

しつこい目のかすみ…正しい目薬のさし方を覚えておきましょう

      2017/01/13

しつこい目のかすみ…正しい目薬のさし方を覚えておきましょう

物が見えづらいと感じる、ピントが合っていないような感覚がある、景色がぼやけているといった目の不調に心当たりがある人は、目がかすんでいっます。

場合によっては、目のかすみに加えて、頭痛や肩こりなどの症状を伴う場合もあります。このような時、ただストレスがたまっているだけと考えるのは危険かもしれません。重大な疾患のサインであることもあるのです。

目のかすみが起こる原因・病気

目のかすみが起こる原因となるものとしては、疲れや加齢、コンタクトレンズの使用などがあります。

目のかすみは、目のピント調節機能が上手く働いていないために起こります。通常、目は近距離のもの、遠距離のものに対して、カメラのピントを合わせるようにピントを調節することで適切に物が見えるようにしています。

目にはカメラのレンズのような働きをする水晶体というものがあり、網様体筋という名の筋肉で引っ張ったり緩めたりすることで、水晶体の厚さを調節し、ピントを合わせています。

しかし、例えば長時間パソコンを使用した時は、網様体筋が長時間緊張した状態にあるため、急に遠くを見るとピントを合わせることができずに、目のかすみの症状が出ます。また、加齢では網様体筋が衰えてしまうことが原因でピント調節に障害が出てきます。

この障害により遠視や老眼も起こります。さらに、コンタクトレンズを毎日使用し続けることによる汚れの蓄積、疲れや乾燥も目のかすみの原因となります。

ドライアイや白内障、緑内障といった目の病気が原因となっている場合もあります。また、目のかすみの症状を感じる病気としては、糖尿病の合併症として起きてくる目の病気で、糖尿病網膜症である可能性もあるので注意が必要です。

目のかすみを解消するためにできる簡単なこと

正しい目薬のさし方の注意点としては、3ステップあります。

1、触ることで目薬の容器に汚染が起こらないよう、手を洗いましょう。
2、下まぶたを引いて点眼した後、目薬が涙点から流れてしまわないように注意して、しばらくまぶたを軽く閉じましょう。この時、目頭を指で軽く押さえてもいいです。
3、目のまわりへ溢れてしまった目薬を清潔なカーゼやティッシュで拭き取ります。

誤った目薬のさし方は、まぶたやまつげに目薬の容器を接触させる、目薬をさした後目をパチパチさせることです。また、他人の目薬を使用することや容器に白い浮遊物がある目薬の使用はしないように注意して下さい。

目のかすみの治療法

目のかすみがストレスや疲れが原因の場合、十分な休息を取るようにして下さい。パソコン作業や読書などは、長時間熱中するのではなく、定期的に休息を挟みながら行うようにしてみるといいでしょう。

乾燥が原因の場合は、人工涙液の目薬の点眼が効果的です。

コンタクトレンズの使用による目にかすみには、コンタクトレンズの正しい使用方法を守るとともに、コンタクトレンズを外し眼鏡で生活する時間を作るといいかもしれません。

加齢や白内障や緑内障といった目の病気などが原因である場合は、眼科を受診しましょう。白内障は、点眼薬での治療で進行を遅らせるとともに、手術を行うことで完治が期待できます。緑内障は、長期的な治療が必要であり、早期治療が重要です。

目のかすみの予防法

目のかすみの予防法としては、長時間目を使い続けることを控えることが大事です。

また、ビタミンAやミネラルを積極的に摂取することも効果的です。ビタミンAを多く含む食材としては、レバー、うなぎ、緑黄色野菜、卵黄、バターなどがあります。

ミネラルを多く含む食材には、魚貝・海藻類、乳製品、大豆製品、緑黄色野菜などがあります。

タバコ、アルコール、香辛料など、粘膜に刺激を与えるようなものはなるべく控えることも大切です。さらに、乾燥や紫外線から目を守ったり、規則正しい生活を送り十分な睡眠をとることも目のかすみの予防法として有効です。

冷暖房の聞きすぎた部屋での乾燥に注意したり、紫外線対策としてサングラスや日傘を利用するとよいでしょう。

 - 目の病気・怪我