アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

曲がった指でお悩みの方、血行促進で「ハンマー足指」は治る!?

      2017/01/13

曲がった指でお悩みの方、血行促進で「ハンマー足指」は治る!?
ハンマー足指(ハンマートゥ)とは、足の指が曲がったまま戻らない状態のことを言います。

特に問題はなくても、悪化してしまうと痛みを感じたり、手術が必要になってしまうこともあるため、早期発見早期治療が大切です。

自覚のない方もいますので、ハンマー足指はどの様な症状が出るのか、治療法なども含め詳しく見ていきましょう。

ハンマー足指とは?

ハンマー足指とは、その名の通り、足の指がハンマーの様に第2関節から曲がった状態のことを言います。

足の指が長い方に多いのですが、裸足で立ち、前方向に重心を欠けた場合に、足指第2関節がくの字に曲がる場合、ハンマー足指と言えます。

ハンマー足指の症状

足の指が不自然に曲がったままではあるものの、痛みがない場合が多く、痛みがあったとしても我慢できる程度の為、それ程大きな症状と言えるものはないかもしれません。

しかし、放置しておくと曲がった指が靴の摩擦を受け、タコができたりうおの目が発生してしまうこともあります。

さらに放置しておくと、痛みが強くなり、その痛い指をかばうような歩き方になるため、体のバランスも崩れやすくなってしまいます。

その結果、膝や足首等別の部分にまで痛みが生じてしまうことも有ります。

マレットフィンガーとよく間違えられることがありますが、マレットフィンガーと言うのは運動中ボールなどが指先に当たり骨が剥がれてしまう状態のことを言います。骨に異常があるわけではないハンマー足指とは違いますね。

ハンマー足指の原因

歩き方の癖や、立った場合の姿勢、体重のかけ方などによって生じると言われています。更に足に合わない靴を履き続けることでより悪化してしまいます。

例えば、小さすぎる靴であった場合、常に足指を曲げた状態で歩くことになってしまいますし、大きすぎたとしても、靴の中で足に無駄な力が入ってしまうため、ハンマー足指になりやすくなってしまいます。

ハイヒールなどもつま先部分に力が入るため、指が折れ曲がりやすくなってしまいます。

ハンマー足指の治療法

症状が軽い場合は、そうなってしまった原因を排除することで治ることは十分可能です。合わない靴が原因なのであれば、足のサイズにあった靴選びをしましょう。又、姿勢や歩き方の癖が原因の場合は、姿勢を正すことに力を入れてみましょう。

さらに足指のマッサージを行うことで血行が促進され、自然と解消させることが可能になります。

但し、症状が重い場合は、この様な原因排除やマッサージ程度では解消させることができません。

自然治癒が難しい状態と言うのは、指が曲がったまま、腱まで固まってしまっている状態を言います。この場合は手術によって腱を切らなければ元の状態に戻すことができません。

この様な大変な治療になる前に、自然治癒出来るよう努力したいですね。

ハンマー足指の予防法

ハンマー足指を予防するためには、まず自分の姿勢をシッカリ正すことから始めましょう。鏡で確認すると、自分が思っている以上に猫背だったり左右不対象だったりするものです。確認した上で正しい姿勢になるよう気を付けるだけでも違うものです。

また、靴のサイズも確認してみましょう。実際に足を測ると、思っていたよりも小さかったりその逆で大きかったりすることもあるものです。

足のサイズと靴のサイズをシッカリ確認し、履いてみてしっくりくる靴を選ぶといいですね。

その上で、毎日足指をマッサージすることが大切です。柔軟性がなく凝り固まった状態になっていると、ハンマー足指になりやすくなってしまいますし、自然治癒の可能性も低くなってしまいます。

ハンマー足指にならないために、普段から指先の血行促進のため、マッサージを行っておきましょう。

 - 足の病気・怪我