アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

子どもの「脳震盪」には要注意!知っておきたい応急処置

      2017/01/13

子どもの「脳震盪」には要注意!知っておきたい応急処置

脳震盪と聞くと主にスポーツのシーンでよく登場する言葉に思えます。例えば野球選手が頭部にデッドボールを受けた場合、真っ先に懸念されるのが脳震盪です。

しかし脳震盪は一般人にも身近な症状です。特にまだ小さな子どもをお持ちの親御さんなどは、元気いっぱい外で遊んでもらいたい一方で、脳震盪などの頭部への怪我が心配されます。

日常生活の中でも十分起こりうる症状なので、正しい知識と対処法を知っておきましょう。

脳震盪とは?

脳震盪とは、その名が示す通り、突発的な衝撃によって脳が激しく揺さぶられる症状を指します。

プロボクシングの試合で相手のパンチを顔面に受けたボクサーがリングに沈む光景をご覧になったことはあると思いますが、まさしくあれは脳震盪の典型的な症例と言えます。

脳震盪の症状

一時的に意識が無くなったり、記憶喪失を引き起こす場合があります。それ以外にも焦点が定まらず視界がぼやける感覚、平衡感覚の麻痺によって立っていられなくなる、頭痛、眩暈、嘔吐などの症状を併発する可能性もあります。

特に瞳孔が開き切り、光を当てても収縮しない場合は注意が必要です。

一般的には脳震盪に後遺症は残らないと言われています。しかし稀に健忘症や頭痛が持続するなど、後遺症と見られる症状が数日から数週間続く場合もあります。

脳震盪の原因

頭骨内部で脳が激しく揺さぶられることによる機能停止現象が挙げられます。

衝撃によって脳周辺の毛細血管が切れることで、血液の循環がストップし、一時的に活動を休止せざるを得なくなると考えられます。

脳震盪の応急処置

脳震盪はスポーツシーンで多く見られる症状とは言え、一般人が日常生活の中で遭遇することも十分に考えられます。なのでそういう場面に直面してもあたふたしないために対処法を身に付けておきましょう。

まず絶対に覚えておいて欲しいことがあります。

それは倒れ込んだりお尻を着いて座り込んでいる人を無理に起き上がらせたりしないということです。その場で安静にさせ、意識があるかどうかを調べましょう。その人の名前や今日の日付などを訊ね、正確に答えられるかチェックするのです。

次に手足の麻痺が無いかを調べます。痛くない程度に強く握って感覚があるかを訊ねるのです。

反応を示さないようなら麻痺している証拠なので、血液が通うように優しく揉みほぐすイメージでマッサージしましょう。

頭部のアイシングも重要です。その際、氷は冷たすぎて頭痛を悪化させる場合も考えられるので、使う時はタオルなどで包んで患部に当てましょう。

濡らしたハンカチを当てるだけでも十分効果があるので、手元に保冷材や氷が無い場合はそうしましょう。

注意してほしいのは脳震盪を起こした人に水は与えてはならないということです。特に意識障害のある人は上手く嚥下できずに吐き出してしまうことも考えられます。

最後に瞳孔の具合を調べます。

瞳孔が開き切って左右に小刻みに揺れているようなら、素人が処置するのは危険なので、それ以上は何もせずに救急隊員が到着するのを待ちましょう。

脳震盪の治療法

脳震盪は一時的なものなので安静にしてさえいれば自然と治るケースが殆どです。しかし重症度によっては後遺症が残ることも考えられ、その場合は脳神経系の病院に受診し、適切な治療を受けることが重要です。

最低でも1週間から2週間は安静を保つことが大事です。これは症状の重い軽いに関係なく、脳震盪を患った人すべてに共通する治療法です。

特に子どもの脳震盪は軽視してはなりません。体が未発達な子どもは大人の場合と比べて症状が強く出る可能性もあります。それ故、経過観察がなにより大切です。

例えば交通事故に遭った人が一日二日経ったあとでむち打ちの症状が悪化した、なんてことをよく耳にします。脳震盪も同じで、発症した直後よりも時間を置いて何かしらの症状を訴える人も数多くいるので、お子さんが運動や遊びで脳震盪を起こした場合は一時的な快方で安心せず、それ以降も注意深く見守ってあげましょう。

重篤な後遺症が残っている場合、病院では詳しい検査が行われることがあります。頭部のCTスキャンなどの精密な画像を見て医師が今後の治療プランを立てますが、多くの場合は頭痛や眩暈、嘔吐を抑える鎮痛剤の使用が効果的です。

脳震盪の予防法

脳震盪は、サッカーやバスケ、ラグビーなど激しいボディコンタクトのあるスポーツにはつきものです。

選手は頭部への危険な衝撃を防ぐための身のこなしを日々の鍛錬で磨く必要がありますし、それ以上に、スポーツ医学やチームに所属している救命医の技術進歩はこの症状を予防する上では欠かせない要素になってきます。

しかし脳震盪は日常でも起こりうる症状です。特に頭部の怪我は時に命を脅かすくらい危険なものなので、心掛けがそのまま生死の境目になったりします。

頭部を保護する物、主に帽子やヘルメットの着用、頭上に落下物が無いかの確認など、すぐに実践できる方法は幾つかあります。

激しい運動やアクティビティーによって頭部に衝撃を受けることは十分考えられますが、一番大切なことは、ブレーキの効く範囲で行動する、ということです。目一杯アクセルを踏んでしまえば想定外の体の動きに対処できなくなります。余裕を持って動ければ、頭部への衝撃を防ぐ身のこなしが反射として出来るはずです。

その心掛けが脳震盪を未然に防ぐ予防法だと思います。

 - 脳・頭部の病気