アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

ふとした転倒も命取り、肩の過負荷が原因の「腱板損傷」

      2017/01/13

ふとした転倒も命取り、肩の過負荷が原因の「腱板損傷」

私たちが日常生活の中でよく使う体の部位として腰や膝がありますが、肩もその一つ。

特にスポーツをする選手や、高齢の方で肩の悩みを抱える人が多いのではないかと思います。

そんな肩に起きる「腱板損傷」という症状があることをご存知ですか?なかなか聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、肩関節の疾患において一番起きるのがこの「腱板損傷」だと言われています。

その「腱板損傷」についてまとめてみました。

腱板損傷とは?

私たちが日常生活の中でよく使う部位である肩の関節における疾患で、肩関節の疾患ではこの腱板損傷が一番多い言われています。

腱板とは肩関節を安定に保つための筋肉が束になっているもので、腕を上げたりねじったりする時に働く部位です。

腱板損傷は、名前の通りその腱板をスポーツなどによって酷使したり何度も摩擦を繰り返したり、またスポーツだけでなく日常生活においても転倒したときに肩を強くうったり、手をついてしまったりすることで腱板を傷つけてしまうことで発症する炎症の一つ。

ラグビーや野球、その他ボクシングなど激しい動きをするスポーツ選手によって引き起こされやすい症状で、体の表面に明らかな傷や跡が表れるわけではないため、知らないうちに発症していることがあります。

腱板損傷の症状

腱板損傷の症状は肩を使った動きをした場合に痛みを伴います。

ただし腕が上がらないとか腕が曲げられないとかいう深刻な程の痛みは初期段階にあってはありませんが、進行すると肩に慢性的な痛みを感じるようになります。

当然ながら利き腕側の肩の方が発症する可能性が高いです。

腱板損傷の原因

腱板損傷が起きる原因としては、激しいスポーツ競技を通して肩の腱板を酷使したり、何度も摩擦を起こすことによるもの。

ラグビーや野球など、競技中に肩を使用したり、転倒をしたりするようなスポーツに好発しやすいと言われています。

転倒の際に肩を強打したり、体を支えるために手をついたりすることで肩の腱板を痛める傾向にあります。

それ以外のスポーツでもウエイトリフティングで重いバーベルを支えても腱板を痛める可能性が高いです。

日常生活においても転んだり、つまずいた時に反射的に手をつくことで肩関節に負荷をかけて腱板を痛めるケースもあります。また交通事故にあった際に車やバイクと衝突して肩を強打することでも腱板損傷が起きます。

最近は社会人や女性の方もジムトレーニングをする方が増えてきていますが、トレーニング中に無理なウェイトをかけることでも腱板損傷を引き起こすことがあるのでしっかりと自分の体に見あったトレーニングする事が重要。

また加齢によって腱が変成して疲弊し、それがもとで腱板損傷を起こすケースも多いと言われています。

どのようなスポーツ・動作で起こりやすい

腱板損傷を引き起こしやすいスポーツは先述したように競技中に転倒したりする場合が多い競技。例えばサッカーやラグビーなど、激しいプレーのために転倒すると肩を強打したり転倒した際に手をついて腱板を痛めるケースが多いです。

また野球のピッチャーは、練習中や試合中に相当な数のスピードボールを投げるのですが、そのように繰り返し肩に負担をかけることで腱板を痛めて腱板損傷を引き起こすケースがあります。

同じようにボクシングなども練習や試合等でパンチを繰り出したり、パンチを受けたりすることで腱板を損傷したり摩耗したりすることがあります。

日常生活における動作では重い物や布団などを高い棚や押し入れなどに直そうとした時や、運転席から後部座席においたカバン等の荷物を取ろうとして体をひねったりする際に腱板を損傷する可能性が高いと言われています。

腱板損傷の治療法

腱板損傷はいわゆる炎症の一つです。なのでまずは患部を安静に保つ保存療養が有効です。

また肩関節やその周辺の筋肉をほぐすために運動前後のストレッチは必須です。

初期段階にあっては肩に負担をかけないために日常生活においての体の使い方を学んだり、病院にてリハビリテーションすることで肩の筋肉を強化させて症状を和らげていく治療が一般的ですが、保存療養でも改善されなかったり、発見が遅れて完全に腱板がひどく損傷してしまった場合には手術療法にて治療する必要があります。

近年では腱板を面で上腕骨頭に圧着でき、かつ関節液が腱板と上腕骨頭の間にしみこんで癒合を阻害しないよう「suture bridge法」という縫合の仕方が最も優れているとされていて、これは内側に2本の特殊な素材のねじを挿入し、それにつけた靴ひものような特殊な糸を交差させて外側に2本のねじを用いることで固定する手術です。

腱板損傷の予防法

腱板損傷を予防するには普段から体のケアに関する自己管理を徹底することです。

スポーツ選手の場合においては運動前のストレッチはもちろん、運動後にもしっかりとケアする事が必要です。肩を毎日酷使する野球のピッチャーの場合、投げ終わったあとに肩を冷やすことが肝要です。

また柔軟体操だけでなく、競技中に転倒などしても体に受けるダメージを軽減するよう受け身やバランス訓練をすることで腱板の損傷が予防できます。

また日常生活においても体の使い方に意識をしておくことが重要です。

重い物を無理な体勢で持ち上げようとしたり、無理な体勢で荷物を取ろうとしたりしないことを心がけることが大切です。

もし肩の動きに違和感を感じたり、痛みを覚えたらまずは病院にいってきちんと診断を受け、リハビリを怠らないよう継続する事が重要です。それが腱板損傷の進行を抑えることに繋がります。

腱板損傷に効果的なトレーニングやストレッチ

腱板損傷に効果的なストレッチは肩の関節を伸ばすストレッチです。

1.まず両腕を後ろに回します。

2.痛くない方の手で痛い方の手首をつかんで、下に引っ張りましょう。この状態を5秒ほどキープしたら、力をゆるめて元にもどします。

これを3~5回ほど繰り返し続けてみましょう。

他にはゴムバンドを使った肩のストレッチも有効的です。

まずゴムバンドを一つ用意して下さい。なければ代用になりそうなものを用意しましょう。

1.両肘を90度に曲げてバンドを肩幅より少し短めに持ちます。

2.痛い方の腕を外側に引っ張っていきます。この時手首は曲げないで引っ張って下さい。

3.そのまま痛くない方の腕は動かさないで、5秒ほどキープして緩めます。

これを1日に2~3セット続けることで効果が期待できます。

 - 肩の病気・怪我