アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

夏場のプールも怖くない。矯正で治せる「漏斗胸・鳩胸」

      2017/01/13

夏場のプールも怖くない。矯正で治せる「漏斗胸・鳩胸」

胸板が前方に突出し、あたかも鳩の胸部を思わせるような胸の変形を鳩胸といい、逆に前胸壁に凹みが出来る病気で、あたかも漏斗(ろうと)のようになっていることから、漏斗胸と呼ばれます。

鳩胸では無症状のことが多いのですが、漏斗胸では風邪、気管支炎などの呼吸器障害を起こしやすかったり、心臓の圧迫による循環障害を起こす場合もあります。

今回は、この鳩胸と漏斗胸の原因、症状、治療法などを紹介しましょう。

鳩胸・漏斗胸の症状

♦漏斗胸の場合
漏斗胸の方は、肺活量が一般に比べて少ないため、呼吸器に影響が出ます。

肺に空気を送るための気管や気管支も狭くなり、空気の通りが悪くなります。風邪を引いた時にゼーゼーいいやすくなったり、咳が長引くのも気管支が炎症で腫れて空気が通りにくくなるせいです。

胸の凹みのちょうど真下に心臓があり、凹みが強いと心臓が押され、このため、心臓が1 回の収縮で送り出す血液量が少なくなることもあり、そうなると、心臓の弁に異常がでることもあります。

息が上がり疲れやすいなどの傾向、また、食が細いという傾向もあり痩せ型になります。胸部が圧迫があるせいか、漏斗胸の方はほぼ全員猫背になるといわれます。

このほかにも、外見上のこともあり、精神的苦悩で悩みもストレスとなるでしょう。

漏斗胸の人が成人になると、皮下脂肪が厚くなり、軽度の変形であれば目立くはなりますが、肋骨の変形が治ることではなく内臓の圧迫などは改善しません。

♦鳩胸の場合
鳩胸は、そう深刻視はされませんが、胸部が湾曲して前方に張り出ている胸壁の先天異常です。

発生原因などは明確にはされていませんが、家族性ということが一番有力とされています。

鳩胸には、胸や肺を圧迫する心配はないようですか、出方が大きいものには手術を行うこともあり、また、矯正を望む方もいるといいます。

変形の形により大きく3つに分類されます。第1型は胸骨の下部が突出している形、第2型は胸部の上部が突出している形、第3型は片側の胸壁が突出している非対称性鳩胸です。

変形以外に、鳩胸では無症状のことが多く、軽度であれば発育とともに目立たなくなりますが、人によっては突出した前胸部の外観に精神的苦痛を伴うことがあります。

女性の場合は一見胸が大きくみえるのに実際はそうでないということ、また、乳房が八の字に開いてしまうので、それを気にして恋愛できないという悩みをかかえてしまう傾向もあります。

鳩胸・漏斗胸の原因

♦漏斗胸の場合
漏斗胸の肋軟骨(ろくなんこつ)は長いのではなく、少し短くなっているのですが、肋骨(ろっこつ)の形成異常だと言われています。

つまり、肋骨や肋軟骨の支持力が柔らかいか、あるいは細いかなどの形成異常が原因で、息を吸うたびに、それが前胸部が落ち込み凹みができてくるというのではないかと考えられています。

この病気の子供に入眠時に「いびき」をかく人が多いことも知られています。これは扁桃腺やアデノイドが大きいためで、これにより、空気の通りが悪くなり、息を吸う時、一層大きな力が必要となるため、みずおちが凹んでしまうということなのです。

一説ではビタミンDの不足という説もあります。

♦鳩胸の場合
鳩胸は先天的に肋骨・肋軟骨が前方に過剰に発育するために生じます。鳩胸の原因で一番多い理由である遺伝的素因。

治療しなくても大人になれば気になることもないので、そのまま対応せずに放置するケースも多いといわれています。

<くる病が原因>
鳩胸になる原因として、くる病を発症しているからというのもあります。くる病とは、成長期の小児でカルシウムが骨に沈着せず、軟らかい骨様組織が増加している状態のことを指していて、骨を作る栄養素であるビタミンDが不足している状態だといわれています。

<幼少期からの肥満>
鳩胸の原因には、幼少期からの肥満が原因で発症することもあるとされています。幼い頃の肥満が原因で、肋骨が膨らんでしまい、成長の時にそのまま膨らんだ状態で止まってしまうことからなるといいます。この場合は、自然に治すことが出来ないといわれています。

鳩胸・漏斗胸の改善法

♦漏斗胸の場合
患者は扁桃腺やアデノイドが大きく、漏斗胸もあるという場合、耳鼻科で検診を受けるといいでしょう。

扁桃腺やアデノイドをとる手術の後1年以上経過をみると、漏斗胸が改善することもあるからです。それ以外は、矯正体操などで、漏斗胸の改善をしましょう。

<漏斗胸に効果的な体操>
・手の甲を合わせます。
・合わせた指先を肋骨、みぞおちに向けます。
・あごをひいて、10秒ほどキープします。
・キープしたら力を抜いて30秒ほどリラックス。

これで、肋椎関節がゆるめることができます。他に腕立てなどの筋トレも有効です。凹みの周りの筋肉を鍛えることで、漏斗胸が改善されます。

♦鳩胸の場合
鳩胸は心肺機能への圧迫とかはないため、たいていは放置していいと言われています。

外観上の変形が気になる場合には、手術や肋骨を矯正改善することができます。幼児期には胸部に圧迫帯を巻いて前の胸部の出っ張りを抑える方法で治療することが可能です。

10歳以上になると胸郭が硬くなってくるので、外科的な治療となります。

くる病が原因の鳩胸ならば、くる病が治療されれば胸の変形も回復してくるでしょう。

主な原因はビタミンD不足ですから、卵や魚などビタミンDが豊富な食物の摂取と日光浴が有効です。鳩胸の治し方として、ヨガが注目されています。

<ヨガで改善・ ネコのポーズ>
鳩胸を治す方法として、ヨガも有効とされています。特に猫ポーズというのが、鳩胸に効果があります。
・四つんばいになります。
・手のひらは肩の真下、ヒザも腰の真下に来るように調節します。
・両手の幅は肩幅、ヒザの間隔は腰の幅に開きます。
・最初の目線は地面に向けます。
・息を吸いながら、目線を天井側へと向けます。
・息を吐きながら、肩の位置は維持しながら、背中を丸めます。
・息を吸いながら元の姿勢に戻します。

<筋トレで改善>
女性は筋肉がついてしまうため、男性におすすめ! これは大胸筋を鍛え、鳩胸を目立たなくする方法です。いわゆる腕立て伏せです。それを12回繰り返し、3セット分行います。身体に負荷をかけることで、筋肉がつき鳩胸が改善されるはずです。

鳩胸・漏斗胸の治療法

♦漏斗胸の場合の治療法
手術をしないで漏斗胸を治療する方法として「陰圧吸引療法」があります。これは、胸壁に大きな吸盤をつけ、この陰圧で胸壁を持ち上げようという方法となります。ただ、長期間、胸にこの装置を付けなければなりません。

「運動」も効果があります。水泳などの運動で肺活量を増やすという試みです。さらに「姿勢療法」があります。猫背になるのは漏斗胸の方のほとんどですが、姿勢を矯正する方法です。

・両手をまっすぐ上に伸ばし、10秒それを保ちます。
・次に、後ろ下に両手をまっすぐ強く引くようにして10秒保ちます。
・次に、まっすぐ前に両手を押し出すようにして10秒。

これを2-3回繰り返して下さい。背骨や肩の関節が柔らかくなります。

<手術>
漏斗胸は根本的には治る病気ではないので、根本的治療は手術となります。それにも時期があります。年齢が高くなると骨が硬くなるとか、 術後の回復に時間がかかるなど事情がでてきます。

手術は、胸の中に細長いステンレス製のバーを下向きにして入れます。これを180度回転させて凹みを持ち上げます。バーは心臓と凹んだ胸骨の間に通すことになり、安全に行うことが重視されます。術後は、漏斗胸の心臓圧迫や呼吸器の問題などは、かなり解決されます。

♦鳩胸の場合の治療法
<胸骨翻転術という手術>
鳩旨の治療に手術が行われます。基本的には、小学生に入るか入らないかのタイミングがいいとされています。30歳位までなら手術も可能だといわれます。

鳩胸の矯正手術は、美容が目的と解釈されることもあり、その場合は保険適用外になる可能性もあります。

それと鳩胸になった原因に「くる病」の発症があるので、くる病治療を実施すると効果的でしょう。くる病はビタミンD不足が考えられているので、ビタミンDを摂取すると改善が見られます。

ビタミンDを摂取する方法は、食事療法や日光浴が勧められます。医師からビタミンDを投与することもあるといいます。

 - 骨・関節の病気・怪我