アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

耳慣れない臓器の病気「膵臓炎(すい炎)」で命の危機も!?

      2017/01/13

耳慣れない臓器の病気「膵臓炎(すい炎)」で命の危機も!?

最近、お腹の調子が悪い人や下痢など消化不良の人はいませんか?

そんな時はこの「膵臓炎」の可能性があります。

膵臓は食べ物の消化を助け、血液中の血糖値をコントロールする大切な役割を果たす臓器です。

膵臓炎はゆくゆく膵臓がんに繋がり死亡してしまう可能性がある怖い病気です。

特にお酒が好きな人や、脂っこい食べ物が好きな人は注意が必要。ここではその膵臓炎についてまとめてみました。

膵臓の役割は?

内蔵の中で胃や腸、十二指腸などの症状はよく耳にしますが、膵臓というのは聞いた事があってもどんな働きをしている人が知らない人も多いのでしょうか?

膵臓の役割は大きく分けて二つあります。

一つは食べ物の消化。

膵臓は1日に約1.5リットルもの膵液を分泌していると言われています。

この膵液には消化酵素が含まれており、この消化酵素が食べ物に含まれる脂質や炭水化物、たんぱく質等の栄養素を、腸でしっかり吸収できる形に分解してくれます。

私たちは生きるために食べ物を食べます。それを消化吸収するのが膵臓なのです。

二つ目は血糖値のコントロール。

私たちが健康であるためには、血糖値が一定に保たれている必要があります。

この血糖値を一定に保つために必要なホルモンの、インスリンやグルカゴンを分泌しているのが膵臓です。

もし、インスリンが正常に分泌されなければ、血糖値が高くなり糖尿病になってしまうこともあります。

膵臓炎(すい炎)の症状

膵臓炎には慢性と急性に分かれています。

慢性すい炎は膵臓自らが繰り返し溶かす症状。

すい臓は多くの消化酵素を含むすい液を分泌していて、すい液はすい臓の中では不活性で消化能力を持っていないのですが、何らかの原因ですい臓の中で活性化してしまうと、膵臓自らが膵臓を溶かしてしまいます。

この自己消化が長期間にわたって繰り返し起こるのが慢性すい炎です。

もう一方の急性すい炎とは、膵臓から分泌される消化液である膵液が原因で起こるもの。

通常、膵液に含まれる消化酵素は、すい臓の中では不活性で消化能力を持たないのですが、何らかの原因で消化酵素が膵臓内で活性化すると、膵臓自体を溶かす自己消化が起こす症状。

この「なんらかの原因」というのは男性の場合はアルコールの摂取、女性は胆石がその要因と言われています。

膵臓炎(すい炎)の原因

膵臓炎の原因としては男性と女性とでその要因が違って来ます。

男性の場合、過度のアルコール摂取が要因とされています。普段からお酒を飲む習慣があり、またそれが適度を超す量を摂っていると膵臓炎を引き起こす要因になります。

飲酒量としては一般的に、1日にアルコール80g以上(ビール中瓶4本相当)を10年間以上とり続けると、慢性すい炎を発症するリスクが高まるといわれています。

また普段はお酒を飲まない人が急激にアルコールを摂取することで引き起こす可能性があります。加えて普段からお酒と一緒に揚げ物などの脂っこい料理を摂取しているとさらにリスクが高まります。

女性の場合もアルコールの摂取によって膵臓炎を引き起こすケースも見られますが、それ以上に胆石が原因となるケースの方が多いと言われています。

胆石ができる原因は二つあり、膵臓で出された消化酵素が十二指腸へ移動する時の出口(乳頭)に胆石が詰まってしまう場合と、胆石が通り過ぎる際に出口(乳頭)にできた傷が炎症し、一時的に乳頭が塞がれてしまう場合があります。

膵臓炎(すい炎)の治療法

膵臓炎の治療法としては原則として入院治療となります。

膵臓の消化が進まないよう、膵臓の働きを抑えるために1週間ほどの絶飲絶食が必要と考えられているからです。

代わりに点滴で水分と栄養を補います。症状が軽い場合は一週間ほどで収まりますが、悪化していると長期入院の可能性があります。

具体的な治療としては、膵臓の消化が進まないように消化酵素の働きを抑える必要があるので、タンパク分解酵素阻害剤という点滴や、痛み止めの点滴をします。

その他にも、細菌の感染を防ぐための抗生物質、食べ物が食べられないため胃を守るための胃酸分泌抑制剤を投与。

すい炎によって大量の体液がお腹に漏れ出してしまうと、血液中の水分量が減って血圧が低下してしまう恐れがあるからです。

また女性の場合は、要因となる胆石を除去するという手術を行なうことがあります。

膵臓炎(すい炎)になったときに気を付けること

膵臓炎になったときに気をつけることは食生活を正すこと。

アルコールを控えることはもちろんですが、普段からあまり油っぽい食べ物だけを食べず、野菜等を取り入れバランス良い食生活を送ることが大切です。

しかしだからといって脂肪分を摂らないでいると今後は栄養障害を起こすことがあり、逆に体に支障を来す場合があるので気をつけなくてはいけません。

また自分の体に異変を感じたらすぐに病院に行って診断する事が重要です。

膵臓炎を引き起こすと膵臓がんになる可能性が高まると言われています。

膵臓がんの場合、進行によっては死亡してしまう可能性があるからです。そのために定期的に健康診断を行なうことも大切です。

 - 肝臓・膵臓・腎臓の病気