アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

グキッ!足首を捻挫(ねんざ)したときの応急処置や予防法

      2017/01/13

捻挫(ねんざ)
当たり前のことですが、運動をしていると何もしていない人よりも怪我のリスクは高くなります。これは仕方がないことなのですが、出来るだけリスクを減らしたいと思っている人は多いでしょう。

その中でもとくに捻挫(ねんざ)は起こりやすい怪我で、軽症のものから重症のものまで度合いが分かれています。

では、その捻挫について詳しく紹介したいと思います。

捻挫の原因って?

捻挫は足首に起こる事がほとんどです。

何らかの原因で足首をねじった状態で強い外力が加わることによって、足の関節を構成している靭帯や関節包を損傷することで起こります。

この捻挫は運動が原因で起こることがほとんどで、中でもバスケットボールやバレーボールなどの跳躍動作が多いスポーツは起こりやすいです。

そのまま治療せずに放置すると捻挫を繰り返し、治りにくくなりますので、無理はしないで休ませる必要があります。

また、女性でハイヒールを履いているとバランスを崩して足を挫いてしまい捻挫になる場合もあります。オシャレも大事ですが、あまり高いヒールを履くのは捻挫の原因になりますので、特に階段などのバランスの悪いところでは気をつけましょう。

捻挫の症状

捻挫ですが、症状によって3つの度合いに分けられます。

●軽度の場合
少し痛みを感じる程度で、不安定感も特になく、痛みは軽く腫れもほとんどありません。よって一人で歩くことが可能です。

押したり、曲げたりすると痛い程度なので、何もせずに1週間くらいで治りますが、なかなか痛みが引かない場合は骨に異常がある可能性がありますので、病院へ行くようにしましょう。

●中等度の場合
中度の場合は腫れがある状態のことを言います。

足関節が著しく腫れ、歩行や運動をするとかなりの痛みが走ります。また、普通に歩くことが出来ず、足を引きずらなければならないでしょう。

不安定感もあり靭帯の断裂が予想され、完治にはだいたい1ヶ月くらいかかります。こちらも同様に痛みが続く場合は病院などを受診しましょう。

●重度の場合
重度になると一切歩けなくなります。

足関節が著しく腫れて歩行や関節運動は不可能です。患部はひどく腫れ、大量の皮下出血が見られ関節は不安定感が強くなります。

治るまで数ヶ月かかりますので、すぐに医療機関に行くのが良いでしょう。場合によっては手術が必要になることもあります。

捻挫の応急処置

足首などを捻挫してしまった場合、応急措置が必要なときもあるでしょう。そんなとき、まずは「患部を冷やす」ことが大切です。

そして、「圧迫」させて出血や腫れを防ぎます。

その後、「心臓より高い位置に足を上げる」と、内出血と腫れを抑えることが出来ますので、痛みをずいぶん緩和出来るでしょう。

捻挫の治療法

捻挫の治療法は患部の状態によって変わってきます。

捻挫からしばらく経ち、炎症や腫れ、痛みもなく落ち着いた状態であれば、今度は患部を温めます。温めることにより血液の循環が良くなるため、治りが早くなります。

こんなときは病院に行くこと!

腫れ、痛み、内出血がひどい場合は、骨折や脱臼をしている可能性がありますので、早めに整形外科に見てもらうようにしましょう。

また、歩くと足首に痛みがある場合も注意が必要です。こうなると靭帯が伸びているかもしれませんので、こちらも早めに医療機関に行くようにしてください。

さらに、歩行の際に足首の間接が不安定な場合、靭帯が切れてしまっていることが考えられますので、すぐに整形外科を受診するようにしましょう。

捻挫しないための予防法

捻挫をしないために最も重要な予防法は、運動をする前に十分な準備運動やストレッチを行うことです。

特に足首の筋や腱などを伸ばすことによって柔軟になりますので怪我をしにくくなります。もし、一度足首を痛めてしまっている人は、テーピングを行うことにより、再発を防止することが可能です。

また、怪我を予防する食べ物もあります。それは、コラーゲンとカルシウムです。

コラーゲンは人体の関節、腱、筋に共通して含まれていますのでしっかり摂取するようにしましょう。

他にも、シューズなど自分に合ったサイズのものを選ぶことです。大きすぎる靴は捻挫の原因になって危険なため、足にフィットしたサイズの物を履くようにしましょう。

 - 足の病気・怪我