アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

マウスケアで快適口内!口臭の原因にもなる「舌苔」

      2017/01/13

マウスケアで快適口内!口臭の原因にもなる「舌苔」

あなたは口腔ケアをしっかりとしていますか?毎日丁寧な歯磨きをしていますか?

口腔ケアをしっかりしていないと、「舌苔」の症状が出てしまいます。あなたの口臭や歯周病は、舌苔が原因なのかもしれません。

舌苔とはいったい何でしょうか?今回は舌苔のことについてご説明させていただきます。

舌苔の症状

「舌苔」とは、舌の上で角質が固くなり、白く舌に張り付いてしまっているものです。その見た目がまるで白い苔のように見えることから舌苔と呼ばれています。

舌苔は角質の他に細菌が固まっているものなので、口臭の原因になります。他にも口呼吸や消化器系の病菌が原因という説もあります。

また、舌苔は歯周病とも強い関係がありますので、そのままにしておくと口腔内でトラブルが多発してしまいます。舌苔を甘く見てはいけません。

舌苔は特に口臭が強いです。

人と会話をするときに相手が嫌な顔をしていたら、それは口臭が原因なのかもしれません。口臭によって人が離れていくことは辛いですよね。

鏡を見て舌苔があるかどうかを確認してください。

舌苔の原因

舌苔の原因は様々なものがあります。

口腔内が不潔な状態だと、細菌が繁殖してしまいます。この細菌が固まって舌の上に付着することがあります。

舌の上皮がめくれて溜まった場合もあります。つまり舌のカスです。このカスをそのままケアしないでいると下の上に溜まってしまうのです。

舌苔は食べかすによってなる場合もあります。食べかすが下の表面の溝に入り込んで腐敗してしまい、そのまま舌の上に残ってしまうと舌苔になります。

舌の動き方が悪いと舌に食べかすが残りやすくなるのです。

あなたは口呼吸をしていませんか?口呼吸をしていると口腔内が渇いてしまい、唾液の分泌が悪くなってしまいます。唾液の分泌が少なくなると、食べかすや細菌を分解することが出来ません。口呼吸によって舌苔になることもあります。

舌苔の原因は、舌の機能が低下している場合も考えられます。舌の運動機能が悪いと、唾液をたくさん分泌出来なくなってしまいます。唾液を分泌出来ないと、口腔内の細菌を除去することが難しくなります。舌をなるべく動かすように注意してみてください。

いずれの場合も舌苔をそのままにしておくと口腔内が不潔になってしまい、色々な病気を引き起こす原因になります。

舌苔の治療法

舌苔を綺麗にするためには、舌用のブラシで取り除くと良いでしょう。

1日に1回舌ブラシを使って舌苔を綺麗にしてください。それ以上舌ブラシを使うと、舌の表面を傷つけることになりますので、やりすぎないように気を付けてください。

舌用のブラシではなく歯ブラシを使って綺麗にしようとすると、舌を傷つけてしまう可能性があります。必ず舌用のブラシを使って除去してください。

舌苔が酷い場合には歯医者を受診すると良いでしょう。舌苔の予防方法や除去の仕方を教えてくれるはずです。

おすすめの舌用ブラシやマウスウォッシュのことも教えてくれるでしょう。どうしたら良いかわからなければ、まずは医療機関を訪ねるようにしてください。

舌苔の予防法

舌苔を予防するためには、歯磨きの習慣をつけることです。
口腔内を清潔に保つことで舌苔を防ぐことが出来ます。

舌にはりつきやすい脂っこい食べものや甘いものの食べすぎをしてしまうと、舌苔が出来やすくなります。

1日1回舌ブラシを使って舌苔を除去しましょう。こうすることで気になる口臭もなくなり、歯周病を予防することが出来ます。

マウスウォッシュなどの口腔内洗浄液を使うのも効果的です。

口の中を隅々まで行き届くので、舌苔の原因になる細菌を除去することが出来ます。定期的にマウスウォッシュで口腔内を洗浄することで、舌苔を予防することが出来ます。

 - 口・歯の病気