アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

原因・予防法を知れば怖くない女性の肌トラブル「色素沈着」

      2017/01/13

原因・予防法を知れば怖くない女性の肌トラブル「色素沈着」

ニキビの跡が黒くなってしまい消えない、アトピーの跡が残ってしまっているなどといった悩みを抱えている方は少なくありません。

このように肌に色素沈着を起こしてしまった場合はどのような原因でそうなったのか、改善策はどのようなものがあるのかをしっかりと把握することが大切です。

しっかりと原因と改善策を理解することで、色素沈着を治すことも十分に可能なのです。

色素沈着とは?

まず色素沈着とはどのようなものなのでしょうか。肌が茶色や黒ずんでしまう色素沈着はメラニンが影響したものです。

メラニンとは本来は紫外線から肌を守る働きがありますが、外傷や皮膚の炎症などを起こしてメラニン色素が刺激を受けると活性酸素が出てしまいます。

この活性酸素は肌に悪影響を与えるもので、これを抑えるためにメラニン色素が多く発生することになるのです。

その結果、メラニン色素が過剰に増えてしまい肌が黒く見えてしまう色素沈着が起きてしまうのです。

色素沈着の症状

色素沈着の症状として、肌が茶色や黒ずんで見えるようになってしまいます。

一度色素沈着を起こしてしまうと、その後長い期間色が落ちないという事も多々あります。

肌が受けた炎症や刺激が強いと肌のターンオーバーが乱れてしまうため、症状が長期化しやすくなります。

色素沈着の原因

色素沈着の原因として多いのがニキビです。ニキビは治っているのに跡がずっと残ってしまっているというケースは多いですよね。

ニキビ以外ですと多いのは日焼けやアトピー、虫刺されなども色素沈着の原因となります。

どのような原因であっても色素沈着を起こすメカニズムは同じです。
肌が炎症や刺激を受けてしまうことで活性酸素が生まれ、メラニン色素が過剰に発生してしまうのです。

また、目のクマが色素沈着を起こしているという方も少なくありません。目の下の皮膚は他の部分に比べて薄く、刺激を受けやすいです。

そのため、目を頻繁に擦るという方は目の下の肌に強い刺激を与えてしまうことになり、色素沈着を起こしてしまうのです。

色素沈着は完治する?

色素沈着は短期間で治るケースもありますが、放っておくと長期間治らずに残ってしまうこともあります。

ここで重要になってくるのが肌のターンオーバーです。

メラニン色素による色素沈着は表皮側の細胞を黒くしてしまっているので、ターンオーバーをすることで下から黒くない肌が黒くなってしまった細胞に代わって表面にあがることで肌が元の色に戻っていきます。

こうしたターンオーバーを促進させてあげることで色素沈着を完治させることは十分可能なのです。

色素沈着の対策・予防法

色素沈着をしてしまった場合の対策としては、まず肌のターンオーバーを促進させる成分を多く摂取することです。

ビタミンは色素沈着を改善する際にとても有効な栄養素で、特にビタミンBは肌のターンオーバーを促進させる効果があります。

こうしたビタミンをサプリ等で日ごろからしっかりと摂取するようにしましょう。

また、メラニン色素を減少させる効果のある美白化粧水などを使用することも効果的です。こうした美白化粧水にはビタミンC等のメラニン色素を撃退する効果のある成分が多く配合されているのです。

もちろん色素沈着を起こさないための予防も重要です。

色素沈着の予防法としては、肌に刺激を与えないように注意することが大切です。

日焼けをしない、ニキビは潰したりしないといったことを心掛けましょう。

そして、肌のターンオーバーを正常に行われるようにするため、規則正しい食生活と睡眠、適度な運動もすることも色素沈着の予防法としては重要となります。

 - 肌トラブル・皮膚の病気