アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

日本人の3人に1人が「胃下垂」!?ポッコリ下腹改善法!

      2017/01/13

日本人の3人に1人が「胃下垂」!?ポッコリ下腹改善法!

健康な人でも「私は胃下垂です」という人がいます。

胃下垂は特に重大な病気とは見られていない為に、単なる体質と思われがちですが、重症になると食べ物が食べられなくなってしまうこともあります。

胃下垂とはどの様な症状なのかを知っておきましょう。

胃下垂とは?

胃下垂とは、通常よりも胃が下がっていることです。

正常な人の場合、胃はみぞおちの部分にあります。

しかし胃下垂になると、おへそのところまで下がってしまったり、更に酷い場合には骨盤のところまで下がってしまっている人もいます。

食道の長さと位置は正常ですので、全体的に胃が細長く垂れ下がってしまっている形になります。

普通の人は食事をするとみぞおちからおへその上辺りが食べ物により膨らみます。

ところが胃下垂の人は、おへその部分や更にその下が膨らみ、下腹ぽっこり状態になるのです。

痩せている人でも下腹がぽっこり出るのですぐに分かります。

胃下垂は特に痛みがない状態だと自分で気づかない人も多くいます。

何かの症状で病院で検査を受けた時にレントゲンを撮影して、初めて分かることもあるのです。

胃下垂になるとどんなことが起こる?

胃下垂の症状として一番共通しているのが食後に下腹がポッコリと出ることです。

基本的には軽症で自分でも胃下垂であると知らない人も多く、実は日本人の3人に1人は胃下垂であるという調査結果もあります。

それは例え胃下垂であっても普通に食事ができているのならば特に病気扱いはされていないからです。

しかし中には重度の胃下垂で以下の様な症状が強く出る人もいます。

・何かを少し食べるだけですぐに胃もたれがする

・食後にゲップが多く出たり、胃がムカムカして吐き気がする

・食欲が低下してしまい全く食べる気がしない

・便秘気味であるが、急に下痢になることがある

・同じ姿勢を続けていると目まいや肩こり、頭痛がしたり、冷え性になる

特に空腹時や食後に胃の調子が悪くなる人は胃下垂が原因である可能性が高いのです。

胃下垂の原因・なりやすい人

胃下垂になる原因は幾つか考えられますが、そもそも遺伝により胃下垂になり易い体質というものがあります。
胃下垂が遺伝することはないのですが、遺伝に2次的要因が加わると胃下垂になる可能性が高く、家族に胃下垂が多いこともあります。

体質以外に胃下垂になる原因としては以下のことが考えられます。

・食生活の乱れによるもの

普段から食事の量が多い人は、食べ物が胃で消化吸収ができずに溜まってしまい、胃が重くなって下がってしまうことが考えられます。
大食いの人や早食いの人は胃下垂になり易いと言えます。

・ストレスやダイエットによるもの

人はストレスを感じることで交感神経が刺激されて、身体中が緊張した状態になります。

胃の消化吸収活動を司るのは副交感神経であり、交感神経が優位になり過ぎると胃の機能が弱ってしまい、食べ物が消化できなくなってしまうのです。

また、女性はダイエットにより極度の食事制限をすることがあります。
食べる量が少ないと胃腸の活動が弱まり、消化機能が低下してしまうのです。

この為に普通の量を食べた時に胃下垂になってしまうことがあります。

・腹筋力の低下

内臓の周囲は筋肉で囲まれています。

特に腹筋は胃を支える重要な役割があります。

腹筋の力が低下すると、内臓を支えきれずに下がってしまいます。

本来ならば肋骨の中に納まっている筈の胃が下がり、元に戻れなくなってしまうのです。

腹筋の力が低下する原因は老化がありますが、現代人は運動不足ですので若い人でも筋力の低下が目立ち、胃下垂が増えてきているのです。

胃下垂は治るの?

胃下垂は特に病院で治療して貰えるものではありませんが、自分の努力で治すことは可能です。

特に胃下垂の症状が悪化して胃腸不良のまま放っておくと、胃アトニーという胃壁がゴワゴワになってしまう病気になってしまうこともあり、治療に時間がかかってしまいます。

気づいた段階で早めに対処することが大切です。

胃下垂の改善法・予防法

胃下垂は軽度の場合は特に治療は必要はありませんが、胃腸不良の症状がある場合には治す様に対処する必要があります。

胃下垂の治療薬というものはありませんので、自分で治していく努力をすることが基本です。

胃下垂を治す為の方法としては、以下のものがあります。

・食生活を改善する

胃下垂は暴飲暴食が原因となっていることもあります。

一度に大量の食事をしても消化吸収の効率が悪くなり、必要な栄養も摂取できなくなります。

胃下垂の人は一度の食事量をなるべく減らして胃への負担を減らしましょう。

そして足りない分は回数を増やして食べる様にします。

胃下垂で胃腸不良を感じる時は胃の機能が低下している状態ですので、やわらかいものや水分の多いものなどなるべく消化の良いものを食べることが大切です。

内科や消化器科を受診すれば、胃の消化を助ける薬を処方して貰えます。

・ストレスを溜めないこと

昔から胃はストレスに弱く、胃潰瘍や神経性胃炎などは精神的なことが原因となるのが殆どです。

普段の生活でストレスを軽減させる様にしましょう。

夜の睡眠は内臓機能を回復させる為に重要です。

お風呂に入った時に半身浴をしたり、寝る前30分はパソコンや携帯を使用しないなど、リラックスできる環境作りをしましょう。

・姿勢を正すこと

背骨の歪みを改善させることで胃下垂が治る可能性もあります。

胃下垂の人は猫背が多く、背中が曲がることで内臓が圧縮されて胃下垂になり易いのです。

普段から背筋を伸ばして正しい姿勢を取り、デスクワークをしている人は適度に休憩を取って軽いストレッチをしましょう。

座っている時に背筋を伸ばしながら腹筋に力を入る様にすると、胃下垂を防ぐことができます。

背骨の矯正は自分ではやりにくいものです、整体に通うというのも良い方法です。

・適度な運動をする

胃下垂の人の多くは運動不足で腹筋の力が低下しているものです。

一番簡単なのが毎日腹筋運動をすることですが、その他にもウォーキングなどの有酸素運動を取り入れることでストレス解消効果もあります。

一時的に激しい運動をするのではなく、毎日少しずつ続けるのがコツです。

 - 胃・腸の病気