アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

尿路結石はなぜ痛い?

      2017/01/13

尿路結石はなぜ痛い?

どんな屈強な男性でも脂汗を垂らして苦悶するという尿路結石。なぜそれほどまでの激痛が伴うのでしょうか? 結石の成分や形状、大きさと共に、痛みが生じるメカニズムについて解説いたします。

結石の主成分・シュウ酸カルシウムとは

一般的な尿路結石の主成分はシュウ酸カルシウムです。結晶状態では針状になっており、摘出される結石はどれも刺々しいものになっています。

シュウ酸カルシウムは日本の法律では毒物及び劇物取締法により劇物に指定されています。少量でも摂取すれば口や喉に灼熱感をもたらし、量が多ければ消化器障害や呼吸困難、昏睡、果ては死に至ることもあるのです。

身近なところでは、パナップルに含まれています。パナップルを食べた時に感じるちょっとした刺激や、口内が荒れる原因物質です。

では、それが痛みの原因なのでしょうか?

尿路結石の形状・大きさ

シュウ酸カルシウムの結晶は刺々しい形をしています。これが尿管に当たることで痛みが生じるわけではありません。シュウ酸カルシウムの独特な形状は、結石が尿管に留まりやすい性質を生み出しているのです。

大きさは3~7ミリですが、稀に1センチを超える大きさのものもあるようです。5ミリ以下であれば、尿の流れによって膀胱に到達していきます。

尿路結石は通常、尿と共に体外へ排出されますが、膀胱に留まり続けるケースもあります。膀胱に留まり続けた結石は、徐々に大きさを増し、なんとテニスボールほどの結石に成長してしまうこともあるのです。そのテニスボール大の結石は、世界最大の膀胱結石ではないかといわれています。

尿路結石はなぜ痛い?

尿路結石による痛みの原因は、結石が尿管の尿の流れをせき止めてしまうことにあります。尿管の尿の流れが結石によってせき止められてしまうと、尿管が膨張しはじめます。

次第にその拡張が尿を生成する腎臓と尿管の境界に位置する腎盂(じんう)にまで達すると、強烈な痛みが生じるのです。この痛みは腎臓を圧迫していることで引き起こされてしまいます。

尿の生成スピードが速いほど、尿路結石が大きいほど、痛みが生じる頻度と、強さは変わっていきます。

朝、激痛で目が覚め、痛み止めを飲まずにはいられないほど尿路結石の痛みは、これまで過ごしてきた生活の結果。動物性たんぱく質を持続的に取り込むことによって体内のシュウ酸は増加していきます。シュウ酸はカルシウムと結びつきやすい物質です。

結石となって尿路に立ち塞がる前に生活習慣を見直して、悪夢のような痛みから逃れましょう。

一度この猛烈な痛みを経験した方ならば、もうバランスの取れた食生活を送られていることでしょう。

 - デリケートゾーンの病気