アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

種類別(場所別)ニキビの基礎知識!原因と対策を知ろう!!

      2016/11/21

SEP_327215200714_TP_V

ニキビはさまざまな部位にできるもので、できた場所により原因もさまざまです。原因にあった対策をしなければ、ニキビが改善することはないでしょう。

ニキビを治すためには、はじめに原因を特定することが必要になります。

ニキビについて

ストレスが溜まったり生活リズムが乱れたりすることでホルモンバランスが乱れると、ニキビができやすくなります。

ホルモンバランスの乱れにより皮脂の分泌量が増え、毛穴に詰まることでニキビができてしまいます。

ニキビが悪化してしまうと、シミになったりクレーターになったりして、一生消えない痕が残ってしまうことも少なくありません。

そうならないために、ニキビができる部位別の原因と対策を知っておきましょう。

頭皮のニキビ

●頭皮ニキビの原因

頭皮は皮脂の分泌量が多い場所です。過度な洗髪や刺激が強いシャンプー、コンディショナーなどを使うことで頭皮が乾いてしまうと、皮脂の分泌量が増えてしまうのでニキビができやすくなります。

しっかりすすぎをしていないと、シャンプー、コンディショナー、整髪剤などが毛穴に入り込んでしまい、ニキビを悪化させる原因になります。

●頭皮ニキビの対策

低刺激シャンプーを使用し、十分なすすぎを心掛けて余分な成分が頭皮に残らないようにしましょう。

頭皮に雑菌が繁殖する原因になるので、整髪剤を洗い落とさなかったり髪の毛を十分に乾かさなかったりしたまま寝ることは避けてください。

常に枕カバーは清潔に保ち、規則正しい生活と栄養バランスのいい食生活を心掛けることが大切です。

⇒頭皮ニキビの詳細記事はコチラ!

頬のニキビ

●頬ニキビの原因

頬ニキビの主な原因は、食生活の乱れ、睡眠不足、過度なストレスなどです。

糖分、脂肪、アルコールの過剰摂取は、胃腸や肝臓に負担が掛かってしまうので頬ニキビの原因になります。

ストレスが溜まると女性ホルモンの分泌に異常をきたし、肌が乾燥しやすくなります。肌が乾燥すると、皮脂の分泌量が少ない頬でも毛穴が詰まりやすくなるのでニキビができやすくなります。

不潔な寝具を使っていると、寝ているときに汚れが頬に付着するため、ニキビができる原因になります。

●頬ニキビの対策

頬ニキビができているのが片頬なのか両頬なのかで対策が変わります。

片頬にできたニキビの原因は寝具の汚れが大半なので、常に寝具を清潔に保つこと、寝具を交換することで対策になります。

両頬にできている場合は、ホルモンバランスの乱れ、肌の乾燥などが原因です。肌に十分な潤いを与え、丁寧に毛穴をケアすることが大切です。その際には肌に優しい商品を使うといいでしょう。

⇒大人の頬ニキビの詳細記事はコチラ!

⇒フェイスラインの詳細記事はコチラ!

おでこのニキビ

●おでこニキビの原因

おでこニキビの原因は、思春期の人と大人では違ってきます。

思春期の人にできるおでこニキビは、ホルモンバランスの乱れにより皮脂の分泌量が増えることで、毛穴が詰まりやすくなるのが原因です。

大人にできるおでこニキビは、ホルモンバランスが乱れたり、ストレスによって自律神経が乱れたり、不健康な生活を送っていたりすることが原因になります。

●おでこニキビの対策

皮脂の分泌をコントロールする働きがあるビタミンBを摂取することで対策になります。ビタミンBは豚肉、大豆、豆乳などに含まれています。

女性ホルモンのバランスを整えてくれる大豆イソフラボンを摂取することも対策になります。

髪の毛には汚れが付着しているので、おでこに当たらないように気をつけましょう。洗髪後は十分なすすぎを心掛けてください。

⇒おでこニキビの詳細記事はコチラ!

耳のニキビ

●耳ニキビの原因

耳ニキビの主な原因は、不衛生な環境とホルモンバランスの乱れです。

不衛生な寝具を使っていると、ニキビの原因菌が耳に入り込んでしまいます。イヤホンの長時間にわたる使用により、イヤホンに付着した雑菌が耳に入り込むことが原因になることも少なくありません。

耳は皮脂の分泌量や毛穴が多いので、ホルモンバランスが乱れるとニキビができやすくなります。

耳かきや引っ掻いたことにより傷ができると雑菌が繁殖してしまうので、ニキビができることもあります。

●耳ニキビの対策

耳や耳に直接触れるものを清潔にしておくことが大切です。洗顔時に耳周りも洗うようにして、雑菌や汚れを洗い落としましょう。

耳の中が蒸れていると雑菌が繁殖しやすくなるので、綿棒などで水気を取り除いておくことも必要です。

⇒耳ニキビの詳細記事はコチラ!

鼻のニキビ

●鼻ニキビの原因

鼻は皮脂量がとても多く毛穴も深いので、不衛生な環境になりやすい部位です。

思春期では、新陳代謝が活発になることにより皮脂が多く分泌されるのでニキビができやすくなります。

大人の場合でも、生活習慣の乱れやストレスなどが原因でホルモンバランスが乱れると、過剰に皮脂が分泌され、ニキビができやすくなります。

このような状態で、紫外線の刺激を受けたり雑菌が付着した手で触ったりしてしまうと、ニキビを悪化させる原因になるので注意してください。

●鼻ニキビの対策

何気なく触ってしまいがちな鼻ですが、雑菌が付着した手で触ってしまうとニキビが悪化する原因になるので、できる限り触らないことが大切です。

初期の鼻ニキビであれば、洗顔を行いつつ生活環境を整えると、いつの間にか治まっていることもあります。

⇒鼻ニキビの詳細記事はコチラ!

口周りのニキビ

●口ニキビの原因

口周りは、他の部位と比較して皮脂腺と毛穴が多い部位です。ゆえにホルモンバランスの乱れやストレスなどが原因で分泌される皮脂量が増えると、ニキビができやすくなります。

口周りは手や衣服などが触れやすいので雑菌が侵入しやすく、炎症を起こしやすい場所です。

男性の場合、髭剃りで肌を傷つけてしまうことが少なくありません。女性の場合、髪の毛が触れる機会が多いので、男女ともにニキビができやすい環境です。

口周りに洗顔料が残っていると炎症を起こしたりニキビを悪化させたりする原因になります。

●口ニキビの対策

生活習慣の改善や口周りに雑菌を付着させないようにしたり洗顔したりすることで、口周りを清潔にしておくことが大切です。

女性の場合はファンデーションを塗り過ぎると悪化してしまうので、治まるまではなるべく化粧を控えるようにしましょう。

⇒口ニキビの詳細記事はコチラ!

胸・鎖骨のニキビ

●胸・鎖骨ニキビの原因

デコルテは皮脂が多く分泌される場所で、汗をかきやすいけど拭き取りにくいという、やっかいな場所でもあります。

そのため、皮脂や汚れが毛穴に入り込んでニキビができやすくなります。

下着や衣類に皮脂や汗が染み込むことで、皮膚に大きな刺激を与えてしまうことも原因の一つです。

シャンプーやボディソープをしっかり洗い流さなかったことで皮膚に成分が残っていると、ニキビを悪化させてしまうこともあります。

紫外線やボディローションなどの刺激によって、ニキビを引き起こしてしまうこともあります。

●胸・鎖骨ニキビの対策

胸や鎖骨にニキビができた場合は、肌に刺激を与えないことと生活習慣の改善が必要です。

体を洗うときはボディソープをしっかり泡立てて、肌に刺激を与えないように優しく洗いましょう。

お風呂上りにはボディクリームやローションなどで保湿しておきます。ボディクリームは油分が多いので塗り過ぎないように注意してください。

汗をかいたらこまめに拭きとり、下着や衣類は通気性の良いものを選ぶといいでしょう。

十分な睡眠をとり、栄養バランスのいい食生活を心掛けて、健康的な生活を送るようにしてください。

⇒デコルテニキビの詳細記事はコチラ!

背中のニキビ

●背中ニキビの原因

皮脂が過剰に分泌することで背中ニキビができやすくなります。

特に男性は、男性ホルモンが多いことから皮脂の分泌量が増える傾向があるので、背中ニキビができやすくなります。

ごはんやパンなどの炭水化物や、糖分が含まれたものを食べ過ぎると血糖値が上がります。

血糖値が上がると、男性ホルモンを増幅させる作用があるインシュリンの分泌を促すので、皮脂の分泌量が増えてしまいニキビができやすくなるのです。

背中は洗いにくい場所なので、背中に残った皮脂が毛穴に詰まってしまい、ニキビができてしまいます。

頭より体を先に洗うと、シャンプーやコンディショナーの成分が背中に垂れて毛穴に入り込み、ニキビを引き起こすこともあります。

●背中ニキビの対策

背中ニキビは男性ホルモンが大きく関係しているので、食生活を改善することが必要です。

入浴時には背中に皮脂やシャンプー、リンスなどの成分が残らないようにすることが大切です。

⇒背中ニキビの詳細記事はコチラ!

陰部のニキビ

●陰部ニキビの原因

陰部ニキビの原因は、陰部を不潔にしていること、蒸れ、刺激などです。

陰部は皮膚が薄いので、ちょっとした刺激でも肌に大きなストレスを与えてしまいます。

陰部は垢や尿などの汚れが残りやすく、女性の場合は生理があるので、汚れが付きやすかったり蒸れたりすることでニキビができやくなってしまうのです。

女性の場合は生理があるので、ホルモンバランスが乱れやすくストレスも溜まりやすいので、陰部ニキビができやすい傾向があります。

●陰部ニキビの対策

女性が陰部の蒸れを防ぐためには、通気性の良い下着やナプキンを使用するといいでしょう。

ナプキンはこまめに変えて、陰部を清潔に保つことが大切です。

陰部をゴシゴシ洗うことは避け、薬用ボディソープをよく泡立てて優しく洗うようにしましょう。

⇒陰部ニキビ(毛嚢炎)の詳細記事はコチラ!

おしりのニキビ

●おしりニキビの原因

おしりニキビの主な原因は、過剰に皮脂が分泌されることによる毛穴の詰まりです。

長時間座っていることが多い人は、ずっとお尻に体重がかかっているので角質が厚くなっていきます。そのため毛穴が詰まりやすくなり、ニキビの原因菌であるアクネ菌の温床となってしまうのです。

また、おしりは下着を穿いていることにより蒸れやすい状態になっています。蒸れることで皮脂が分泌されやすくなり、ニキビができてしまいます。

●おしりニキビの対策

おしりニキビができたら、お尻を清潔に保つことを心掛け、十分に保湿することが大切です。

ゴシゴシ洗うことは避け、ボディソープをしっかり泡立てて優しく丁寧に洗うことを心掛けてください。

洗ったあとはボディクリームやローションなどで保湿しておきましょう。

⇒おしりニキビの詳細記事はコチラ!

 - 肌トラブル・皮膚の病気 ,