アレルギー・ヘルスケア119番

鼻炎やアレルギー、アトピーや健康全般についての情報サイト。

*

人には言えない!デリケートゾーンのブツブツニキビの治し方

      2017/01/13

人には言えない!デリケートゾーンのブツブツニキビの治し方

デリケートな部分の悩みというのは中々人には相談できないものです。

特に陰部にニキビの様なブツブツができてしまった場合、他人にはとても相談できない上に病院へ行くのも恥ずかしいと思ってしまいます。

毛嚢炎と呼ばれる陰部にできるブツブツが出来てしまった場合、どの様に対処すれば良いのでしょうか。

陰部にもニキビができる?

陰部にニキビの様なブツブツができてしまい、かゆくて仕方がない、そんな症状に悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

陰部にできるのはニキビではなく、毛嚢炎(もうのうえん)と呼ばれます。

毛嚢炎は皮膚疾患の種類であり、毛根が生成される毛嚢に炎症が起きる症状のことを言います。

毛嚢炎は陰部だけではなく顔や頭にできることもあり、女性だけではなく男性にも起きます。

症状が似ている為にニキビだと思いがちですが、細菌の種類が違うことから厳密には「ニキビ」ではありません。

ニキビは毛穴に「アクネ菌」が侵入した際に起きますが、毛嚢炎はその他の雑菌に感染した時に起こります。

毛嚢炎の症状・原因

毛嚢炎の症状は、初期には外陰部に赤いブツブツが発生します。

まだかゆみなどは感じませんが、段々悪化してくると毛根部が腫れて膿みが溜まった状態になります。

この段階になるとチクチクとしたかゆみや痛みを感じる様になります。

更に放置しておくと、周囲の皮膚ごと炎症を起こしてしまい皮膚科で治療を受けなければならなくなります。

女性のデリケート部分は皮膚が薄く非常に敏感な部位です。

しかも常に湿っていて下着でカバーされていますので、夏場や汗をかいた時にむれてしまい、ちょっとした刺激を受けても菌が繁殖し易い状態にあります。

毛嚢炎になる原因としては以下の通りです。

・生理中にナプキンを使用する

女性は生理中にナプキンを使用する人が多くなります。
これにより余計に陰部がムレ易くなり、毛嚢炎になり易いのです。

・ストッキングをはいている

女性は仕事の際にストッキングをはいている人が多くいます。

ストッキングは通気性が悪く陰部が常に湿った状態になります。

特にデスクワークが多い女性は一日中座りっぱなしで陰部がムレ易く、毛嚢炎になる可能性が高くなります。

・ムダ毛処理をした

最近では女性のデリケート部分のムダ毛処理が流行っています。

自己処理をした場合、カミソリで肌を傷付けてしまったり、毛穴に細菌が入り易くなります。

また、ムダ毛処理をした後に汚れた下着をつけていたり、銭湯やプールに行くことで細菌に感染してしまい、毛嚢炎になる人もいます。

・疲労やストレス

毎日の生活で疲労やストレスが溜まっていたり、食事の栄養バランスが悪い状態だと、免疫力が低下して抵抗力がなくなってしまいます。
皮膚のバリア機能が衰えることで細菌に感染し易くなるのです。

毛嚢炎の治療法

毛嚢炎の治療方法は症状により違います。

ブツブツができている程度の軽度の場合は、肌を清潔にしていれば自然に治癒することが多くなります。

通気性の良い下着をつけて、生理の時にはナプキンをこまめに取り換えて湿度を低くする様にします。

膿が溜まって大きくなってしまったり、数が多い場合には皮膚科に行き、抗生剤を処方して貰います。

あまり大きく腫れ上がってしまった場合、膿を出す為に切開することもあります。

毛嚢炎の対策・予防法

陰部の毛嚢炎にならない為には、普段から肌を清潔に保つことが大切です。

締め付けの強い下着やストッキングをはかずに、常に通気性が良くなる様な素材を選びます。

汗をかいていないと思っても下着はこまめに取り換える様にした方が良いでしょう。

また、普段の生活の中では栄養バランスの良い食事をとり、睡眠を十分に取ることも心がけましょう。

 - 肌トラブル・皮膚の病気 ,